« May 2011 | Main | July 2011 »

June 30, 2011

映画「ナビィの恋」

久しぶりに、映画「ナビィの恋」を見ました。
最初に見たのが公開翌年の2000年だったかな?
それ以来2度目。

GWに相方の実家に里帰りした時、
「ナビィ」のビデオがあったのをもらってきたんですね。
それがずっとそのままになっていたんですが、
ふと思いたって、久しぶりに見てみることにしました。

今改めて見直してみると、これってすっごくリアルで、
本当に名作!!

実は初めて見た時は、私は石垣に行きだしたかどうかの時で
あまり沖縄に馴染みがなく、見てもあまりよくわからなかった……
というか、正直「なんじゃこりゃ??」と思ったんですね。

話の展開全般とか、70歳過ぎて60年間つれそった夫を捨てて
恋に生きるとか、なんかあまりに突拍子もなく、
登場人物のリアクションも「どうしてそうなるの??」
という風に思っちゃったし。

ところが、沖縄や八重山地方に10年以上通い、
人々や文化や慣習に慣れ親しんだ後に見なおすと、
これほど沖縄をリアルに描いた娯楽映画はないんじゃないか?!
というぐらい感激したし、もうストーリーも涙涙でした。

いつも三線や音楽があるところとか、祭りの様子とか、
人々の有り方とか、ユタ(占い師)の影響力とか、
見ていて「あ~、そうそう!」とすごくうなずける。

沖縄を舞台にした映画やドラマって、なんかやっぱりどこか
東京っぽいのが多いけど、これは空気感みたいのが
本当に沖縄の島の人々をそのまま見ているような感じがします。

そして、今だからこそ思うけど、沖縄の人だったら、
70過ぎてもすべてを捨てて恋に生きそう。
もちろん、みんながみんなじゃないですけどね。

というのも、私が石垣に通うようになってビックリしたことの1つに、
島の人達はいくつになっても男であり女である人が多いことがあります。
70近いオジィが平気で20代の女の子口説いてるし、
50代の痴情のもつれの修羅場なんかもよく耳にしました。

そして、この映画が石垣島で上映された時、私の友人が
家の前の畑で農作業をしていた70代のオバァに
「オバァ、『ナビィの恋』見に行った?」と聞いたら、

「あたりまえさ~。あれは、男と見に行くのがいいはずよ~」

と答えたそうです。
うーん、やっぱり。さすがです。
「ナビィの恋」、まだ見ていない方は、ぜひ!

June 29, 2011

夏の日の過ごし方

それにしても、最近の東京は本当に暑い。
この暑さや冬の寒さ、そしてその温度差を思うと、
日本ってこんなに暮らすのキツイところだったっけ??と
不思議になる。

昔はこんなに過ごしにくくなかったと思うのだけど、
それは私が子供だったからそう感じたのかな??
年をとると寒さ暑さを厳しく感じるようになるって言うけど、
私もそうなったのか??クーラーに慣れて軟弱になっただけ??


ここ最近は、自宅でせっせと映像翻訳作業。
窓を開けて、扇風機をつけ、タオルを脇に置いて、
汗をかきかき仕事しております。

本来なら、汗をかくのって気持ちいいはず。
ジムだサウナだ岩盤浴だと、みんなわざわざお金を払って
汗をかきに行くくらいだもん。

それなのに、夏の暑い日に汗をかくのが不快なのは、
「かきたくないからかいている」
というのがあるからでしょう。

洋服も汗っぽくなるし、メイクだって落ちるし。
「汗をかきたくない」と思ってるから、実際に汗をかくと不快に感じる。
ということは、「汗をかいてもOKどころかウェルカム!」という状態になれば、
さほど気にならないのではないか……と思い、
Tシャツに膝丈パンツで「仕事しながらデトックス」と思ってやっております。

こんな感じで、日中は全くクーラーをつけずに生活しているせいか、
なんとなく調子もいいような??

そして、普段はあまり食べない、果物、トマト、キュウリを
とっても美味しく感じる。
それらは体を冷やす効果がありますからね、
自然と体が欲しているのでしょう。

後、いただき物のりんご酢ドリンクにもはまっています。
通常7倍に薄めて飲むのを、10倍くらいに薄めて水分補給。

もともと、マレーシアにビルマ(現ミャンマー)と南国育ちなんで、
寒いよりは暑い方が得意ではあります。
しばらくは南国にいる気分で生活しよっと。

June 28, 2011

石垣気分

それにしても、あっつい。
暑い以上に、日射しが強烈で、まるで沖縄みたい。
……沖縄。
そうだ、いっそのこと、石垣島にいる気分で過ごそう!と思いつく。

石垣だと思えば、この暑さも耐えられるはず。
風は海から吹いてくると考えよう。
三線のCDでもかけようかな?

ここは石垣ここは石垣…

などと思って過ごしていたら、夕方、iPhoneにメールがくる。
見ると、なんと石垣島の知人から。
何かと思ったら、

「今日は夕方からバタバタしてしまって、今から長男のお迎え、
その後も外出が厳しそうです。行きたいですがすみませんm(_ _)m」

?????

これは完全に間違いメールだろうなと思い、
「東京のさちでーす。何かメール間違えてません?」
と送ったら、すぐに返信。
なんでも、三線教室のメンバーに返信したつもりが、
間違えて私に送ってしまったとのこと。

うーん、「ここは石垣ここは石垣」と念じすぎちゃって、
島からのメールを呼びこんじゃったかな?
ははは。

June 26, 2011

ハッピーゴリラのバルーンアート

阿佐ヶ谷の沖縄風居酒屋「グルくん」で、
ハッピーゴリラさんのバルーンアート・ライブを見てきました。

バルーンアートって、細長い風船を丸めたり、ひねったりして
いろんな形を作るやつです。

あちこちのイベントやストリートでゴリラさんを見たことはあったけど
ライブ形式で最初から最後までじっくり見るのは初めて。

単に次々作っていくんじゃなく、笑いも交えながら
ストーリー仕立てで進んでいくのがよかったですね。

Gorilla2

こんなものまで作れちゃうんです。
どこがどうつながってるのか全然わからん……。

Gorilla4

こんな格好だってしちゃいます。
あ、ベストは布ですよ。お面、マフラー、ベルトが風船です。

Gorilla3

そして最後は、鶴。

これ、最初は閉じていて何なのか全然わからなかったんですよ。
ところがゴリラさんがトークしながらあれこれ手を加えていくと、
あっという間に見事な鶴に!!
これはすごかったですね~。

ストリートでちょっと立ち止って見るのとは違う楽しさがありました。
これは子供だけでなく、大人にも受けるだろうな。

なんか、頼めば色んなところでやってくれるみたいです。
結婚式とかパーティとか、イベントを考えている方、
サイトからご連絡してみて下さいね!盛り上がりますよ!!

