« April 2012 | Main | June 2012 »

May 31, 2012

谷根千(やねせん)巡りで「はん亭」へ

ちょっと日付を前後して書いて行くことになりますが、
義母と相方と3人で札幌・小樽旅行に行ってきました。

北海道出発前日は、水戸から上京してきた義母と、
東京で大学に通う姪っこちゃんと3人で
谷中・根津・千駄木(やねせん)めぐりをしました。
この近辺、いいですよね~。散歩していてとても楽しい。

しかも、当初の予定になかったのですが、
義母の御両親の眠るお寺に行ったらまだお参り可能だったので
(普段は5時で閉めるらしい)、お墓参りもできたし。

そして夕飯はこちら、「はん亭」という老舗の串揚げ屋さん。
建物は登録有形文化財にも指定されています。


Photo

以前、友達につれてきてもらって以来のお気に入り。
私、揚げ物って苦手なんですが、ここのは美味しく最後まで
食べられるんです。

店内は結構広く、本館(?)と蔵とあるんですが、
私達は前回と同じく本館の3階に案内されました。

Photo_2

店内もいい感じですよね。
しかも、角に座った私達の席からは、スカイツリーも見えて
なんかやっぱりテンション上がる。

Photo_3

今回、串揚げの写真を撮り忘れたので(わはは)、
これは前回行った時の物です。
すべておまかせで、こうして何串かずつ揚げてきてくれます。
前回とは内容が全然違い、何度行っても飽きません。

3人で食べながら、のんびりとおしゃべりもはずむ。
翌日の飛行機が早目だったので、
早々にお開きにすることにしましたが、
北海道旅行のいいプロローグになったかな?

May 29, 2012

旅立ちの時

ここ最近日課になっているように、ある朝居間に行き
「どんな感じになってるかな~?」と青虫くん(すでにサナギ)の
ペットボトルをのぞいてみると。

なんと!!その時はすでにサナギは空っぽで、
その近くにちょこんとモンシロチョウがじっととまっていました。

Photo

「お~!ついに羽化したんだ!!今朝がたかな?
会社行った相方は見たのかな?
いや、見たなら興奮して私に言いに来るだろうし……」

と、相方にメールしてみると、
「え~~~!!!出かけるまでは普通だったのに~!(ToT)」
とかなりショックをうけた様子。

そうか、相方が家を出て、私が居間に来るまでの
1~2時間のうちに羽化したのね。
「もうそろそろ羽化するかな?」と、ちょうど前夜に
サナギの写真を撮っておいたのですが、これが最後になってしまいました。

Photo_2

せっかくだからチョウになったのを相方にも見せたいけど、
ずっとこの狭いペットボトルの中に入れておくのも可哀そう。
しかも、最初の頃はじっと身動き1つしなかったのに、
ある時からいきなりバタバタとボトルの中を飛びだしたし。

それを見て、「そういえば羽化直後は羽が濡れているから
じっとしてるとか昔習ったな」と古い記憶が甦ってきました。

花が沢山咲いている近所の公園で放してあげようと、
ペットボトルを持って外に出たら、外の雰囲気に興奮したのか
一層バタバタ飛ぶようになり、公園にたどりつく前に
上にかぶせていたラップの隙間から元気よく飛び出していきました。

高い木に向かって飛び上がっていくその姿を、
「元気に生きろよ~」と、しばらく感慨深く見守っていました。

しかし、考えてみたらチョウの寿命はとても短い。
青虫、サナギ、チョウと見守ってきましたが、
わずか2週間程度で死を迎える。
なんか「生」というものをしんみりと考えてしまいました。

そして、夜帰ってきた相方は、これまたとってもガッカリした様子。
うーん、確かに彼が葉っぱの間から救い出し、私以上に何かと
気にかけていたからなぁ。チョウになった姿を見たかっただろうなぁ。

「あ~、なんかぽっかり心に穴が空いた気分だ~(涙)」と言いながら、
2人でモンシロチョウくんの門出を祝って乾杯。

これを機に、また変な昆虫を飼うとか言い出さなきゃいいけど……。


「世界のふくもの ~『ふく』で神聖な場所、ブリハディスバラ寺院」
更新しました!

