« August 2012 | Main | October 2012 »

September 26, 2012

バースデープレゼントの石垣旅行

バタバタしてたらあっという間に終わってしまった9月。
仕事であちこち行きましたが、そのスケジュールをぬって
石垣島にも行ってきました。

相方が8月は全然夏休みがとれなかったので、
彼の遅ればせながらの夏休みというのと、
これまた遅ればせながらの
相方から私への誕生日プレゼントということで。

うちは基本的に出費は折半なので、
旅行に行くときもお互い自分の分を出しております。
なので、タダで石垣島に行けるなんて本当に嬉しい!!
最高のプレゼントだわ~と、かなりテンションが上がりました。

実はこの頃は台風が沖縄に来ていたのですが、
その前にぎりぎりセーフで石垣入り。
そして台風は本島に向かったので石垣からはそれて、
風がとても強かったものの色々島を楽しめました。

「沖縄に台風」というと、石垣島も大変だったんじゃないかと
心配されましたが、本島と石垣って名古屋-東京間以上に
離れてるんですよね。なので、私がいた時に来た台風では
石垣はほとんど被害はありませんでした。

Photo_4


強風のためフェリーが出るのか危ぶまれましたが、
竹富島にも行けました(この翌日は強風のため全便欠航)。
風が強いので雲が流れて、青空がとてもきれい。

Photo_2

海で遊んでいたら、ここ最近で一番大きなヤドガリ発見。
浅瀬でも結構魚がいるし、八重山はあちこちに色んな生き物がいます。

お昼を食べようと思ったら、ぱらぱらと通り雨が降ってきたので、
目についたお店に飛びこみました。

Photo_5

あまり期待していなかったのですが(失礼!)、そば美味しかった~。
特にカレーそばがスパイス効いてて美味しくて、
ライスも頼んで最後はカレー雑炊にしちゃったくらい。

「しだめー館」という名前の店だったので、
「しだめーってどういう意味ですか?」と聞いたら、
「カタツムリ」という意味だとか。
よくよく店内を見たら、あちこちにカタツムリのイラストがある。

バイト君いわく、

「店主が戦時中、カタツムリを食べて生きながらえたので、
その感謝の気持ちを忘れないということでつけたんです」

それを聞いて「なるほど~、素晴らしい」と感心した素振りを見せたけど、
店を出たら爆笑しちゃいました。
だって、すごすぎ&おもしろすぎ~っ!!

Photo

こちらはここ最近石垣島でよく泊まる、ヴィラ・ヤマバレの食堂。
ここは本当にオシャレでのんびり過ごせるし、山原地区に住んでる
友人達と会うのに便もいいので気に入ってます。
窓から見える景色もとてもきれい。
こういうとこに1週間滞在したい……。


Photo_3

石垣ではいつもあっという間に時間が過ぎていきますが、
とっても充電できました。無理くり時間作ってよかった!

この石垣空港も、私が使うのは今回が最後かな?
来年の3月からは新空港になります。
小さくてアットホームで結構好きだったんですけどね。
色んな思いを抱えて、ここに降り立ち、飛び立ちました。

新しい空港になったらまた来るからね~!!
(とゆーか、その前にまた行ったりして……)

September 23, 2012

ドキドキの乳癌検診結果

先日、帰宅するとポストに乳癌検診を受けたセンターからの郵便と
区の保健所から何やら封書が届いていました。

ああ、検査結果が届いたんだなと思って開けてみると、いきなり

「再検査・精密検査のご案内」

の文字が飛び込んでくる。

Photo

え、うそ、まさか乳癌みつかったの?!
保健所からの封筒にもよく見ると「受診券在住」ってある、
ということは、これは再検査の受診券?!?!

と慌てて保健所からの封書も開き、
健診センターからの封筒の中身も再確認しました。

何かの案内みたいな紙は色々入ってるけど、
検査結果はどこだ~~?!と思って探すと、
中に一枚青く複写された文字が書かれた紙がみつかり、
その一番したにこのように小さな○がついていました。

Photo_2

……え?これ、「精密検査不要」って書いてあるよね?
不要だよね??検査結果報告ってこれだけ??
と裏表ひっくり返して確認しちゃいました。

どうも、「再検査・精密検査のご案内」は
結果に関わらず全員に同封しているらしい。
そして、保健所から送られてきた受診券は、
来ると思っていなかった眼科検診(緑内障)の受診券だった…。

ぐあ~~、紛らわしいんじゃい!!!