June 24, 2011

暑さ対策

世間の流れに従って、新宿に行ったついでに扇風機を見てきました。
我が家には、相方が20年来使っている扇風機が1台あるだけなので、
もう1台持ち運びしやすいタイプが欲しいな~と思って。

ビッグカメラをのぞいてみると、扇風機売場は平日なのに結構混んでる!!
そして、展示されている扇風機には「入荷待ち」と書かれているものも多く。
うーん、やっぱり本当に扇風機売れてるんだな~。

色々見て、「これがいいかな?」と思ったものも、取り寄せになるという。
どうしようかと思い、製品番号をチェックして、売り場の片隅で
iPhoneから価格.comを調べたところ、同じやつをAmazonで発見。

ビッグカメラのポイント10%分を引いた値段よりは100円ほど高いけど、
送料無料だっていうし、またわざわざ買いに来るのもと思って、
結局帰ってきてネット注文しました。はは。

帰りに、デパートもちょっとのぞいたところ、
なんかいつも以上に休憩所(エレベーターやトイレ付近に
椅子が置いてあるところ)で休んでいる人がいたような。
皆、涼を取りに来ているのだろうか?

それにしてもデパート、動いているエレベーターの数を減らしているから、
ちょっと不便。やっと来ると、客が集中して乗るから、結構混む。

それに、エレベーター内の空調も押えているのか、
乗客が多いと蒸し暑い。
ドアが開くとフロアーの冷気が入ってきて、「は~」と一息つく感じでした。
公共の場の節電対策に早く慣れないとな~。

Photo

今日お釣りで2千円札をもらいました!!
ここ最近全然見かけなかったから、もう流通していないのかと思ったら
まだあったんですね~。ピン札です。

「千円札で下さい」って言おうかと思ったけど、今になると珍しいので
もらってきました。首里城の守礼門だしね。
さ~て、いつ使おうかな??


June 23, 2011

我が家の電気代

ここ最近、急に暑くなりましたね~~。
我が家もついに、この夏初のエアコンをつけました。

うちの場合、昼は窓を開けて扇風機でいいのだけど、
夜は雨戸を閉めるので、暑くなっちゃうんですよね。
そんな状況で料理だお風呂だと気温(体温)が
上がることをするから、やはりつけないと厳しい。
まぁ、ピークは正午頃というから、夕方から夜なら
まだ使ってもいいかな?

ちなみに、先月(5月24日~6月20日)の電気料金は、
使用量が102kWhで2748円。
先日NHKで、1世帯の平均的使用量が330kWhだと言ってたから、
これは少ない方じゃないかな?うちの電気代言うと、結構驚かれるし。

でも、夫婦2人暮らしで、相方は日中ほとんど家にいないし、
私も家にいることがあっても、テレビも音楽もほとんどつけないし
電子レンジ(これがかなり電気をくうらしい)もあまり使わないから、
こんなもんじゃないのかな??
去年の同じ時期は、107kWhだったそうだから、あまり大差はない。

光熱費は前年と比べられるよう家計簿をつけているのですが、
やはり真夏・真冬は高くなる。
それでも、ピークである去年の8月は6479円で、真冬の1月で5942円。
でも、使わない時と比べて、倍以上差があるのね。

契約アンペア数で基本料金に差が出るから、
節電・節約を考えている人はその見直しをするのもいいかも。

私の実家は現在家を建てかえ中で、母は仮住まいをしているのですが、
仮住まいに移ったとたん、今までより電気代が高くなってビックリ。
どこかで漏電してるのかと思ったら、その物件の契約アンペア数が
以前住んでいた家より高かったからのようです。

さ~て、今年は節電を心がけたらどこまで使用料下げられるかな?
ゲーム感覚であれこれ挑戦してみよっと。

June 22, 2011

コーヒー泡盛作ってみました

相方のリクエストにより、コーヒー泡盛を作ってみました。

Photo

何かというと、泡盛にコーヒー豆を漬けたやつです。
これで2~3週間寝かせます。

4月に石垣島に行った時、バイク担当のYさんに
お友達が漬けたというコーヒー泡盛をもらったんですね。
それは泡盛だけでなくラムとかも混ぜているとのことだったんですが、
それがえらく気にいって、ほとんど1人で1本飲んでしまった相方。

「これって作れるのかな~」と言うので、
記憶をたよりに私も作ってみることにしました。

私が初めてコーヒー泡盛を飲んだのは、
昔友人が代々木でやっていた泡盛バー「JIN JIN」。
店主である彼が漬けたやつを裏メニューで出していたんですが、
それがえらく美味しかったんで作り方を聞いてみました。

彼曰く、単にコーヒー豆を軽く炒って、泡盛に漬けこむだけ
だそうなんですが、使う泡盛やコーヒー豆、炒り加減、
豆の分量によって微妙に味が違ってくるとか。

彼のレシピを聞いたら、「秘密」とのこと。
今思えば島人の彼、きっちり量った秘伝のレシピがあるというより、
きっとその時ある材料で、適当に作っていたのでしょう。

ちょうど、通りかかった輸入食品店で
コーヒー豆を安く売っていたのでそれを購入。
写真のボトルは宮之鶴ですが、これは石垣でもらった
コーヒー泡盛が入っていたボトルを再利用しただけです。