May 26, 2012

コスト削減と出来具合

5月26日のネットニュースにこんな記事がありました。

「奈良観光、誤訳だらけ…外国語HP一時閉鎖」

従来の英語、韓国語、中国語、フランス語のページに加え、
スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語を追加する際に、
1言語150万円の外部委託をやめて、全部で35万円(!)の
ネットの自動翻訳システムを使ったらミスが続出で
HPを閉鎖せざるをえなくなったとか。

うぅぅぅぅ~~ん、これ、すっごく目に浮かぶなぁ。

というのも、こういうこと、本当によくあります。
コスト削減ということで、自動翻訳システム使ったり、
「英語(その言語を)話せる」というだけで、
翻訳・通訳をまかせるようになってしまったり。

これは、その時払うコストは削減されたように見えても、
この奈良県のケースのように現実には全然使い物にならず
結果としてそのお金を捨てたことになり、
高くつくことって本当によくあるんですよ。

やっぱり、ネット上の自動翻訳システムや、
ただ「その言語話せます」という人と、
「プロ」と言ってお金をもらっている人とでは
仕上がりが同じであるわけがない。

これは通訳・翻訳に限らず、文章でも音楽でも絵でも
同じようなことが言えると思います。

なかには「それでそんなに金もらうんか!」というとこもあるけど、
でも今の時代、そんな商売してたら続かないしね。
高く感じても、その値段にはその理由があることが多く
後から内容をみて考えると「安かったな」と思うこともあるし。

でもこの自動翻訳システム、「大仏」を姓の「大仏(おさらぎ)」と
翻訳するなんて、ある意味とっても高度なのかも。
私、これ読んで初めて「大仏」を「おさらぎ」とも読むって知ったもん。

そういう意味では、奈良県も「質の高い」翻訳システムを
使ったということなのかしら。

私も、違いがわかってもらえるように
気をひきしめて精進していかないと。

May 23, 2012

青虫くん飼育中

1週間ほど前から、何故か青虫を飼っております。

母から無農薬の葉付き大根をもらったので、
葉っぱとジャコでふりかけを作ろうと思って葉っぱ部分を切って
台所に置いておいたら、相方がその中から青虫を発見。

「空のペットボトルあったよね?」と言うので何かと思ったら、
なんと、「育ててみよう」などと言う。
そしてペットボトルの下3分の1を切り、
大根葉と一緒に青虫くんを移動させました。

Photo_3

最初は「え~?なんでまたそんなことを……」と思ったけど、
青虫を見ていると、これがまたとっても面白い。

動き方も面白いし、パリパリパリパリすごい食欲。
そして、糞もよくする。新陳代謝の良さに感心しまくり。

丸くて黒いのが糞なんですが、驚いたのは青虫くん、
ちゃんとこれらの糞を全部下に落としたんですよ!
そして次からは、お尻を葉っぱの外に出して、
最初から下に落下させるようにしだして。

すごい!ちゃんと糞を食事の場所からお掃除したぞ~!
そして次からはどうしたらいいのか学んだのかな~???
と、なんか感動。

日中会社に行っている相方からは、「今日はどんな感じ?」と
メールが来る。居間のテーブルに青虫くんの住まいを乗せ、
その横で仕事をしていた私は、それを見ながら相方にメールで
報告したりなんかしていました。

そして、そろそろサナギになる準備をしだしてもいいようにと、
相方が割り箸をペットボトルに入れた後のこと。

私が外出から帰って青虫くんを見ると、
今までずっと葉っぱの上で食べ続けていたのに、
割り箸を伝ったのか、ペットボトルの側面に移動している。

ありゃ、間違えてこっち来ちゃって葉っぱに帰れないのかな、
あんなに食べていたのに葉っぱから離れたら餓死しないかなと
心配になって、相方にメールで相談してみたところ、
「サナギになろうとしてるのかな?そのままにしておいて」とのこと。

動植物にやたらと詳しい彼が言うのだからそれでいいのだろうと
そのままにして見ていたら、何やらゆっくりとペットボトルの中を一周している。
葉っぱに帰る道を探してるのかな~と思っていたのですが、
帰宅した相方が確認したところ、どうもそこでサナギになりだしているっぽい。

え~、こんなペットボトルの表面でサナギになれるもんなの??
じゃあ、ペットボトルの中を1周していたのは、
どこが一番いいか探してたということなのかな?と、これまたビックリ&感動。

そして、今ではこんな感じ。

Photo_2

つるつるのペットボトルの表面に、しっかりと張り付いています。
ちょっと斜めになっているのが心地いいのかな?

