« November 2011 | Main | January 2012 »

December 31, 2011

2011年、年の瀬に

なんだかんだで、本当に年の瀬がやってきました。

「本当に」というのは、2011年という大変な年が
まだまだ未解決な問題は多いものの、
ついに終わりを告げるのだということへの感慨。

そしてもうひとつは、最後の最後まであれこれと忙しく、
しみじみと年の暮れ行く様子を感じることができず、
「あ〜、本当に来ちゃったんだな〜」という感じだから。

年賀状はなんとかギリギリ書いたけど、大掃除は1階だけで断念。
2階は年明けにすることにしました。
その方がゴミの回収も始まってるし、掃除で一年を始めるのも
心が清らかになって(?)いいのではないかと。

そして、改めて2011年という年を振り返って思うのは、
「よく生きながらえたな」ということ。

私は東京なので、津波の被害などありませんでしたが、
福島原発がもっとひどいことになってた可能性だって充分あったし、
タイでは洪水、トルコでも大地震と多くの災害を見るにつけ、
自分が温かい食事をとり、柔らかい布団の中で寝て、
生きていられることが、本当に奇跡のように感じられました。

震災後一時はどうなるかと思った仕事も、なんだかんだと
途切れることなく続けられ、インド香港南アフリカ
台湾なんて行ったり、意義深い仕事に携わることもできました。
本当に感謝感謝です。

来年はどんな年になるのか。
被災地ではまだまだ大変な日々が続き、
避難生活を続けている方々も多くいます。
世界情勢を見ても問題は山積しており、
考えれば考えるほど気分は暗くなるけれど。

でもまぁ、私が暗くなっていても始まらない。
いつも笑顔と感謝の気持ちを忘れず、常に心に太陽を抱きながら、
明るく楽しくやっていきたいと思っています。

自分が2011年の大晦日を無事に迎えられたこと。
家族をはじめ、愛する人達と一緒にいられること。

それらに心から感謝をし、
その思いを来年の活力にしたいと思います。

2012年が皆様にとって良い年となりますように。

December 26, 2011

石垣島でクリスマス

いやもう年末もギリギリまで忘年会や仕事で忙しく、
ちゃんと書けなかったのですが、クリスマスは石垣島で過ごしました。

相方が年内もう一回は石垣に行きたいと言っていたので、
この3連休に決行。
石垣にはここ10年間、少なくとも年に2回、多い時は4回も
行っているのに、行く時は今でもわくわくします。

それにしても、石垣島、寒かったです……。
台湾も結構寒く、日本から着て行ったダウンを普通に着ていたので
「こりゃ石垣も寒いだろうな」と思っていたら、やっぱりそうでした。
天気予報では13度とか言ってるのですが、海からの風が強くて
体感気温はそれ以下。お風呂がとっても嬉しかったです。

以前、年賀状の写真をどうするか迷っていると書きましたが、
結局今回石垣島で撮って、東京に帰ったらそのまま
宮地スタジオに持ちこんで作ってもらうことにしたんです。

そのため、滞在中は意識的にあちこちで写真を撮りましたよ。
最北端の平久保灯台、玉取崎展望台、ヤエヤマヤシ群生林などの
メジャースポットで、石垣島に初めて来たカップルのように、
「すみませ~ん、写真撮ってもらえますか?」と
他の観光客にお願いして、パチリ。

しかし、どこ行っても風がものすごく強く、髪が飛びまわっていたり、
寒そうな顔をしていたりで、結構大変でした。
でもまぁ、なんとか使えそうなのが撮れて一安心。
特急で作ってくれた宮地さん、ありがとうございましたっ!!
来年はもうちょっと頻繁に一緒の写真撮っておかなきゃ~。

Santa

写真は、那覇空港のブリッジを操作する係員の女性。
25日は、石垣空港でもサンタの格好をした係員が
荷物を飛行機に積みこんでいました。
その姿が、本当にプレゼントを運ぶサンタさんみたいで良かった~。