使用した泡盛は、同じ時にお土産でもらった崎元酒造の「与那国」。
これ自体珍しい泡盛ですが、ちょうどあったのでこれで作ってみました。
ちなみに、この泡盛は香りが強く、軽くなった今の泡盛ではなく
「昔の泡盛」って感じでした。

フライパンでコーヒーを軽く炒って、きれいにしたボトルの中へ。
「こんなもんかな?」と、ボトルの4分の1から3分の1ぐらいまで
豆を入れてみました。

それに「与那国」を注ぎ、完成。うまくできるかな??
コーヒー豆はまだあるし、この第一弾の出来具合を見て
次を作ろっと。

ちなみに、このコーヒー泡盛、ミルクとガムシロ入れたら、
すっごく飲みやすくて超危険な飲物です。
女性はお気をつけ下さいませ。

June 20, 2011

海外パケ放題の落とし穴

インドで、iPhoneの海外パケ放題がとても役にたったという
話を以前書きました。

設定大丈夫だったかな、ちゃんとパケ放題になっていたかなと
確定前の6月の料金を調べてみると、
ちゃんとパケ放題になっていて、その対象通信費が4万円分くらい
引かれていました。

でも、よく見ると、海外パケ放題の定額料が5356円となっている。

え??24時間で1480円のはずなのに、この端数は何??
1480円の倍数じゃないし、消費税加えてもこの金額にならないし……
と思って、ソフトバンクに問い合わせてみました。

すると、あちらのデータでは、私はパケ放題24時間を3日分
使ったことになっていて、最後の日(インドを離れた日)は
916円分使っているから、それが加えられたものと言う。

ええええ??私、24時間を2日分しか使ってないよ??
それに、最後の日だって全然パケット使っていないし、と言ったら
先方が調べてくれ、それによると私が一度も接続しなかった
6月5日も実質6000円分のパケット通信料がかかっていて、
その分パケ放題が3日分になっているとか。

「一回も接続しなかったのに、なんでそんなにかかるんですか?!」と
ビックリして聞いたところ、iPhoneは自動で情報を更新しているから
自分で接続しなくても、勝手に接続しているのだとか。
えええええ~~、なんじゃそりゃ!!

そういえばそんな話、この間国内でも問題になっていたなぁ。
身に覚えのない通信費が請求されているとかなんとか。
ただ、私なんかは当然国内でもパケット定額料金に入っているので、
自動接続分が課金されようが関係ないから、気にとめてなかったけど。

うーん、毎日パケ放題使うともったいないから、日曜日1日空けたのに、
その日も加算されていたとは……。それならもっと使えばよかったー!

「自動で情報を更新しない方法はあるんですか?」と聞いたら、

「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信」をオフにする

と教えてくれました。
これだと、電話はできるけど、ウェブ通信はできないから、
iPhoneが勝手にパケットを使うことはないそうです。

この情報、海外パケ放題のページに絶対絶対載せてくれと、
オペレーターのお兄さんに強く強く要望しました。
だって、こんなことどこにも書いてないもん!!

今回はまだ1日分と最終日の端数分が加算されただけだけど、
もっと長期間行ってたら、大変だったわ。
7月からは、1480円じゃなくて1980円に戻るし。

今回のことがあったので、12月ドイツに行った時はどうだったかと
改めて見なおしてみたら、やはり1480円の倍数でなく、端数があり。

ただ、この時は買ったばかりでよくわかってなかった私は、
3Gもこまめにオフにしてた(ような気がする)から、
さほど被害はなかったのでしょう。
でもこの時料金の明細をちゃんとチェックして問い合わせてたら
今回は避けられてたろうなぁ。とほほ。

皆さんもスマートフォン持って海外に行く時はお気をつけ下さい!!
(これは、iPhoneだけでなく、すべてのスマートフォンで同じです)

June 19, 2011

ローダーデールで朝食を

通訳仲間のMさんとKさんと、六本木ブランチなぞしてきました。
仕事、特にフリーの通訳をしていると、
結構スケジュールを合わせるのが難しい。

今回も、「この日にしましょう」と言っていたら、Mさんが翌日から
関西ということになり、10時集合となりました。

場所は、六本木のローダーデール
「ここ、美味しいブランチを出すの」とMさんの推薦だったんですが、
さすがMさん、よくこういうお店を知っている。

朝8時からやっているとあって、10時に行ったらすでに
結構テーブルが埋まっていました。

どういう人が日曜の朝からこういう場所で食事をするのだろうと
興味津々で店内を見回してみると、近所に住むマダム達と、
外国人ファミリーが多かったかな?

メニューを見て、焼きたてスフレにするかエッグベネディクトにするか
迷いましたが、ニューヨークで食べて以来のエッグベネディクトにしました。
なんか久しぶりで嬉しい。

Eggbenedict2

はい、一眼トイで撮ったエッグベネディクトです。
マフィンの上に、サーモン、ベーコン、卵、レモン風味のソースが乗っています。
このソースが美味しかったです。

Photo

こちらは、Mさんが頼んだスフレ。こちらはデジカメで。
焼きたてなんで、軽くゆするとぷるぷる揺れます。
一口味見させてもらったのですが、これもふわふわで美味しかったー。

Photo_2

こちらは、Kさんが頼んだオムレツ。
ほうれん草が入っているのでグリーンです。
グリーンのオムレツって、初めて見ました。きれいに焼いてあります。

お2人と会うのは久しぶりだったので、近況や政局や
現在の日本情勢やおバカ話などしていたら、話題はつきない。
コーヒー・紅茶はおかわり自由だったのをいいことに、
気がついたらなんと3時間もいました。ひょえ~。

お会計を終えて店の外に出ると、なんとそこにはお客さんの列が!!
え~、こんなに待ってたんだ~、長居して悪かったわ~
などと思いながらも、嫌な顔せずにいてくれた店員さんに感謝。
そしてKさん、Mさん、楽しい時間をありがとうございました!