今では羽化するのを、相方と2人で温かく見守っています。
昆虫の観察って、子どもの時は全然興味なかったのになぁ。
こういうのって、大人になってからの方が面白いかも。


May 21, 2012

金環日食一色な日

5月21日はテレビもネットも金環日食一色でしたね。

私はというと、すっかり忘れてぐっすり寝ており、
起きてきてテレビ見て思い出しました……。

金環日食のことはそれまで散々聞いてきたし、
前日には友人とその話もして、近所のセブンイレブンで
メガネを売っているのも見て買おうかなとも思ったのに、
夜寝る頃にはすっかり忘れておりました。

これって、今年のバレンタインとまったく同じパターン。
自分の中で重要度がそれほど高くないと、こうなっちゃうのよね。

セブンイレブンでメガネをみつけた時も、買おうかなと思ったものの
「一瞬」のために買うのもな~と思ってしまい。

はては、「これ、何個ぐらい生産したんだろ?」
「クリスマスケーキと同じで時期が過ぎたら売りようがないよな~。
でも、ナマ物じゃないから、次の日食まで取っておくのかな??
でもその方が倉庫代とかかかってコストが高くなるか」
などと考えてたら、気分もクールダウンしたというか。

そんななか、友人カメラマン・宮地岩根氏が撮って
アップしていたのが、こちらの写真。

Photo


スカイツリーと金環日食です。
今ホットな対象を2つ入れこんで、このドンピシャなタイミングで
撮るなんて、さすが~。

宮地さんは、沖縄の美ら海水族館のカレンダーの他、
スカイツリーのカレンダーの写真も撮っているので
この日は朝早くから現場に行っていたらしい。お疲れさまです!

日食と言えば、私が生で見たいのはむしろこちらの方。

Photo_2

Facebookで拾ってきた、宇宙から見た日食の写真。
なんか地球に穴が空いたみたいですよね~。

次の金環日食が日本で見れるのは18年後の北海道らしいけど、
私が生きているうちに一般人がこうやって宇宙から
日食を見られる日が来るのかしら??


「世界のふくもの ~ 南インドで象の鼻息」更新しました!

May 19, 2012

アメリカ人が音で読んだ「1Q84」

何度かお仕事をしているアメリカの弁護士さん一行が
再び来日した時のこと。

移動中に雑談していたら、そのうちの1人が
「この間、村上春樹の『1Q84』読んだけど、面白かったわ~!」
とおっしゃる。

私は村上春樹が好きでほとんど読んでいるのですが、
実はこの「1Q84」だけはまだ。
なんかすごくブームになったので、それが落ち着いて
図書館で借りやすくなったら読もうと思いながら、それっきり。

村上春樹の本が各国語に翻訳されていて海外でも評判がいいとは
聞いているけど、あの独特な世界観、特にある時代を生きた日本人
だからこそわかるんじゃないかと思われる世界が、
どうして別言語で他の国の人が読んで共感できるのか疑問でもありました。

そこで彼女に、村上春樹のどこが好きかと聞いてみたら、
「不思議な世界観が好き」とのこと。
ガルシア・マルケスの「百年の孤独」も好きと言うので、
マルケスと同様のくくりに思っているのかしら。

それに、自分は何度も日本に来ているから、聞いたような地名や
知っている町が出てくると、とても親近感を持つのだとか。

彼女は、「1Q84」を音声本(と言うのかな?)で読んだそうです。
朗読者が本を朗読し、音声で聞いて読むやつ。

アメリカのAmazonでは、毎月定額で2~3冊好きな音声本を
選んで読むことができるサービスがあるそうです。
そしてその選択肢の中に「1Q84」があったから
先月読んでみたのだとか。

