« May 2012 | Main | July 2012 »

June 30, 2012

土地との相性

ノルウェーネタを書いたまま時間がたってしまいましたが、
もう日本に帰ってきております。

途中、経由地のコペンハーゲンで飛行機が3時間遅れ、
6時間も待たされて帰ってきたので、
さすがに翌日は1日ぐったりでした。

それに、なんかいまいちベルゲンが肌に合わず、
「早く帰りたいな~」と思っていたので、余計日本までの
旅路が長く感じたのでしょう。

私がこう思ったのって、とても久しぶり。
大抵は、仕事でのんびり過ごせなかったから
もう1日くらい余計にいたいな~なんて思い、
時には自腹で延泊して帰ってきたりもするんですけどね。
それがベルゲンは「もういいかな」と思ってしまった。

みんないい人達で嫌な思いをしたことはないし、
仕事はハードながらも和気藹々と楽しくできたし、
可愛い街だったし、食事はバリエーションはあまり無かったけど
サーモンをメインとした海産物やパンは美味しかったし。

でも、何故か
「その場所が自分の中に入ってこない」
という感覚だったんですよね。

街の空気が自分の表面を素通りしていってるというか、
ふわふわと現実感がないような感じで、肌に馴染まない。

この感じを一緒に行った通訳2名に言ったら、
2人とも同じようなことを感じていたからびっくり。
お2人とも、海外旅行・出張の経験は豊富な方々です。

ということで、何故ベルゲンにはこう思うのか、
他の国や街と何が違うのかなど、あれこれ話しあっちゃいました。

物価が高くて気軽に食事や買い物できないから?
小さい街だからすでに飽きてしまったのか?
街が可愛いすぎてテーマパークで生活してるような感じだから?

Photo

こうして写真で見ると、とてもきれいな街なんですけどね。

色んな意見が出たのですが、どれもピンとこない。
すべての要因が混ざりあっているのでしょう。
そして結局、最後まで自分と街が交わることなく、その結果
「早く帰りたいな~」という気分が強くなってしまいました。

まぁ、こういう、「土地との相性」というのは存在します。
どうってことのない街でも、なんか居心地よく感じたり、
人と人に相性があるのと同じように、人と土地にもそれはある。

そして久しぶりに成田空港に降り立ったら、
色んなものがキラキラして見えました。
こういう感じも久しぶりでした。はは。

北欧とは違う空気を吸い、雲を見て、
建物や人の様子を見ていると、「日本だっ!」と
体の細胞が反応している感じ。

Photo_2

写真は、スカイライナーの車窓から見た景色。
「日本は美しいな~」と、ほうじ茶を飲みながら
しみじみ思いました。

しばらくは日本を堪能しよっと。

June 29, 2012

ノルウェーあれこれ

今回の滞在中は、ベルゲン在住の日本人女性が
ガイドやサポートをしてくれました。

なんでも、ベルゲンの人口は24万人で、
ここで暮らしている日本人の数は、男性4人、女性13人だとか。
私が色々お話を聞いた方も、ノルウェーに住んで20年、
ベルゲンに移ってから16年とのことでした。

その方にまず聞いてみたのは、

「ノルウェーの人達もこの物価は高いと思ってるんですか?
それとも『こんなもん』と思って暮らしているんでしょうか。
年収っていくらぐらいなんですか?」

ということ。そして平均年収を計算して下さったところ、
日本円で約700万円弱とのこと。しかも、今の円高レートで
計算してのことなので、ちょっと前の1クローネ20円台で
計算したら800~900万はいくとのではないかしら。

それにノルウェーは共働きが多いので、夫婦で働いていたら
世帯年収は1500万ぐらい行くということか。
収入によって率は違うものの、40%は税金で取られたとしても
これならこの物価でも暮らしていけるのかな。

「人は何故貯蓄をするか」ということを考えると、
教育費とか老後とか、「将来の不安」があるから。
でも、教育費も医療費もタダなら、
貯蓄する必要はさほどないわけで。