Photo

そしてこちらは、今回泊まったヴィラ・ヤマバレという
とてもステキなペンションの夕飯で出たデザート。
南国の果物、スターフルーツがいい味出してます。

寒い南の島で、クリスマス気分を味わえました☆

December 18, 2011

漢字表記

中国語圏に行くと、ついつい漢字表記をチェックしてしまいます。
見ていると、意味や音の感じがなんとなくわかるのが面白い。

こちらは圓山大飯店の案内板。

Photo

「毎日宴會表」、「最新消息、「気象資訊」。
へ~、こんな風に書くんだ、わかるわかる、
なんて1人で感心したり、納得したり。

台湾のセブンイレブンではおでんも売られていたのですが、
それはこう書かれていました。

Photo_7

関東煮。
確か、関西の方ではおでんを「関東煮(かんとだき)」とも言ってる
そうなので、そちらから来たのかな?

そういえば、前回紹介した夜市では、こんな屋台もありました。

Photo_8

「大阪焼」ってもしや……と思ったら、やっぱりお好み焼きでした。

これを見て、東京の屋台で今川焼きサイズの小さなお好み焼きを
「大阪焼き」と言って売っていることがあるのを思いだしました。

大阪人の友人が、「あんなの大阪じゃ食べないのに
なんであんな名前がついたんだ?」と言っていたのを聞いて
私も不思議に思っていたのですが、もしかして東京で見る
「大阪焼き」というネーミングは、台湾から来たのだろうか??

う~ん、ありえないこともないかも。
でももし本当に大阪から海を渡って台湾に行き、
そこから東京の屋台にやってきたのなら、
それはそれですごい話だなぁ。

December 17, 2011

台北の夜市

着いた日の夜は、台湾の方々が夜市に連れていってくれました。
台北市内にはあちこちに夜市があるそうですが、
今回行ったのは松山駅のすぐそばにある、饒河街觀光夜市
とは言っても車で行ったので、場所は後から検索して知りました。

Photo

こうした夜市って、すっごい好きです。
食べ物だけでなく、洋服や帽子やオモチャなど色んな店が所狭しと並び、
地元の人や観光客が入り乱れ、とっても活気がありました。

いくつかのグループに別れて、勝手にぶらぶら。
どこかで食事をしようとあちこちのぞいていたら、
地元の人でほぼ満席の牛肉麺のお店を発見。
人が入ってるってことは美味しいのだろうと、そこにしました。

Photo_2

まずはつまみを何品かを頼み、ビールで乾杯。
ピータン豆腐、乾燥豆腐の煮物など、豆腐づくしになっちゃいました。
この他にも青菜炒めで野菜も補給。

Photo_3

そしてこちらがメインの牛肉麺。牛筋も入っています。
ガイドブックで見る牛肉麺はラーメンっぽい麺なんですが、
この店の麺は細いきしめんっぽかったです。

テーブルには高菜のようなものが入った缶が置かれており、
それを入れるみたいだったので、そうしてみました。
もっとこってりしてるかと思ったら、割とあっさりしていて美味しかったです。

お腹いっぱいになったら、腹ごなしにまたまた夜市を散策。
見てまわってると、意外な物が売られていたり、
独特なディスプレイにびっくりしたりしました。

Photo

これ、帽子屋さんの店先です。
最初見た時、マジでびっくりしました。これ、絶対生首みたいでしょ!!
どうしてこういうディスプレイするかな~??
まぁ、インパクトはありますが。

Photo_2

そしてこちらは、靴下屋さんの店先。
上からぶらさがっている足がなんというか……。

でもでも!!一番ナゾだったのは、これっ!!!

Photo_3

施術している男性、ばっちりカメラ目線。
お客さんは顔を真っ白に塗られ、施術者は糸のような物を手と口で操り、
顔の表面をなぞっている。

何やってるんだ???と思ったら、なんとこれ

産毛取り

だそうです!!!!

