« April 2012 | Main | June 2012 »

May 31, 2012

谷根千(やねせん)巡りで「はん亭」へ

ちょっと日付を前後して書いて行くことになりますが、
義母と相方と3人で札幌・小樽旅行に行ってきました。

北海道出発前日は、水戸から上京してきた義母と、
東京で大学に通う姪っこちゃんと3人で
谷中・根津・千駄木(やねせん)めぐりをしました。
この近辺、いいですよね~。散歩していてとても楽しい。

しかも、当初の予定になかったのですが、
義母の御両親の眠るお寺に行ったらまだお参り可能だったので
(普段は5時で閉めるらしい)、お墓参りもできたし。

そして夕飯はこちら、「はん亭」という老舗の串揚げ屋さん。
建物は登録有形文化財にも指定されています。


Photo

以前、友達につれてきてもらって以来のお気に入り。
私、揚げ物って苦手なんですが、ここのは美味しく最後まで
食べられるんです。

店内は結構広く、本館(?)と蔵とあるんですが、
私達は前回と同じく本館の3階に案内されました。

Photo_2

店内もいい感じですよね。
しかも、角に座った私達の席からは、スカイツリーも見えて
なんかやっぱりテンション上がる。

Photo_3

今回、串揚げの写真を撮り忘れたので(わはは)、
これは前回行った時の物です。
すべておまかせで、こうして何串かずつ揚げてきてくれます。
前回とは内容が全然違い、何度行っても飽きません。

3人で食べながら、のんびりとおしゃべりもはずむ。
翌日の飛行機が早目だったので、
早々にお開きにすることにしましたが、
北海道旅行のいいプロローグになったかな?

May 19, 2012

アメリカ人が音で読んだ「1Q84」

何度かお仕事をしているアメリカの弁護士さん一行が
再び来日した時のこと。

移動中に雑談していたら、そのうちの1人が
「この間、村上春樹の『1Q84』読んだけど、面白かったわ~!」
とおっしゃる。

私は村上春樹が好きでほとんど読んでいるのですが、
実はこの「1Q84」だけはまだ。
なんかすごくブームになったので、それが落ち着いて
図書館で借りやすくなったら読もうと思いながら、それっきり。

村上春樹の本が各国語に翻訳されていて海外でも評判がいいとは
聞いているけど、あの独特な世界観、特にある時代を生きた日本人
だからこそわかるんじゃないかと思われる世界が、
どうして別言語で他の国の人が読んで共感できるのか疑問でもありました。

そこで彼女に、村上春樹のどこが好きかと聞いてみたら、
「不思議な世界観が好き」とのこと。
ガルシア・マルケスの「百年の孤独」も好きと言うので、
マルケスと同様のくくりに思っているのかしら。

それに、自分は何度も日本に来ているから、聞いたような地名や
知っている町が出てくると、とても親近感を持つのだとか。

彼女は、「1Q84」を音声本(と言うのかな?)で読んだそうです。
朗読者が本を朗読し、音声で聞いて読むやつ。

アメリカのAmazonでは、毎月定額で2~3冊好きな音声本を
選んで読むことができるサービスがあるそうです。
そしてその選択肢の中に「1Q84」があったから
先月読んでみたのだとか。

アメリカのAmazon、そんな商品も出してるんだ~。
調べたら、確かに洋書の音声本(オーディオブック)
品揃えは結構豊富。

これは盲とか難読症の人にありがたいサービスだろうなぁ。
でも彼女はバリバリの弁護士でそのどちらでもないので、
そんな彼女でもよく音で本を読むのか聞いてみました。

彼女曰く、

「字で本を読む時もあるけど、音で読む時もあるわ。
犬の散歩とか、ランニングしている時は音で読めた方が便利だし。
内容によって、字で読むより音で読んだ方がイメージがわきやすいのよ」

だそうです。

弁護士で、資料ばっかり目を通してるから、音の方が楽になることも
あるのかな~なんて思ったり。

そしてさらに彼女が言ったのは、

「『1Q84』は音で読んで正解だったわ。
朗読してる人がアジア系だと思うんだけど、あなたの声に似ていたの!
だからそれを聞きながらあなたのことを思いだして、
余計日本にいるような世界観を味わえたわ」

……あはは、私のことを思いだして下さってありがとうございます。

でもこれいいサービスだなぁ。
日本にはないですよね?商品化されないのかな?

May 16, 2012

すっごく久々のブログ更新

なんか、今までにないくらい久しぶりのブログ更新になってしまいました…。

GWは比較的のんびりとしていて、前半は相方の上司宅での
バーベキューのために茅ケ崎に行ったり、
久しぶりに会う同業の方々と飲茶ランチに行ったり、
後半はこれまた相方の実家の水戸に行ったりと、
ゆっくり充実した日々を過ごしておりました。

ところがそんな様子をアップする間もなくGW最終日から仕事が入り、
その後は怒涛の日々に突入。
ブログを更新するどころか、コメントの確認やFacebookなどのSNSを
見ることさえもしておりませんでした。

う~~ん、昔はどんなに忙しくてもブログ書いてたんですけどねぇ。
というか、ブログ書くのが息抜きみたいな感じだったので
ちょっとの合間でも何か書いていたし、それが楽しみの1つだったというか。

それが今回は、なんか息抜きにはウェブから離れちゃいましたね。
息抜きする時間もあまりなかったのは事実だけど、
仕事で調べ物したりウェブを見ていることが多かったので、
オフでは完全に離れたというか。

ウェブって、遠くの人や大勢の人と接することができる
貴重なツールではあるけれど、私にとってはやっぱり
「生」というか「リアル」な生活があってこそのウェブですからね。
ウェブにリアルを浸食されると、それはちょっと違うような感じがする。

これからはリアルな方に余裕ができそうなので、
またボチボチと、アップできなかった時に出会った物、
思ったことを書いて行きますね~。

Photo_2

写真は、水戸でお墓参りした時に道中でみつけたタンポポ。
この時期は、すっごくいっぱいタンポポがあったのですが、
考えてみたら綿毛満載のタンポポって久しぶりに見たかも。
改めて見るとタンポポって、ほんっと面白い植物ですよね。

この日は天気も良かったので、自転車で30分弱かけて
お墓参りに行きました。
おかあさん、相方、私と1列になって自転車こいでいるのを
後ろから見ていたら、なんかカルガモの一家を連想してしまいました☆

« April 2012 | Main | June 2012 »

February 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