しかも今のノルウェー、結構景気がいいようで、その方曰く
「バブル前の日本の状態が何年も続いている感じ」
とのこと。

何故にそんなに景気がいいのか聞いたら、
ノルウェーは石油がとれるのだとか。
なるほど、オイルマネーか~~。

ノルウェーの福祉は、国民の税金、毎年人口の数倍は訪れる
外国人が落とす消費税、そしてオイルマネーによって
支えられているのか。

でも実は、この話を聞くまで、ノルウェーの景気がいいなんて
思いませんでした。というのも、なんか皆さん、地味なんですよね。

景気がいいことによる華やかさというのがなく、
なんか地味に質素に暮らしているという感じをうける。
首都のオスロに行けばまた違うのかもしれませんが。

そんな話を聞きながらあれこれ考えていたら、以前ノルウェー出身の
料理研究家の通訳をした時のことを思いだしました。
彼は拠点をノルウェーから、ヨーロッパの他の国に移して
活動していました。

というのも、ノルウェーでは稼げば稼ぐほど税金で
持っていかれる仕組みなので、彼のように本を出したり
テレビに出たり稼いでしまうと、そこまでがんばらない人より
手取りが少なくなってしまうのだとか。

「それで、ノルウェー人で稼げる人は外国に移り、
そこまで働けない・働こうと思わない人だけが国に
残るんだよ」などと言っていたのを思い出しました。

それに、子どもがいたら国から補助金が支払われ、
数が多ければ多いほどもらえるから、母親は働くより
働かない方が得られるお金が多くなるとか。

そうなると労働意欲とか仕事で自己実現したいという
欲求も無くなってしまうのだろうか。

私が聞いた情報はほんの少しですが、
なんかいろんなことを考えさせられたのでした。


Photo

June 28, 2012

怖ろしきノルウェーの物価

それにしてもノルウェーは、半端なく物価が高い。
ノルウェーに着く前、コペンハーゲンの空港でも
物価の高さにびっくりしましたが、その驚きはベルゲンに来ても
変わらないままでした。

だって、500mlの水が1本24クローネとかする。
1クローネは約15円。ということは、1本360円!!
マクドナルドのセットだって、安いので70クローネだから、
1000円越えてます。

着いて2日目、港に出てる屋台で、フィッシュ・アンド・チップスを
食べてみました。

Photo

これでなんと140クローネ、約2100円!!信じれん。
生ビールだって、600mlで1杯100クローネ(約1500円!)
しましたからね。本当にハンパないです。

円高の今でもこの金額ですからね。
ちょっと前、ここまで円が強くなかった時は、1クローネ=20円
くらいだったそうなので、日本人にはもっと高かったわけです。

今回は仕事で来ていて、朝食はホテルだし、昼食は会議場で出るから
出費は夕飯だけでいいけど、普通に観光に来てたら大変です。
それなのに、ベルゲンはかなり観光客が多い。
日本人でさえキツイんだから、他の国の人達はもっとじゃないか??

おかげで、買ってきた水もチビチビ飲んだり、レストランに行くと
金額をガン見して注文したり、コーヒーも会議場で飲むようにしたり、
みみっちく過ごしています。

ここ何年か、欧米に行っても円高の恩恵を受けていたから、
すっごく久しぶりにここまでの物価の高さの中に身を置きました。

日本でも何かと話題の消費税、こちらでは25%もかかり、
それはノルウェー国民の福祉のために使われているとしても、
外国人旅行者の私達には何の恩恵もないですもんねぇ。

特に何を買ったというわけでもないのに、お金がどんどん消えてゆく。
ノルウェー、怖すぎ……。

June 26, 2012

ノルウェー、ベルゲン ~ 23時の虹

ということで、今度はノルウェーのベルゲンという街に来ています。
ノルウェーはスカンジナビア半島の一番左側(西側)で、
ベルゲンはその中でも左端にある街です。

スカンジナビア半島には初上陸。
まずはデンマークのコペンハーゲンまで飛び、
5時間待ってベルゲンへ。家を出てからホテルに着くまで
24時間かかりました……。着いたらさすがにぐったり。