1人だったら、1800円の朝ごはんなんて食べないけど、
こういう特別な時にはいいかも。朝10時集合だと、
午後も有意義に使えるし、今の時期、オープンにした窓から
風がとても気持ちよかったです。

ちょっとだけプチセレブ気分を味わったのでした♪

June 17, 2011

一眼トイの遊び方

「つくしの子」で飲んでいる時、
ゆうちゃんに面白いiPoneアプリを教えてもらいました。

iPhone、買ってもう半年になるけど、アプリって何がいいのか
全然わからないし、イマイチ活用しきってない感じ。
なので、ここぞとばかりに色々教えてもらったんですよ。

今回とても気にいって、すぐに購入したのが「一眼トイ」というアプリ。
iPhoneで撮った写真を、とても簡単に編集できるんです。

例えば、こちらが普通のiPhoneカメラで撮った写真。

Sashimi1

ちなみに、奥ではトメさんも一緒に勉強中。はは。

それがですね、焦点を絞ったり、明るさを変えたり、
周りをぼかしたりすることで、こんな感じになります。

Sashimi2

全然雰囲気変わりますよね!
iPhoneでこんなことできるんだ~と、
夢中で色んな写真を撮って遊んでしまいました。

トメさんも、ブログ「トメんちの晩ごはん」
早速これで撮った写真をアップしてますね。

私もしばらくはこれにはまりそ~。

June 16, 2011

日本酒の名店「つくしの子」

イラストレーターの上大岡トメさん、デザイナーである友人の恵美須ゆうちゃん
池尻大橋にある「つくしの子」に行ってきました。

この「つくしの子」、知る人ぞ知る、日本酒オンリーの名店。
珍しい日本酒を数多くそろえ、料理は日本酒にあったものを
適当に出してくれます。

ゆうちゃんが利き酒師の友人に連れてきてもらって以来、
気にいって何度も来ているとのこと。
このお店、一見さんお断りだそうで、一度行ったことのある人に
つれていってもらわないと入れないそうです。

ここは本当に日本酒しか出してなく、ビールもないので、
店に行く前にビールを軽く1杯。
私、最初は必ずビールじゃないと変な酔い方しちゃうんですよ~。

先日、椎名誠がエッセイのあとがきで、自分は最初の一杯は
絶対ビールじゃないとダメだ、シャンパンで乾杯なんて許せん
というようなことを書いていたのを読みましたが、その気持ち、
すんごくよくわかる。
「とりあえずビール」じゃなくて、「絶対ビール」なのです。

昔、阿佐ヶ谷に「善知鳥(うとう)」という、これまた日本酒しか
出さないお店があったのですが、そこもビールは無し。

最初、何の予備知識もなく、たまたま前を通りかかったから
入ってみようとドアを開けたら、店主に開口一番
「うち、ビールないですけど、いいですか?」と言われて
ビックリした記憶があります。

やっぱり、最初はビールがいいという人、多いんだろうなぁ。
「つくしの子」が一見さんお断りにしているのも、
そういう双方にとって不幸なトラブルを避けるためかも。

Photo

まず出てきたのがこちらの3品。
フキの煮つけ、枝豆の和え物、ぬた。

右手の一升瓶は日本酒じゃなく、お酒の仕込み水です。
お酒と一緒にまず最初に運ばれてきます。

この美味しいお水と飲んだせいか(3人でこの1升空けて、
また追加で水を頼んだ)、日本酒飲むと翌日ひきずりやすいんですが、
翌日全然二日酔いもせず、気持ちよく飲めました。

手前にある白い液体は、「獺祭(だっさい)」のスパークリング。
初めて飲みましたが、発泡感が爽快で、とっても美味しかったです。

ここ、日本酒も500円からとお値段もリーズナブル。
「善知鳥」はこのわたとか、ちびちびつまむ酒の肴しか
なかったけど、ここはお刺身とか煮物とか食べ物も結構
出してくれるのでよかったです。
結構食べて飲んだけど、1人5000円。安い!!

一度行ったから、これで次回からはゆうちゃんに
連れていってもらわなくてもOKなはず。
平日しかやっていないのが残念だけど、
また機会を見て飲みに行こっと。

June 14, 2011

傘の扱い方

雨模様が続くなか、傘を持って出ることが多くなりました。

街を歩いていると、中には閉じた傘を体と平行(地面に垂直)にじゃなく、
少し斜めに持って歩いている人いますよね。
あれ、人混みだと傘の尖っている部分が
後ろを歩いている人に刺さりそうで、結構危ない。

そういう時は、私なんかはさりげなく、わざと荷物を傘に
ぶつけて相手の注意をうながしたりしています。

先日、新宿駅の反対側のホームで、傘の真ん中ぐらいを
鷲づかみにして、体に垂直に(地面に平行に)持って
歩いている西洋人の女性を見ました。
当然のことながら、傘が後ろの人にまともに刺さりそうで怖い。

それを見て、以前同じように傘を持っていたアメリカ人を
何人か思い出し、
「彼らはああいう風に傘を持つのが普通なんだろうか?」
と考えてみました。

東京みたいに、人の多いところを歩いて移動することが
一般的だったら、傘が相手にぶつからないように、
体に沿って持つのが礼儀です。

でも、ロスとかアトランタとか、都市でも空間があり、
車移動が基本のところでは、体に垂直に傘を持とうという意識は
生まれにくいのかもしれません。

実際、車の後部座席やトランクから傘を取り出す時は、
真ん中あたりをムンズとつかんで取り出すだろうから、
そのクセが出ているのでしょう。

しかし、持ち方だけじゃなく、ソファの上やカフェのテーブルの上に
塗れた傘をどーんと置くなど、扱い方にびっくりすることも多く。

結構傘の扱い方って、文化が出るかも。

June 13, 2011

ハズした時の対処法

先日、某劇団の舞台を見に行ったのですが、
これがかなりしんどかった…。

こうした芸術作品は好みが別れるので、
「ひどい舞台」とは言いませんが
(実際、最後立って拍手していた人もいたし)、
私には、とってもしんどかったです。

何せ、とにかくやかましい。
わめくというか、がなるように早口で台詞を言うので、
「どなるなよ~」と思ってしまうし、滑舌(かつぜつ)悪い役者だと
何を言ってるのかさえわからない。