アメリカのAmazon、そんな商品も出してるんだ~。
調べたら、確かに洋書の音声本(オーディオブック)
品揃えは結構豊富。

これは盲とか難読症の人にありがたいサービスだろうなぁ。
でも彼女はバリバリの弁護士でそのどちらでもないので、
そんな彼女でもよく音で本を読むのか聞いてみました。

彼女曰く、

「字で本を読む時もあるけど、音で読む時もあるわ。
犬の散歩とか、ランニングしている時は音で読めた方が便利だし。
内容によって、字で読むより音で読んだ方がイメージがわきやすいのよ」

だそうです。

弁護士で、資料ばっかり目を通してるから、音の方が楽になることも
あるのかな~なんて思ったり。

そしてさらに彼女が言ったのは、

「『1Q84』は音で読んで正解だったわ。
朗読してる人がアジア系だと思うんだけど、あなたの声に似ていたの!
だからそれを聞きながらあなたのことを思いだして、
余計日本にいるような世界観を味わえたわ」

……あはは、私のことを思いだして下さってありがとうございます。

でもこれいいサービスだなぁ。
日本にはないですよね?商品化されないのかな?

May 18, 2012

「城田さちの世界のふくもの」スタート!!

ブログを全然更新できなかったのでこのご連絡できずにいましたが、
5月から別ブログとして「城田さちの世界のふくもの」がスタートしました!!

このブログが始まった経緯はあちらのページに詳しく
書いておりますが、イラストレーターの上大岡トメさんが隊長を務める
「ふくもの隊が行く!」の関連サイトです。
「ふくもの隊が行く!」のサイトリニューアルに伴ない、
私も新たに「ふくもの隊」としてブログを開始することにしました。

しかし、「ふくもの隊が行く!」で紹介されている
「幸せお届けします ふくもの」は幻冬舎から文庫化されるし、
「開運!神社さんぽ」は増刷が決まったとか。
すごいな~、やっぱり「ふく」というか、良いエネルギーが求められているのね。

私はというと、このブログでさえ最近滞り気味なので
どれだけ頻繁に更新できるか怪しくもありますが、
月に数回程度、私が出張ついでに各地でみつけた
「ふくもの」を紹介していきますね♪

こちらもどうぞよろしくお願いしまっす☆

May 16, 2012

すっごく久々のブログ更新

なんか、今までにないくらい久しぶりのブログ更新になってしまいました…。

GWは比較的のんびりとしていて、前半は相方の上司宅での
バーベキューのために茅ケ崎に行ったり、
久しぶりに会う同業の方々と飲茶ランチに行ったり、
後半はこれまた相方の実家の水戸に行ったりと、
ゆっくり充実した日々を過ごしておりました。

ところがそんな様子をアップする間もなくGW最終日から仕事が入り、
その後は怒涛の日々に突入。
ブログを更新するどころか、コメントの確認やFacebookなどのSNSを
見ることさえもしておりませんでした。

う~~ん、昔はどんなに忙しくてもブログ書いてたんですけどねぇ。
というか、ブログ書くのが息抜きみたいな感じだったので
ちょっとの合間でも何か書いていたし、それが楽しみの1つだったというか。

それが今回は、なんか息抜きにはウェブから離れちゃいましたね。
息抜きする時間もあまりなかったのは事実だけど、
仕事で調べ物したりウェブを見ていることが多かったので、
オフでは完全に離れたというか。

ウェブって、遠くの人や大勢の人と接することができる
貴重なツールではあるけれど、私にとってはやっぱり
「生」というか「リアル」な生活があってこそのウェブですからね。
ウェブにリアルを浸食されると、それはちょっと違うような感じがする。

これからはリアルな方に余裕ができそうなので、
またボチボチと、アップできなかった時に出会った物、
思ったことを書いて行きますね~。

Photo_2

写真は、水戸でお墓参りした時に道中でみつけたタンポポ。
この時期は、すっごくいっぱいタンポポがあったのですが、
考えてみたら綿毛満載のタンポポって久しぶりに見たかも。
改めて見るとタンポポって、ほんっと面白い植物ですよね。

この日は天気も良かったので、自転車で30分弱かけて
お墓参りに行きました。
おかあさん、相方、私と1列になって自転車こいでいるのを
後ろから見ていたら、なんかカルガモの一家を連想してしまいました☆

« April 2012 | Main | June 2012 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