でも、ベルゲンの空港を出たら、見事な虹が迎えてくれました。

Photo

しかもこれ、夜の11時です。
夏の北欧はなかなか太陽が沈まない。

人間、明るいとなかなか「寝よう」というモードに
ならないんですよね。
でも、体は疲れるわけですから、体内時計というか
バランスが乱れ気味。

台湾での体調不良はちゃんと回復したのだから、
余計な不調をひきおこさないようにしないと。

Photo_2

写真はベルゲンの街並み。
なんか御伽噺の世界みたいに可愛いです。

ベルゲンは「1年のうち400日間雨が降る」と言われるくらい
雨の多い街だそうなんですが、今回はお天気に恵まれています。
会議の休憩時間や会議後など、散歩するのが気持ちいい!!
とても救われる気分になります。

June 22, 2012

台湾に行ってきました

実際に会議が始まったらバタバタ&ヘトヘトで、
更には冷房攻撃で体調を崩してしまったので
全然更新できませんでしたが、台湾に行っておりました。

去年の12月にも台湾に行ったのですが、
あれは今回の準備会議だったんですね。

やっぱり台湾は良かったです。
羽田からすぐ行けるし、台北市内のアクセスもいいし、
食事は美味しいし、人もフレンドリー。

色々と面白い話も沢山あったのですが、
実は台湾から帰ってきたものの、2日間ほど日本にいて
すぐまた別の出張に行くため、その準備でバッタバタ。
なのでちょっとだけ。

Photo_2

お約束の小籠包。
友人に教えてもらった、濟南鮮湯包
ここは本当に何食べても美味しく、安かった!

Photo_3

この蒸しキャベツの上に乗ってる丸いの、ひよこ豆かと思って食べたら、
中に種がある。その爽やかな味わいや形状から梅かと思ったのですが、
メニューに書いてある漢字を見て調べてみると、「破布子(はぶし)」
という植物で、子宮や消化、解毒にいいとか。へ~~。

このキャベツもかかってるソースが違うのか、
シンプルだけど後ひく美味しさで、一緒に行ったパートナーの
Hちゃんと2人で結構はまってしまいました。

それでは台湾の思い出に浸る間もなく
また次の旅にいってきます!

June 14, 2012

そして次の旅へ

のんびりと北海道旅行の記事を書いておりましたが、
その実、帰ってきた翌日から仕事があり、
10日過ぎからは6月後半の出張の準備で
かなりバタバタしておりました。

次々送られてくる資料に目を通しながら別件の処理もし、
掃除、クリーニング、そして出張前恒例の冷蔵庫の在庫整理。

うちは野菜のストックが多いので(というか、
買っても一度で使い切れないし)
野菜室の中身を見て献立を組み立てる。

出発5日前
アスパラツブ貝バター炒め、手羽先煮、
レタスとペッパーハムサラダ、北海道の海鮮レトルトスープ

4日前
茄子と鳥肉のオイスターソース炒め、トマト胡麻ドレ、
手羽先の煮汁で大根と厚揚げ煮、小松菜の味噌汁

3日前
豚肉とキャベツの蒸し煮おろしポン酢、アスパラトマトサラダ、
シシトウとジャコの味噌炒め、豆腐の中華スープ

2日前
レタスとトマトと牛肉炒め、じゃがいもきんぴらバジル風味、
小松菜のお浸し、とろろ昆布味噌汁

同じ野菜を何度も使ってるのがわかりますね。ははは。
残ってる野菜でレシピ検査して作ったので、
初めて作ったのもあります。
これはこれでレパートリー増えていいかも。

ヨーグルトや豆乳なども飲みきり、冷蔵庫の中はスッキリ。
きれいに食材がなくなったので、出発前夜は相方と近所で外食。

ということで、小樽が終わったばかりですが、
また次の旅の話が始まります。

June 05, 2012

旅行の〆は小樽運河

最後の日は、駅のコインロッカーに荷物を預けると、
朝から小樽散策。

Photo

小樽に来たら、お約束の1枚。

小樽運河ってもっと長いのかと思ったら、
観光スポットとしては短いのね。

古く趣きのある建物を改造したカフェやガラス製品の店や
キャンドル屋などが並び、すごく若い女性狙いな感じ。

そんな中、健康が気になるお年頃の私達は、
昆布商品を大人買いしてしまいました。ははは。
ふりかけやツマミや出汁やお茶や、どれも味見したら
美味しかったんだも~ん。

朝食は食べずに出てきたので、散歩しながら
コロッケや焼きとうもろこしや、美味しそうな物を買い食い。

コロッケ屋の前のイスに座って食べていたら、
なんとすずめが寄ってきました。
これが結構近くまで来るので、試しにパン粉部分をパラッと
地面に落としたら、素早い動作で食べに来た!!