全然芝居の内容に入っていけないから寝ようと思っても、
うるさいから寝るに寝れない。

例えて言えば、選挙前日の駅前で繰り広げられる
応援演説の真ん中に座らされてるような感じ。
四方八方から大声が降り注ぎ、言っていることが全然わからず、
思いも伝わってこない。

1時間半ぐらいならまだ我慢して、終わった後
「しんどかった~」と言えばスッキリできるのですが、
2時間半もあったので、終わった時は自分としても
どう精神状態の収拾をつけたらいいのかわからないくらいでした。

途中で帰ろうかと思ったのですが、席が真ん中いら辺だったので、
「ちょっとすみません…」と何人にも言って
出て行くのも気がひけたんですね(通路側だったら帰ってたと思う)。

映画、舞台、ライブを見ていてハズしたと思った時(大抵最初の方でわかる)、
出ていくかどうかは、結構迷う。
誰か友人が出てるなら、つきあいと思って諦めるし、
その人を見る楽しみがあるからまだ我慢できる。

でも、何の義理もない場合。

昔は、せっかくお金払って来たんだからもったいない。
他に帰る人もいないし。
もしかしたら、そのうち面白くなるかもしれない。

などと考えて、最後までいちゃってたんですね。
DVDやテレビなら、面白くなかったら消しちゃえばいいんですが、
映画館や劇場だと、途中で出るのって、決意がいる。
でも、残った結果、ほとんどが大後悔。

そこに使った時間の方がもったいないし、
精神的苦痛(と言うと大袈裟ですが)を味わうし、
終わった後の精神状態もよろしくない。
「お金がもったいない」と、払った分を回収しようと思うと、
犠牲にするものが多すぎる。

なので、今回のことで、ダメ押しのように学んだことは、

「面白くないと思ったら、さっさと出る」

払ったお金は授業料だと思えば、出た後の時間も有意義に使えるし、
その後の精神状態もよっぽどいい。

とは言っても、毎回ハズした時はそう思っても、
その次の時には忘れててくり返しちゃったりするんですけどね。
でも、次は忘れないぞっ!!

June 12, 2011

モンゴルな夜

インドから帰国早々、秋の海外出張の打ち合せ&飲み会に、
新大久保のモンゴル料理屋「チンギス・ハン」へ行ってきました。

いや、次行くのはモンゴルじゃないんですが、
クライアントにモンゴルからの研修生がいたことから
このお店になったわけです。

皆さん、何度か来たことあったようですが、私は初めて。
その店内に入ると、すっかりモンゴルな雰囲気。
私が席につくと、長谷川京子似のSさんが
「シロタさ~ん、どれ着ます?」と呼びかけてきました。

なんとこの店、民族衣裳を着て食事できるんですね~。
男性用・女性用とも、かなりの品揃え。
皆さん着てるから、「それじゃ私も…」と一枚選んでみました。

Mongolia1

はい、こんな感じです。わはは。
私、結構民族衣裳というものが好きで、機会があると
色んな国や民族の衣裳を着たり買ったりしているのですが、
どれ着ても「はまりすぎ…」と言われることが多いです。

ちなみに、食事中はずっとこれを着てましたよ。
そしてSさんは、自身が選んだ赤と白の民族衣裳に着換え、
その格好で遅れてきた人を迎えに、新大久保駅まで行きました。
お店のいい宣伝になったろうなぁ。

Mongolia2

サラダとか餃子とか出てきましたが、メインは羊肉。
どどーんと骨付きの塊で出てきて、切り分けていただきました。
料理はどれも美味しかったですね~。
蕎麦のサラダにはびっくりしました。
モンゴルでも一部地域で蕎麦を食べるそうです。

私達のグループにモンゴル人男性がいたせいか、
モンゴル人の店長はかなりテンション高い。
モンゴルの歌を朗々と歌い、他のテーブルのお客さん達と一緒に
私達も合の手を入れ、お酒を回し飲みしたりと大盛り上がり。

16度のミルク酒がカルピスみたいに飲みやすく、
ついつい飲み過ぎてしまった……。

それにしても楽しい夜でした。
このお店は6月いっぱいで閉店して、7月からは歌舞伎町に
お引っ越しとのこと。新店舗になってもまた行こ~っと。

June 10, 2011

Indian girls

書きたいことがありすぎて、日付を無視して書いてきた
インドレポですが、とりあえず今回でおしまいにします。

最後は、インドの女性達の写真を何枚か。

Girl1

トリチに着いた時、空港でみかけた女の子。
誰かを迎えに来ていたのかな?

精一杯着飾ってて可愛いかったです。
「撮っていい?」と聞いたら、お母さんのサリーの後ろから
出てきてくれました。

でも、なんで髪の毛ベリーショートだったんだろう?
宗教上の儀式か何かした後だったのかな?