一番最初にこれが目に入ったから、本当にかなりドキっとしたぞ!!
こういう案内は、再検査が必要な人にだけ送ってくれ!!

これが今年の検査の最後の結果だったので、
すべて異常がないことが判明。

あ~よかった……。

September 20, 2012

「悪い結果」を事前に考えておく

ちょっと前に、「五体不満足」の著者・乙武洋匡氏がニュース番組で
イジメのことについて語っていました。
杉並区の小学校に任期つき教員として勤務していた乙武氏は、

「いじめというのはどこにでもある。それを無いもの、
あっちゃいけないものとして考えるから、隠そうとする。
どこにでも絶対あるものだという前提で、どう対処するか考えるべき」

というようなことを言っていて(私の記憶)、
なるほど~と思ったものです。

乙武氏が言ってることって、本当に当り前なんですよね。
でも、今の日本の社会って、
「悪いこと=あってはいけない=無いこととする=あった場合は隠す」
ということがとても多いように思います。

「無い」ことを前提とするから、おこった時の対応を考えない。
おこった時の対応を考えること自体、おこることを前提としているから
「縁起が悪い」「それ以前におこらないように努力しろ」と言われたり。

おこらないようにすることは当り前ですが、
人間の力には限界があるのだから、「それでもおこる」ことは
考えておかなければなりません。

これって、イジメだけでなく、原発事故もそうだったんじゃないかと
思います。「事故はおこるはずがないもの」とされていたから、
「おこった時はどうするか」なんてことは考えてはいけなかったような。
だからその対応も後手にまわり。

最近、東京新聞で、「イラク帰還退院、25人自殺」という
ショッキングな記事を読みました。

これを読んだ時に、上記の乙武氏の言葉を思い出しました。
自衛隊員がイラクへの派遣でPTSDになって自殺したなんて
「あってはいけない」から、そんなこと無いようにしているような。

これが「こういうことはある」ということになったら、
自衛隊の海外派遣にも影響が出るだろうし、保証の問題もあるし、
「PTSDになるなんて心が弱い」と認めたくないというのもあるのかも。

でも、「そういうことがある」ということを前提として対応を考えないと、
当然なり手もなくなるし、無理や限界が出てきます。

何かがおこったとき、「どうしたらそれを無くせるか」というだけでなく、
「どう対応するか」を事前に考えておくことは、「縁起が悪い」ことでも
「既存のシステムを批判」することでもなく、
しごくまっとうなことだと思います。

走りだした飛行機の中で、事故の際の脱出の仕方やライフジャケットの
着用方法を教えることを、「縁起が悪い」「事故があることを
前提としているなんてふざけてる」と思わないようにね。

September 18, 2012

こういう時だから、平和を唱える

本当は香港のこと、もう少し書きたかったんですけどね、
なんか日中関係が微妙になっていたので、
どう書いたもんかな~と考えていたら時間がたってしまいました。

別にものすごい政治的な意見を述べようとしていたわけじゃなく、
単に香港で見つけた・聞いた面白ネタを書こうかと思っていたんですよ。
でも、平常時なら「中国・なんちゃって話」も軽いピリ辛ジョークに
なるけど、微妙な状態の中で書くとちょっと攻撃的になってしまう。

同じことを言う・書くにしても、状況によって全然違っちゃいますからね。
私は別に自分のブログで誰かを攻撃しようという気は全然ありません。

私はどちらかというと、こういう時だからこそ自分が実際に会う
中国・韓国の方々にはとても丁寧・友好的に接するように心がけています。
だって、「その人」が私に何かをしたわけでは決してないし、
「平和」を唱えるなら、まずは自分の周りから実践しなければ。

こういう状況になって何を寝ぼけたことを言ってる、
日本人は平和呆けしてるんだ、もっと危機感を持て、
と言う人もいるかもしれません。でも、こういう時だからこそ
「日中友好」「日韓友好」を唱えないでどうするんでしょう??

平和な時に「平和って大事だよ」と言うことは簡単にできます。
でも、「平和は大事だ」と言うことが真に価値を持つのは、
そこに微妙な空気が流れた時に唱えてこそじゃないのかな?