Photo_3

こんなに近くまで来てエサを食べるスズメなんて初めてみました。
随分人に慣れてるのね。

Photo_2

こちらは、「かま栄」というかまぼこ屋さんが経営している
ファストフード店「ラ・カンパネラ」で買った、パンロールチーズ。

その名の通り、かまぼこを食パンでくるんで揚げてあり、
その上にチーズをトッピングしてあります。

「かまぼこのパンロールってどんなん??」と思って揚げたてを
食べてみたら、これが美味しい!!

タイ料理に、シュリンプトーストという海老のすり身を
パンに乗せて揚げた料理があるんですが、そんな感じ。
外はカリっと、中はやわらかく、
これで220円(ぐらい)というのいいかも。

そして最後、小樽を発つ前に最後のお食事。

Photo_4

軽くつまむつもりで「和楽」という回転寿司屋さんに入ったら、
やはりどれも美味しく、ついつい写真も忘れて食べちゃいました。

義母と夫と3人で旅行というと、結構驚かれたりもするのですが、
フツーにとっても(と言うと変ですが)楽しいんですよね。

この3人で茨城県の袋田の滝も行き、石垣島ではカヤックで
洞窟探検にも行き、結構色々やっております。
今回も、かなり楽しく密度の来い2泊3日でした。

さ~て、次はどこに行こうかな?

June 04, 2012

「聖徳太子」で小樽の夜

今回泊まったのは、グランドパーク小樽という、
小樽駅から2駅の小樽築港という所にあるホテル。

運河に近い宿の方がいいかな~とも思ったのですが、
小樽の夜は早いと聞いていたので、部屋でゆっくりできるような所が
いいと思いここに決めたら、これがヒットでした。

広さや設備といい、「え、この値段でいいの?」と満足度大。
小樽から離れてるとはいえ、電車もあるしタクシーでも千円前後。
部屋の窓からはマリーナが見下ろせました。

Photo

なんか窓際のイスに座って、この景色をぼーっと見ていたくなります。

夕飯をどうしようかと思ったものの、
結局知人に教えてもらった「聖徳太子」という居酒屋にしました。

小樽に来たからお寿司かなとも思ったのですが、お昼に海鮮丼を
食べてるし、生ものだけでなく炒め物とか焼き物も食べたい。
それなら海鮮だけでなく色々食べれる居酒屋かなと思って。

実はここ、最初電話で予約した時、こちらの名前を聞かずに
電話を切るなど「大丈夫なんか??」という対応だったので、
若干不安を感じておりました。
店のそばに行ってみたら、なんかひっそりとしていたし
(これは日曜の飲み屋街だからいたしかたないのですが)。

でも、お店に入ってお通しのふきの煮つけを食べたら、
これが結構いい感じ。
「お、これはいけるかも?」と、あれこれ注文してみたら、
これがどれも美味し買った!!

Photo_2

お約束の刺身盛り合わせ。
やはり小樽だけあって、魚が美味しい!!つぶ貝コリコリ!!
これで2800円は安いです。

その他、うどの天ぷらとかザンギとか揚げ物を頼んだら、
これがさっくりカリっとすごく上手に揚がっている。
ラーメンサラダの麺もドレッシングもとても美味しかったし。

Photo_3

こちらは「八角」というお魚の開き。
初めて食べましたが、脂がのりのりで、皮はめっちゃ固い。
この表面のぎざぎざした感じから、
「八角」という名前がついているそうな。