Hair

インド人女性のオシャレとして、
このように結った髪に花をつけている人、多かったです。
真っ黒い髪に白い花がとてもよく映えて、可憐な感じでした。

Dance1

こちらは、歓迎会の時に踊ってくれた、地元の芸術専門学校の学生さん。
何人かで数曲踊ってくれたのですが、金糸の入った衣裳が華やかで
踊りには1つ1つストーリーがあり、インド文化を堪能できました。

でも、インド舞踊って結構動きが細かく激しい。
それに、一曲も長めだからよくみんな振りを覚えていられるなぁ。
この写真もやっと撮れました。

Girl2

最後は、視察で行った鉄工所にいた女の子。
機械の間に座っていたけど、働いているお父さんを待っていたのかな?
「危ないから入っちゃダメ」とは言われないんだろうか。

それにしても、インドの子供達って、目がくりくりしててめっちゃ可愛い。
こういう、光のあるまっすぐな目をした子供を見ると、
すくすくと育って、幸せな人生を歩んでほしいと、心から祈ってしまいます。

June 09, 2011

Incredible !ndia

海外出張は、昨年12月のドイツ出張から6か月ぶり。
そして、震災後初の国外でした。
今回のインド出張では、とても興味深く、色んなことを学んできました。
震災後初の外国出張がインドであって良かったかも。

今回はわずかな滞在だったし、仕事の関係上ほとんどホテル内で
過ごしましたが、最終日に視察・観光した時や、ちょっとした時に
インドという土地の持つエネルギーや、人々の図太いまでの
たくましさを感じられたことはとても大きかったです。

表題の「Incredible !ndia」というのは、インド観光局の
キャッチコピーなんですが、「!」がいい感じに使われていて、
インド訪問した私の気持ちになんかピッタリな感じ。

今回は、インドで仕入れた面白いネタを御紹介。

Calendar

こういうカレンダー、初めてみました。
他の国でも見たことないので、インドオリジナル?

また、ホテルの部屋には、毎朝地元の英字新聞が
届けられていたのですが、そこに書かれているニュースが
これまた地元色全開でとても面白かったです。
1本目がこちら。

Newspaper1

なんか、妻の不倫を疑った夫が、ケンカの末に妻の首を
切り落として自分の店の前にぶら下げたとのこと。ひょえ~。
まぁ、インドでも珍しいから「ニュース」になるんでしょうが、
それにしても、すごい。

もう1本はこちら。

Newspaper2

男性が象に殺されたとのこと。
行方不明届けが出されていた男性の遺体がみつかり、
その近くには象の群れがいたとか。

これは自然保護区内での出来事だったので、
管理事務所から被害者の遺族に賠償金が支払われるようです。

うーん、象、大きいもんね。特に子供と一緒だと母親は凶暴になるから
皆さまも象にはお気をつけ下さいませ……って、
あまりそういう機会もないでしょうが。

そして最後はこちら。
訪問した障害児の教育施設にあった、
妊婦へのケアに関して説明したポスター。

Drawing

女性はやっぱりサリー着てるし、
床に座って手で食事してるのもインドですね。
こうした啓蒙ポスターって、地域色が出るので面白い。

いれば、まだまだ色んなネタがみつかったことでしょう。
またいつかゆっくり行く機会があるかな??

June 08, 2011

震災への応援

今回の会議でも、やはり東日本大震災の話題はよく出ました。

あるインド人男性が

「毎日テレビを見ては心を痛めていました。
しかし、日本人の強さや節度は本当に素晴らしい、感激しました。
これなら日本が復興するのも速いと思いましたよ」

と、わざわざ私にお声をかけて下さいました。
震災後の日本人の姿に世界中の人々が驚いたというニュースは
読んでいましたが、実際に他の国の方からそういうお言葉をいただくと
嬉しいですね。

また、台湾からの参加者は、

「私の義理の両親が、3月11日、まさに東京ディズニーランドに
いたんです。でも、日本人の皆さんが本当によく世話をしてくれたと
とても喜んでいました。

あの時の対応を経験して、『何があっても日本なら安心だから
またぜひ日本に遊びに行きたい』と言っているんですよ」

と言って下さいました。
台湾は多額の義援金を出して下さった国でもあります。
本当にありがたいことです。

台湾だけでなく、今回の会議に集まったアジア諸国のグループや、
その関連団体からも、何百万円も寄付金が集まったそうです。

皆さん、自国の貧困問題とか社会的弱者の問題に取り組んでおり、
それぞれ資金繰りが難しい状況にあります。
それでも、少しでもと出して下さったその姿勢が本当に嬉しい。

今、日本は資金も労力も震災復興に注ぎこんでいます。
そのため、日本が取り組んできた途上国支援や難民問題や、
その他多くの支援プロジェクトが中断されたり
資金調達が難しくなっています。

日本が風邪をひくと多くの途上国にも影響が出る。
そういう意味でも、日本は速く元気にならないとね。

Flower1

June 07, 2011

インドでパケ放題

昨年12月のドイツ出張時に、小さいノートパソコンかiPhoneか
どちらを買おうか悩み、結局iPhoneにした私。
その結果大正解だったことは、今は閉じてしまった
以前のブログに書きました。

それというのも、6月末まではソフトバンクの海外パケ放題
日本時間0時から23時59分までの24時間は1480円。
海外のホテルのネット接続料金って結構高いし、
これだとホテル内だけでなく、街中どこからでもOKなので
本当に便利でお得なんですね。

なので、今回も迷わずiPhoneだけを持つことにしました。
現地でファイルいじったり長文書かなきゃいけない時は
ノートパソコンが必要ですが、簡単なメールチェックと調べ物
くらいだったら、これで充分かと思って。

そしたら、今回もやはりそれで良かったです。
というのも、インドのホテルのネット環境があまりよくなく、
パソコンを持っていった方々はうまくWifiにつなげられ
なかったんですね。

一方、私はiPhoneをインドのAirtelという会社につないだところ、
どこでも3Gがちゃんとつながる。
都会のチェンナイならまだしも、田舎のトリチだときついかな~と
思ったのですが、ここでも何の問題なくつながりました。

それどころか、トリチから車で1時間半ほどの町まで視察に
行った時も、周辺はこんな田んぼばかりなのに、
iPhoneのアンテナは常に2~3本は立っている。

India1

こんな何もないところだから、圏外になることを予想していたのに、
これにはビックリしました。

そういえば、中国やインドなど土地が広大なところでは、
昔から電話線網を拡大するより、携帯電話の基地局を
建てていたって誰かが言ってたもんな~。

それに、この辺は高い建物も何もないから
遮られることなく電波はどこまでも届くのでしょう。
狭い日本の方が圏外になるとこ絶対多いな。

こうして3Gでつながるととても助かるので、3G可能な
ノートパソコンがあると一番いいかも。3G可能なiPad2は
確かにiPhoneよりは文字が打ちやすいけど、ファイルを
どこまで処理できるか。またちょっとリサーチしてみよっと。