そんなことを思っていたら、上大岡トメさん
WORLD ORDER の映像を教えてもらいました。

WORLD ORDERって、元格闘家の須藤元気氏がプロデュースしてる
ダンスグループ(?)なんですが、その世界観に魅了され、
以前から結構好きでした。

しかし須藤元気、格闘家としても自分の世界を築いて、
引退後は全然違うことでまた世界を作るって、すごいな~。
まぁ、格闘家として体を作ってたからこういうダンスもできるのだろうけど。

なかなか素晴らしい映像だと思います。
コメント欄に書かれている英語のコメントも結構読んでて面白いです。
映像はこちら

Photo

そして写真はワイングラスに映る香港の夜景。
すでにFacebookには載せていたのですが、
記録のためにこちらにも。

アジアの平和のために、乾杯。

September 15, 2012

ANAのお楽しみ~英語字幕付の邦画

ANAで海外に行く時に、結構楽しみにしているのが
機内で邦画を見ること。

国際線なので英語字幕がつくんですが、これが結構うまいんですよね~。
見てると、「なるほど~、こう訳すか!」と勉強になる。
ついついペンとメモを取り出し、一時停止しながら書き出してしまいます。

最新の洋画もやってるんですが、そういうのは日本国内でも見れるけど、
英語字幕つきの邦画はほとんど売ってないからそうそう見れない。

それに私、誰がやっているのかは知りませんが、
ANAに納品している会社の字幕が好きなんですよ。
以前JALで字幕付き邦画を見ましたが、その時はそんなに
感心することはありませんでした。でも、ANAの英語字幕は
「うまいな~」と思う頻度が高い。

もし仮にどこかの会社が同じ映画を別途英語字幕をつけた邦画DVDを
売り出したとしても、字幕にも著作権あるだろうから、
その時はまた違う人(会社)が字幕を作ることになるでしょう。

なので、ANAの英語字幕は乗ってる時だけしか見れない
かなり貴重なものなのです。

今回の香港出張では、行きは「宇宙兄弟」、帰りは「テルマエロマエ」を見ました。
どちらも原作はとっても大好きなんですが、映画は見ていませんでした。
映画自体も良かったけど、やはり字幕もとても参考になりました。
一粒で2度美味しい。

ANAの英語字幕付邦画シリーズ、DVDで売ってたら絶対買うのになぁ。
そうすれば外国人にもっと日本映画を見てもらえるし、
英語を勉強してる日本人にとってもいい教材になると思うんだけど。

September 11, 2012

気のいい中国人を思い出す

私が香港に行く前から日中関係が何やら微妙な感じになってきており、
正直行くことを若干心配もしましたが、何の問題もなく帰ってきました。
とりあえず私が滞在していた範囲では、不穏なことはなく、
日本料理店にも人がいっぱいいて穏やかでしたね。

奥さんが香港人で香港在住10数年の方に話を聞いたところ、
香港ではその当時は(ここで「その当時」というのは、
私の帰国後また中国国内でデモが激しくなったから)
尖閣問題にはあまり関心が向いてない模様。

それ以上に、学校教育に「愛国教育」(中国への愛国心を
植え付ける教育)を導入することへの反発運動が大きく、
その件でデモをやったり庁舎を取り囲んだりしていたので、
そちらの方が重要問題として受け取られていたのだとか。

でも、香港の活動家10人が魚釣島に上陸したじゃないですかと
聞いてみると、あの人たちは反中国政府派の人達で、
「中国政府は無力で何もできないけど、俺達にはできるぞ」
というのをアピールするためにやったのだとか。

「なので、あれは『国際問題』というより『国内問題』なんですよ」と
言われて、なるほど~。
やはり物事は色んな面から情報を集めるようにしないと
ダメだなとしみじみ思いました。

今回の中国国内でのデモ・暴動も、反日というだけでなく
「富裕層への不満・反感」が色濃く感じられる。
色々話を聞いていると、反ブルジョワを掲げた文化大革命を
思い出させるとこもあるし(実際、毛沢東の写真を掲げてる人もいる)。

暴徒による破壊活動の映像だけが流されると
中国人全員がやってるかのように思われるけど、
あそこまで暴力的行為を行うことに反発する中国人も多く。

群衆心理、そして刷り込みは怖い。
私たちも、毎日テレビ見て「中国人はみんな怖い」と思うのでなく、
こういう時こそ、個人的に知っている、仲のいい、
気のいい中国人・中国系の人達を思い出さないとね。