こうして、旅先でいい居酒屋に出会えるのは嬉しい。
「期限ないですから」とスタンプカードをもらったし、
また行かなければ~。

June 03, 2012

積丹半島ドライブ

なんかまたバタバタと忙しくなってきましたが、
さくさくっと旅行記をアップしていきます。

北海道旅行2日目は、早々にホテルをチェックアウトすると
電車で小樽へ。

Photo

こうして海沿いを走るのって、とても気持ちいい。
この日もぴーかんのお天気で、海がとてもきれいでした。

小樽に着くと、早速車を借りて積丹半島までドライブ。
車でもずっと海沿いの道を走ったのですが、
こちらはなんかやたらとトンネルが多くて、期待したほど
「海を満喫するドライブ」にはならなかったなぁ。

でも、所々見える海や内陸の景色を楽しみ、
最初の目的地「お食事処 みさき」でランチ。

Photo_2

相方が頼んだ、うにいくら丼。
ここはうにが有名らしく、教えてくれた友人は北海道に来ると
毎回ここまで車飛ばして来るのだとか。

義母はイカも乗った海鮮丼、私はお刺身とか鍋とか盛り沢山な
定食にしました。どれも美味しかった!

食後は、「日本の渚百選」にも選ばれたという島武意海岸へ。
狭くて暗い(ランプも何もない!)洞窟を抜けると、そこは絶景。

Photo_3

景色もきれいでしたが、「静けさ」も印象に残りました。
私達の他にも何人か観光客いておしゃべりしているのですが、
声が空に吸い込まれていくのか、すごく静けさを感じました。

それはこの後行った神威岬でもそうでした。

Photo_4

こういう景色って、天気にとっても左右されますからね。
そういう意味では、本当に恵まれた旅でした。

それにしても今回改めてびっくりしたのは、義母の元気さ。
島武意海岸でも、その上にある展望台まで一緒にのぼっていったし、
神威岬も一番高い展望台まで歩いて行きましたからね。
もう喜寿だというのに、すごすぎです。

積丹半島の自然を堪能した後は、余市に戻って
ニッカウイスキーの工場も見学。

Photo

体調が万全ではないという相方が余市から先の運転を
引き受けてくれたので、私が責任を持ってテイスティング。
左から、「鶴17年」、アップルワイン、「余市10年」。

当然、全部なんて飲めないので、香りと味を少し見ただけです。
どれも美味しかったですが、アップルワインがツボに入りました。

余市の工場も自然豊かでいい感じだったし、
この日は北海道の自然を存分に満喫できました。
1日小樽でのんびりしてようかと思ったけど、
やっぱりドライブに出て良かったなぁ。

June 02, 2012

「BAR 一慶」にてススキノの夜

食後の札幌観光は、まずは羊ケ丘公園に行き、
大通公園に戻ってきてから、時計台、赤れんが庁舎と見ながら
ホテルに帰るというルート。

今回の旅行は本当に天気に恵まれ、この日も散歩していて
とても気持ちよかったです。

Photo

羊ケ丘公園も、雲1つない青空。写真は、奥の方にある庭。
やはり東京とは光の射し方が違うのか、
緑も花もとてもビビッドにクリアーに見えて綺麗でした。

意外に面白かったのが時計台。
「実際に見るとガッカリする観光スポット」の上位にあげられることから
9月に来た時はスルーしちゃったのですが、
実際に行ってみると、中の展示とか結構面白かったです。
札幌行くならやはり一度は行ってみるといいかも。

夜はジンギスカンにしようと思い、有名どこの「だるま」とか
「さっぽろ」とか考えたのですが、並ばないといけないし、
義母も別に「がっつりジンギスカン食べたい」というわけでもないので、
雰囲気も楽しめる、前回も行った「サッポロビール園」にしました。

しかし、行ってみたらここもまさかの満席で順番待ち!!
幸い、そんなに待たずに入れましたが、あんなに広いのに
いっぱいだなんて。みんなそんなにジンギスカン好きなのか?!