なんでも、糸を交差させて産毛を抜いているのだとか。
その刺激で血行も良くなるらしいですが、本当か~~???
いやはや、これは初めて見ました。台湾、奥が深いぞ~。

アジアの市場って、やっぱり楽しい。

December 16, 2011

圓山大飯店

今回泊まったホテルは圓山大飯店
英語名は「グランドホテル」と言うのですが、この漢字表記が好きなので、
圓山大飯店と書いていきます。

その外観はとにかく独特。

Grandhotel2

今でこそ外資系や新しいホテルができましたが、
台湾を代表するホテルであることには変わりありません。

16年前来た時は、安くあげるために青少年センターに泊まった私達。
そこは二段ベッドが2つ入った4人部屋で、シャワーのお湯の出も悪かったような。
あの時、とにかく目立つ圓山大飯店を見ながら、
「あんなとこに泊まれるようになりたいな…」と思ったものです。
なので今回ここに泊まると知り、かなり嬉しかったですね。

この建物、門から見上げると圧巻なんですが、一歩
中に入ると
今度はその真っ赤っかさに圧倒されます。

Grandhotel1

クリスマス前なのでツリーも飾ってありました。
天井高いし調度品もすごいけど、とにかく赤色のインパクト強く、
赤い夢を見そうになるくらい。

ではでは部屋はどんなかな…と期待していたら、実はとんでもなく拍子抜けでした。
先にチェックインしていた香港女性が文句言っていたように、狭いし窓がない。

Room1

一応枕元に「窓」はあるのですが、これ、廊下向きなので
実質窓として機能していません。
で、ベッドのすぐ向こうにクローゼット。
どれくらい「すぐ」かというと、これぐらいです。

Room2

いやはや、こんな作りのホテル、久しぶりに見ました。
これは皆さんもビックリしていました。
基本的に皆「スタンダードシングル」で予約したら、
この部屋だったようです。

私もゲストハウスやドミトリーなど色んな国の色んな場所に泊まったので
基本的にはある程度清潔でお湯が出ればOKです。
なので今回も「台湾の経済的なホテル」であれば、
「あら、上等じゃない」となるのですが、圓山大飯店の部屋と期待していただけに
落差が大きかったですね。

でも、部屋の圧迫感に慣れれば、ベッドも寝心地よく、
シャワーの出もよかったので支障はありませんでした。
仕事で行く時のプライオリティはやっぱり「寝心地」ですからね。

他の参加者が言っていたのですが、ひとつ上のデラックスツインは
この部屋と料金はたいして変わらないのにもっと広く開放感があるので、
このホテルに泊まる時はそちらにした方がいいかも。
ここは街の中心からちょっと離れていて交通の便もイマイチだし、
施設自体が老朽化しているので、このシングルに泊まるなら、
もっと街なかにある同料金のホテルにした方が確かにいいような。

しかしまぁ、歴史やその世界観に触れるという点では
確かに素晴らしいホテルで、泊まる・泊まらないは別として、
一度は行ってみる価値はあると思います。

December 15, 2011

16年ぶりの台湾へ

御殿場から帰って数日後には、今度は台湾出張。
「え?シロタは中国語も話せるの?」というわけではなく、
来年の国際会議の下準備&打ち合せに各国から委員が来て、
そこでの共通言語が英語なため、私にもお声がかかったのです。

台湾行くのって、16年ぶり。
教員試験と公務員試験を受けるために1年留年していた
大学時代の友達の卒業旅行に、当時からふらふらしていた私
(私は4年で卒業したので、この時は一応社会人1年目)も加わり、
女3人で南へ向かったのでした。

この時、まずは沖縄の那覇に飛び(これが人生初沖縄)、
フェリーで石垣島に渡り、西表島にも行き、そしてまた
石垣島からフェリーで台湾の基隆(キールン)に渡り、
台北を楽しんだ後は、電車で南下し、花蓮、台南に滞在して
高雄からまたフェリーで沖縄に戻ってくるという旅をしたのですよ。