Coconut

車中飲んだココナツウォーター。
実を言うと、私はこれあまり得意ではないんですが、
暑い国では水分やミネラルの摂取にとても大事な飲物です。

June 06, 2011

美味なる南インド料理

前回も書きましたが、食事は本当に美味しかったです。

しかし、「何が美味しかったの?」「南インド料理ってどんなの?」
と聞かれても、説明のしようがない。

どれも、何がどう使われているのかわからないのだけど、
スパイスがとても複雑で奥深い味わいを出していて、
辛すぎることなく、野菜も沢山使われていて(ベジタリアンが多いし)
とにかく美味しい。

これは、御一緒した日本人の参加者、みんなそう言っていました。
日本人の口にあうらしいです。
とりあえず、料理の写真を何枚か。

Food1

左側にあるのは焼き魚。
シンプルに塩と何かのスパイスで焼いてあるのですが、
素材自体がいいのかすごく旨みがありました。

魚の上はチキンカレー、パスタサラダの下はチーズのカレー。
チキンカレーとチーズカレー、見た目は同じっぽいのですが、
味は全然違いました。

Food2

こちらは、御飯の右にあるのは豆腐です。
その上は、フライドチキンにヨーグルトソースをかけたもの。
御飯の左にあるのはヤングコーンのフライ。

見てわかるように、結構煮物系が多かったです。
これが、パサっとした御飯にあうんですよ!!
すべてスパイスきいていますが、「カレー」とひとくくりにできない。

そして「御飯」と言っても、白い御飯もあれば、スパイスを入れて
香りをつけた物もあり、ビリヤニという炊き込み御飯もあり、バラエティ豊か。
麺も、米粉の平べったい麺、素麺、揚げ麺など色々出てくる。

パンだって、日本のインド料理屋で出てくるような「ナン」は
一度くらいしか出てこなくて、丸く平たいやつ、蒸しパンみたいなの、
スパイスを練りこんだもの、具をはさんだものとか多種多様。

Food3

これは、米粉を薄くクレープみたいに焼いたもの。
初めて食べましたが、小麦粉と違い、米粉のもちっとした感じもあって
美味しかった!

全体的に、「カレー」というより、「スパイスがきいた煮込み料理」という感じ?
でも、どれもスパイスの調合や味付けが全然違ったので、飽きない。
御飯も麺もパンもバリエーションが多くてびっくりしたし、
和食が恋しくなることはなかったです。

それに、マンゴーやパパイヤなどのフルーツ美味しく、
インドスイーツも甘さがくどくなく、どれも堪能しました。
ここだったらまだまだ滞在し続けられたなぁ。

Beer

この地域はイスラムよりヒンドゥーが多いせいか(?)、
ホテルにはバーもあってお酒が普通に飲めました。
写真は、この地方で作っている地ビール。
味わいは軽めで、気候が暑いから水みたいに飲めてしまう……。

何にせよ、南インドの食事はとっても良かったです。
体重計はしばらく乗らないようにしよっと。

June 05, 2011

コンディション調整

今回の出張で、一番心配だったのは健康管理。

私は子供時代をマレーシアで5年半、ビルマ(ミャンマー)で2年
過ごしたことから、かなり体に免疫がついているようで、
大抵の国に行っても別にお腹を壊すことはありません。

ただ、東南アジア慣れしている人でもインド行くとお腹壊すと
聞いたこともあるし、最近は海外行ってもドイツとかアメリカとか
先進国が多く、体も軟弱になっているような気がする。

さらに、移動も仕事内容もハードな上に、6月頭のインドは
めちゃくちゃ暑いと聞いていたので、どこまでコンディション調整できるか
不安だったんですね。

なので、お腹壊した時の非常食とか正露丸とか梅干しとかをしっかり準備。
その上、水や生ものには気をつけたこともあるんでしょうが、
お腹を壊すこともなく全然大丈夫でした。

それどころか、3時間半チェンナイの方が遅いという時差
(今回初めて何時間「半」という時差を体験しました。
そういう設定あったんだ~)や、ホテルのベッドの固さが丁度よく、
毎晩ぐっすりと爆睡。

インド通の友人に、南インドの料理は美味しいと聞いていたのですが
まさにその通りで、すべてホテルのビュッフェだったにも関わらず
全然飽きることなく、毎回楽しみにバクバク食べてきました
(食事のことはまた別途)。

ただ、インド、思っていた以上に暑く、そして寒かったです。

南国ではホテルなどの建物では、寒いくらいにクーラーを
ガンガンかけるのですが、それが予想以上に寒かった!!
上着を持っていったけど、それでも寒くて体の芯まで冷える感じ。
寒くて寒くて、休憩の度に外に「暖を取りに」行っていました。

そしてちょっと出ると、今度は熱波が押し寄せてきて、
冷たくなった体もいっきに解凍。
「あ~、あったまった♪」と思って会議場に帰ると、
また冷気が体を包み。
これは本当に風邪ひかないように気をつけました。

やはり、体調が崩れるとパフォーマンスに影響が出る。
それに帰国してからもやらなきゃいけないことがあれこれあるので、
帰ってバテるわけにもいかない。

でも、結果としては、体調は全然崩さず、観光や視察も同行して
かなり充実した時間を過ごしてきました。
体がもってくれて、本当によかった~。

Flower2

写真は、チェンナイで泊まったホテルのロビーにあった
花の入った鉢。
日射しが強い中、お花も色鮮やかできれいでした。

June 04, 2011

ティルチラパッリ(トリチ)へ

あっという間にインドから帰ってきました!
初めてのインド、仕事とはいえとても興味深く面白かったです。
少しずつインドレポートをアップしていきますね。

インドに着いて最初に驚いたのは、人の多さ。
空港から出ると、深夜にも関わらず大量に出迎えの人が。

Chennai

もうほんと、「なんじゃこりゃ??」というくらい、いる。
そして車もあっちいったりこっちいったり、無秩序に走ってるから
非常に怖い。

ホテルまで迎えの車が来ていたのですが、その車のとこまで
歩くのも大変。人と車で混みあった道を歩いていると、
体すれすれのところを車が平気で通っていく。
フィリピンのマニラも道路事情はカオスだけど、その上を行くなぁ。