Photo_2

でも、やっぱり北海道で食べるジンギスカンは美味しい。

のんびり食事を終えても、時間はまだ早目。
実は今回、札幌で行ってみたいお店があった私は、
義母が疲れてるなら一度ホテルに帰ってもいいし……と思いながら、
「おかーさん、一緒にバーなんて行ってみます?」と聞いてみたら、
「そんなとこ行ったことないから行ってみたいわ」とのこと。
ということで、食後はビール園からタクシーでススキノへ向かいました。

行き先は、「BAR 一慶」
去年の秋の「ダ・ヴィンチ」という雑誌で、「探偵はBarにいる」の
著者・東直己と大泉洋がこのバーで対談していたんですね。
その時見た店の感じが良さそうだったから、「これはぜひまた札幌に
行くことがあったら行ってみたい!」と思っていたんですよ。

こちらのバー、雑居ビルの2階の奥まったところにあり、
前を通りかかってふらっと入るという場所ではありません。
実際私も迷ってしまい、店に電話して教えてもらいました。

値段の検討がつかなかったのですが、店の入口には
「ノー・チャージ」の文字。それでちょっと安心しました。

中はとても落ち着いた感じのいい雰囲気。
ドリンクメニューはないということで、義母には軽めのオリジナル
カクテルをお願いし、私は東直己のススキノ探偵シリーズで
主人公がよく飲んでいる「サウダージ」というカクテルを
お願いしました。

Photo_3

注文した時、バーテンダーさんが
「結構強いですけど大丈夫ですか?」と聞いてきたように、
本当にかなり強かったです。まぁ、ジンとティオペペとビタースを
合わせたものですからね。水で薄めながら飲みましたです。

義母は初めてバーという場所に来て、目の前でバーテンダーが
シェーカーを振っているのを見て、とても楽しんでいた模様。
「こういう所で飲んだなんて言ったら、みんなビックリしちゃうわ~」と
嬉しそうに言ってくれました。
疲れてるかなと思ったけど、喜んでくれてよかった。

こうして、義母と相方と3人で、ススキノのバーでカクテルを
飲みながら、1日目の夜は静かにふけていったのでした。

June 01, 2012

札幌1食目・浜チャンポン

お正月頃から義母と、6月頃北海道に旅行しましょうよと
話していたのですが、一口に北海道と言ってもとても広い。

どの地域もとても魅力的ではあったのだけど、
2泊3日と短いから、あまり慌しくても疲れるし
どこかさっくり行って楽しめる所……と思って考えた結果、
札幌・小樽にしました。

旅行1日目、まずは札幌巡り。
札幌駅近くの宿にしたので、昼頃札幌に到着すると、
ホテルに荷物を置いて早速昼食。

お昼はラーメンにしようと決めていたのですが、
探したり並んだりするのに時間をとられたくなかったので、
「札幌ら~めん共和国」に行ってみました。

どこがいいのかと目移りしましたが、すぐに入れそうだったので
(私以上に相方は並んでまで食べるのが嫌い)
「長万部三八飯店 浜チャンポン」にしました。

Photo

義母が頼んだ、名物の浜チャンポン。
はい、とってもインパクトのあるラーメンです。

ちょっと見えずらいですが、奥には茹でたイカが一杯丸々入っていて
切るためのハサミも持ってきてくれました。
これで850円は安い!

これ、すごく磯の香りが楽しめたし、相方が頼んだシンプルな
塩ラーメンも、私が頼んだあんかけ焼きそばもどれも
美味しかったです。

実はこの店、ら~めん共和国の中では一番客が
入ってなさそうだったのでちょっと心配したのですが、よかったよかった。
まぁ、一番並んでいたのが「せたが屋」という東京の環七沿いから来た
ラーメン屋さんだったもんね。珍しい方に流れるのでしょう。
私達にはこのお店の方が珍しかったのですが。

お腹いっぱいになった私達は、地下の食料品売り場に行き、
どういったものが売っているか物色。
場所が変わると売ってる物も変わって面白い。

お魚売場に並んでいる商品、どれも新鮮で大きくて安くて
めっちゃ羨ましい!
ああ、自分の家の近くでこういう商品がすぐ買えたら
幸せだろうなぁ……。

Photo_3

写真は、「タコマンマ」というヤナギダコの卵巣。
初めて見ました。こういうのが普通に売ってるなんて、
さすが北海道。

« May 2012 | Main | July 2012 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