学生と大学出たてですからね、お金がないなか、
いかに楽しく旅をするか考えてのルート作りでした。
当時は国内線って国際線より全然高く、沖縄までかなりしたので
台湾に飛んで台湾から沖縄入った方が安いんじゃないかとも
思ったのですが、結局沖縄から入りました。

女3人珍道中、印象的な出会いや出来事があり、
とても思い出深い旅となりました。
でも、それ以来全然行ってなかったんですよね。
10年前から、石垣には入り浸っていたのに。

なので、最初に台湾出張のお話を聞いた時は、
当時のことを思いだしてちょっと胸がきゅんとしました。
そうか~、台湾か~、あれ以来だな~~……。

あの時は、夜中に石垣を出て、船で一泊。
本当は1晩もかからないくらい台湾と石垣は近いのですが、
港が開くまで沖に停泊していました。
明け方、友人に起こされてデッキに出ると、水平線から
見事なお日様が上ってくるのを見ることができたなぁ。

あそこいら辺って雲ってることが多いから、こんなに綺麗な
日の出が見れるのは珍しいって船員さんも言われ、
ラッキーな気分になったものです。

なので、台湾2回目と言っても、飛行機で入るのは初めて。
それも仕事で行くようになるなんて、十数年の歳月を感じる。
そして新調したばかりのパスポートには、
台湾で初めての入国スタンプが押されることとなりました。

ということで、しばらくは台湾ネタとなります☆

December 13, 2011

蟹づくしな夜

富士山方面出張から帰る前夜、我が家の第2の食卓となっている
宮地スタジオに集うヤノちゃんから、
「明日スタジオ来ませんか?境港からせいこ蟹お取り寄せです」
とのメール。

お~~、蟹のお取り寄せ!!!
ヤノちゃんは、美味しいお店・食材にかなり詳しいし、
自身もプロ並みに料理がうまい、スタジオのシェフ的存在。
わざわざ境港から取り寄せるなんて、さすがだわ。

どうせ帰京は夜になるし夕飯は作れないので、
喜んで仕事帰りに直行することに。
スタジオに向かう途中、「茹でてます」と以下の写真が送られてきました。

Photo_4

なんじゃこりゃ~。すごすぎっ!

スタジオに着くと、すでに他の人達も来て盛り上がっている。
第1弾はほぼ終わりだったのですが、すぐに第2弾が茹であがる。

Photo_5

山盛りです……。
メスなので小ぶりでしたが、味が凝縮している。
私、蟹ってそんなに好きじゃないんですよね。あれば食べるけど、
自分でわざわざ買ったり注文したりしない。

東京で食べるのってどうしても水っぽいというか、味がスカスカしてるから、
労力費やして食べるほどでもないと思っちゃうんですよね。

でもこの蟹、さすが届いたばかり。めっちゃ美味しかったです!!
三杯酢なども用意されていたのですが、調味料何もつけずに
そのままで全然いけました。

なんでも2箱(!)取り寄せたのを6人で食べてるから、
「これでもか!」というくらいいただきました。

Photo_6

最後の〆に、ヤノちゃんが作ってくれたパスタ。
これもまた美味し買った!!
これだけ蟹食べて、他にも作ってくれた料理やお酒を飲んでも、
会費は1人1500円。なんて安さだいっ!

そして翌日は、宮地さんから「今夜は蟹御飯炊きます!」とのメール。
しかしその晩は別の用事があったので断念。
あの蟹の出汁で御飯炊いたらさぞや美味しかったろうなぁ。

でも、1日で1年分の蟹を食べた気分……。
しばらくは大丈夫かな?