その日は空港近くのホテルに泊まり、翌朝国内線の空港へ。
すると、ここもまたすごい人。
インドの人口12憶人だし、チェンナイはインド第5の都市。
やっぱり絶対数が多いんだろうか。

手続きのために空港内を歩いていると、
渋谷か新宿の雑踏にいるような感じ。すっかり人あたりして
ゲートまで到着した頃にはすでにグッタリした気分でした。

Kingfisher

目的地のティルチラパッリ(略してトリチ)にはこの飛行機で。
プロペラ機なんて久しぶり。

Landscape

窓の外の景色は、ひたすら真っ平ら。
山は全然なく、どこまでも田んぼや畑が続き、とにかく広さを痛感。

トリチに着くと、スカンと快晴で、とにかく日射しが強い!
「暑い」というより、熱が体を圧迫してくるような感じ。
日本じゃ味わわない気候に、「インドに来たんだ~」と実感しました。

Airport

どこまでも続く空と土地。

なんかちょっと殺気だったというか、カオティックな喧噪だったチェンナイと違い、
トリチには田舎特有ののんびりさがあり、ほっと気が抜けました。
空気がゆったりと流れ、人の表情も穏やかで、なんか居心地の良さを感じる。
「あ、私、ここ好きだ」と、すぐに思いました。

最初は「なんでチェンナイからまた飛行機で1時間もかかるような場所で
会議なんてやるんだろう」と思ったけど、実際に来てみると、
こっちでやってくれて本当に良かったと思いました。
チェンナイだったら、いるだけで疲れそう。

同行者も皆さんそう思ったようで、
「日本で会議やる時も、東京じゃなくて
ちょっとはずれたところでやるのがいいかもね~」と話していました。

トリチに来て、なんか一気にテンションの上がった私。
さ~て、3日間がんばるぞ~と、はりきりモードに入ったのでした。

Minivan

荷物は全部車の上に。
スーツケース重いだろうに、ご苦労さまでした!

June 03, 2011

初めてのインド上陸

タイのバンコク、インドのチェンナイ経由で、
インドのティルチラパッリという街に向け出発。

最初「チェンナイ経由」って言われたとき、
タイにそういう町があるのかと思ったら
(タイのチェンマイ、チェンライという町は知っていたので)
昔マドラスと呼ばれてた街のことらしい。
「マドラス、ボンベイ、カルカッタ」と
地理で覚えた身としては、マドラスの方が馴染みが
あるんだけどなぁ。

タイ航空で6時間かけてバンコク到着。
機内ガラガラで、3席使って寝てこれたのでラッキー♪

タイは好きな国なので、空港だけでも嬉しい。
待ち時間5時間だけど、買い物したり、ネットしたり、
皆さんと打ち合わせしながらシンハービールに
タイ料理食べてたら、あっという間に時間は過ぎました。

そろそろ行くかと、チェンナイ行きのゲートに行くと、
なんかいっきにインド人率が高くなり、空気が変わる。
そして飛行機に乗ったら、やっぱり周りはインド人男性ばっか。

そのせいか、東京から乗ったタイ航空は、タイの雰囲気あったのに、
この便はインド一色。皆さん体格もいいし、濃ゆい感じだから、
さすがにちょっと圧倒されました。

機内食だって、東京発便のチキンカレーはタイ風だったのに、
チェンナイ行きのカレーはインド風。
食後だったけど、味見をしてみたらこれがめっちゃ辛い!!

私は結構辛いの大丈夫なんですが、
機内食でこんなに辛いもん出すんかとビックリ。
周りのインド人の方々を見ると、皆さん普通に食べてました。
同じ航空会社でも、路線によってこんなに変えるんだな〜。

3時間かけてチェンナイに着くと、現地時間もう11時過ぎ。
日本時間、午前3時前。
長い長い旅路だったインド行き、到着後のことはまた次回。

June 02, 2011

旅支度

6月なのに肌寒い雨の木曜日は、
翌日からの海外出張の準備。

忙しくて資料も全然プリントアウトしてなかったし、
必要な買い物もしていなかったので、
バタバタと1日が過ぎていく。

東京はこんなに寒いのに、明日からはなんとインドです!
今の南インドはめちゃくちゃ暑いそうなんだけど、
大丈夫なんだろうか…。

実は、今回が初インド。
東南アジア諸国はあちこち行ってるのですが、
インドは何故か今まで縁がなかったんですよね~。
それが今回、ついに呼ばれました。

さてさて、どうなることやら??
心配と期待でちょっとドキドキ。
次回はインドより更新します!いってきま~す!

June 01, 2011

仕事モード再開

とっても密度の濃かった3日間の仕事も無事に終了。

やはり、大変だったけどなんとか乗り切って、
お客様にも「助かったよ、ありがとう!」と言っていただけると、
本当にうれしい。

以前、「一番幸せな時」という内容のことを書きましたが、
幸せを感じるのは、そこでも書いたように一仕事終えて美味しい
ビールを飲んでいるとき。

でも、手ごたえのある仕事をいい感じにさせていただいている時が、
一番自分がこの世に「存在」しているような感じになります。
自分の肉体は、そのためにあるような感覚になるというか。


さぁ、この仕事は終わったけど、すぐ次がある。
なんか、5月後半からまたお仕事のお話を色々といただくようになり、
6月もあっという間に終わりそう。

しかも、皆さん一斉に動きだしたのか、ご依頼が重なり、
お断りせざるをえないこともしばしば。とほほ。

まぁ、気をひきしめて、ご縁のある仕事を1つずつ丁寧に
させていただきましょう。

« May 2011 | Main | July 2011 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