December 11, 2011

富士山エネルギー満喫

仕事で富士山の近くまで行ってきました。
私がいた3日間は雲ひとつない快晴。
着いた時から富士山が迎えてくれました。

写真は、ホテルの前の夕暮れの富士山。

Photo

富士山見れるとただでさえ嬉しいのに、雲ひとつないと
さらにテンション上がりますね。

夜も、満月翌日の月が富士山の雪を照らし、
暗闇のなかくっきり見ることができました。
夜の富士を見たのはじめて。とても幻想的でした。

この仕事、朝が早くてまだ暗いうちに出発してたのですが、
徐々に明るくなっていく感じも神秘的。
下は、朝焼けの中、お月さまと一緒に。

Photo_2

これ以外にも何枚も撮っちゃいました。
富士山って、見てて全然飽きないし、違った表情を見せると
どれも写真におさめたくなる。

もちろん、富士山以外の自然も素敵でしたよ。
山々の稜線もくっきりきれいで、朝焼けの美しさにも
うっとりしちゃいました。

Photo_3

それに、やっぱり空気が美味しい。
自然と大きく深呼吸しちゃうし、空気がどこまでも入っていく感じ。

待機時間には外で屈指や体操もしてました。
自然と体を動かして空気をより体内に取り込みたかったからなのが、
富士のエネルギーがガンガン入ってきて動かずにはいられなかったからなのか。

何にせよ、3日間でこの上ないくらい富士山パワーを浴びれたのでした。


December 09, 2011

時間の過ごし方

ついこの間、「やっと一段落、小休止!」と書いたと思ったら、
またまたバタバタな日々に突入。

仕事が入っていれば入っているで時間はあっという間に過ぎていくし、
なければないで、これまた同じように過ぎてゆく。

たまに、「仕事がない時って何してるの?」と聞かれますが、
さ~???どうなんでしょうねぇ???
よくわからないけど、「色々」やってるうちに、気がついたら時間はすぎている。
ほんと、何やってるんだろう?

結局、何をやっていても、時は同じだけ流れてゆくわけで。

そして前回、「1年って長い」って書きましたが、
同じ1年でも、「1年先」は長いけど、「1年前」はこの間のことの
ような気がしませんか?

終わってしまえばあっという間だけど、
これから1年って何がおこるかわからない。
この仕事も、来月ヒマだなと思っていたらバタバタと入ってきたり、
なかなか読みずらい。1か月先だってどうなるのかあまりわからない。

目の前に降ってきたことをこなしているだけで結構大変で、
そんな日々を過ごしていると、「1年後」なんて
はるか彼方のように感じるんですよね。

とはいえ、気づいたら過ぎているのが時間の怖さ。
将来、「もっとこうしてれば良かった」と思うことないよう、
大事に楽しく過ごさないと。

December 07, 2011

仕事依頼のタイミング

お仕事は、色んなタイミングで御依頼いただきます。

数日前になって「急で申し訳ないんですが…」と
飛び込んでくることもあれば、
数週間、数ヵ月前から予約されることもあります。

基本的には「御依頼いただいた順」で受けていますので、
すでに他の仕事が入っていると「もっと早く言っていただければ…」と
お断りせざるをえないこともあります。

そして何故か、仕事ってよく重なる。
1日ずれてたらOKだったのに、というどころか、
数時間ずれてたら大丈夫だったのに~ということもあります。

そういう時はとっても残念なのですが、
まぁそれもこれも「御縁」なので仕方がないんですけどね。

そして中には、あまりにも早くお話をいただいて、
躊躇することもあります。

たまに、「まだ先の話なんですが、御都合いかがですか?」と
1年後の予定を聞かれることがあります。
大きな国際会議やイベントだと、数年前から準備に入るので、
それぐらいに通訳の依頼が来ることもあるんですよ。

ほとんどの場合、予定はないのだけど、逆にその時どういう状況に
なっているか全然見えないから、お返事する時にちょっと考えます。

1年って、長い。
私や家族が体調崩すかもしれないし、もしかしたら何かの
プロジェクトに関わることになり、それが伸びてしまって
大丈夫だと思っていたのにその頃ダメになってしまうことが
あるかもしれない。

1人で色々とバランスを取りながら仕事をしているので、
なかなか難しいところがあるのですよ。

ただ、そうやって何か月も前に来る仕事ってほとんどが
海外出張だったので、最初は悩むものの、どこかに行くのが
好きな私は、結局は入れてきちゃってるんですけどね。

そして今も、すでに来年の夏・秋のお話をいただいている。
そんな先のこと、全然イメージわかないので、
「私本当に大丈夫なんか??」とも思ったり。

でもまぁ、「まだ先の話」って思っていても、
実際にはあっという間に来ちゃうんですけどね。

December 05, 2011

「理解ある」の落とし穴

前々回「異性との飲みはOKか」を書いたら、友人に
「さちのようなケースは次元が違う、世の中、自称『理解のある夫』でも、
女友達との飲み会でさえ行かせて『あげてる』がまだ多いから」と言われました。

あはは、「あげてる」か~と、これもまたちょっと新鮮な感じ。
なんかそれだと夫に「管理されてる」という感じ。
でもやっぱりそういうのが多いのかな?

また、「理解がある」という言葉もよく聞きますよね。
これはプラスの意味で発言されることが多いのですが、
実は結構クセモノな言葉。

というのも、その根柢には

「本当は好ましくない(世間一般にはそうじゃない)んだけど、
やってあげてる(配慮してあげてる)」

という、上から目線が見え隠れするから。

これは別に妻が遊びに行くことに限らず、
障害者雇用であったり、女性が働くことであってもそう。

「障害者雇用に『理解のある』会社」というと、
「本来なら雇わなくてもいい障害者を、社会参加のために雇っている」=理解がある会社
とネガティブな事実がまず先にある。
「女性に理解がある」という場合もそう。

だって、「男性雇用に理解のある会社」とは言わないでしょ?
それは、男性が働くことは「あたりまえ」「普通」であるから、
そこには「理解」も何もないわけです。

第三者が、「あそこ(あの人)は理解がある」と言うのは
まだわかるんですよ。その人の価値感では考えられないことを
相手がやってるから、それは「理解がある」と見えるわけで。

でも、「自称理解がある」になると、ちょっと話が違います。
それは「自分は心が広い」とアピールしているようで、実は「本来は好ましくない」という
価値感がその人の中に存在し続けているのを婉曲的に言ってるようなもの。
そしてその「理解」にはどこかで無理が出てきます。

なので、「理解がある」とか「ない」とかの話でなく、
それが「普通」「あたりまえ」になるのが一番なんですけどね。

自分で自分を「理解がある」と思っているうちは、
実は何もわかってないことが多いように思います。


December 02, 2011

悩ましき年賀状

12月になり、そろそろ年賀状のことを考えないといけなくなりました。
しかし、今年の年賀状はなんだか悩ましい。
どういうのにすればいいのかなぁ?

大震災があったし、年賀状は自粛モードになるのかなとも思いましたが、
普通に売り出している。
まぁ、ああいうことがあったからこそ、普段は連絡をとらない人にも
連絡をとって絆を作ろう、という面もあるのでしょう。

文面はどうしようかな、あまりめでたさ全開でおちゃらけるのもなと、
なんだかあれこれ考えてしまう(別にいつもふざけた年賀状を
作ってるわけじゃないんですが)。

今回年賀状作りで悩んでいるもう1つの理由は、
今年相方と一緒に撮った写真がないから。

私はいつも仕事用とプライベート用と2パターン作っていて、
プライベート用は相方と撮った写真を印刷しています。

そして今年は一緒に河津も石垣も札幌も金沢も行ったというのに、
2人で撮った写真は1枚もない。
私のカメラもiPhoneも、ブログ用のオモシロ写真か、
食べ物の写真ばっかり。1人で写っている写真すらない。
うーん、なんてこったい。

仕事用は、インドか南アフリカで撮った写真を使うことにするとして、
プライベート用はどうしようかな~?

「アメリカの家庭みたいに、スタジオでニッコリ笑って撮ろうか?」と
言ったら「絶対やだ」と却下。
それじゃ近所の神社とか商店街で撮る?と言っても「う~ん」。

「今まで写真付だったのに、今年はシンプルに絵だけにしたら、
仲悪くなったのかって思われそうだよね」なんて話も出たり。

さ~て、どうしよっかな~?

« November 2011 | Main | January 2012 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