September 08, 2012

バーコードで簡単に海外へ

最近、本当に海外への移動が楽になったと思います。
羽田が使えるようになっただけでなく、成田へも京成線で
とても速く行けるようになったし、何より日本の航空会社で
マイレージ会員になっていると、事前にウェブチェックインして
2次元バーコードをダウンロードすればそれでおしまい。

今回も香港行くのにANAを使ったのと、預ける荷物もなかったので
(南国に4泊ぐらいまでの出張なら、基本的に手荷物だけでOK。
寒いとこだと洋服が増える・かさばるのできついけど)、
スマホにバーコードをダウンロードしていた私は、
空港でカウンターに並ぶことなくそのまま荷物検査へ。

本当に何もプリントアウトせずに大丈夫なのかなと思ったけど、
要所要所でスマホの画面を見せたり、ピッと画面をかざすだけ。
国内線どころか電車に乗るのとほとんど同じ感覚。
出国審査でも、パスポートとスマホを渡すだけでしたからね。

香港でもANAはダウンロードしたバーコードだけで荷物検査も
出国審査もOKだったので、結局今回の旅では1枚も
紙が出てくることがありませんでした。

これだと、1時間前には空港に着いてれば大丈夫そうなので、
本当に楽。技術の発展はすごいなぁ。

まぁ、国によってはセキュリティの面からチェックが厳しく
カウンターで搭乗券をもらわないといけないところも
まだまだあるだろうけど、時代はこういう風になっていくのね。

こうして海外に行くのもどんどん簡単になり、
世界もさらに狭くなっていくのでしょう。
争ってる場合じゃないと思うな。

September 06, 2012

さらば夏休み

今年の8月はここ数年なかったくらいのんびりしていました。
7月までがやたらと忙しかったし、とにかく暑いから
8月はのんびりしたいな~と思っていたので、仕事が切れたことに
「わ~い、久しぶりの夏休みだ!」と喜んでいた私。

とは言っても、完全に何もないわけでもなく、
ぽつぽつと入ってた他、9月以降がまた忙しいから
その連絡・調整をしたりなんだかんだやっていました。

これで9月以降も全然入ってなかったら
のんきに「夏休み」だなんて言ってられなかったのですが、
9月以降がこれまた忙しくなりそうだったので、
8月の仕事のなさを「休み」として認識できたというか。

「休み」を満喫するためにも、やはり仕事は重要というわけで。

とは言っても、相方は仕事が忙しく、彼の方は全然夏休みを
とれなかったので、特にどこに行くというわけでもなく
健康診断を受けたり、友達と遊んだりしていました
(それで結構忙しくなった)。
仕事で旅も多いから、こうして地元でたらたらできるのも嬉しい。

そしてついに8月の終わり頃から、徐々に忙しくなり、
夏休みの終わりが見えてくる。その頃は、
「うう、もうすぐ休みが終わってしまう」
「私、ちゃんと社会復帰ができるのかな?」
などと考えてちょっとブルーになっていた私。

しかし、9月入って正式に稼働し始めると、お仕事モード復活。
スイッチがオンになった感じで、いっきに自分の中でも
テンションと生活のペースが変わる。

9月は結構旅が多いので、あっち行ったり
こっち行ったりしてたらすぐに10月。
そうなるとさすがに涼しくなってるだろうし、
年末も目の前に見えてくる……。ひええええ。

まぁとりあえず、年末に向けてはりきっていきましょっかい☆

September 03, 2012

買いたい気持ち

前回、普段は食べないから全然買わないのに、
ちょっとわくわくしながらケーキを買ったと書きました。
「これどうしても欲しい!」というわけでもないのに、
可愛い物・良さそうな物ってなんか買いたくなってしまう。

先日、初めて渋谷ヒカリエに行った時も、美味しそうな物、
可愛い物をあれこれみつけてテンションが上がる私。
私は特にショッピングが大好き!というわけでも、
ストレス発散に買物をするタイプでもないのですが、
たまにこういう「買いたい欲求」が刺激されます。

でもその多くは今の自分には不要だというのもわかるから、
誰か近々誕生日の人とか、何か送らなきゃいけない人とか
いなかったっけかな~と考えたりもして。

ヒカリエで見てた中で、自分的にヒットだったのがこれ。

Photo

その名も「肺皿」。これいいな~。

とは言っても、私はタバコは嫌いで、「居酒屋さち」を開く時も
禁煙にしてるので、うちで買っても全然意味がない。

喫煙してる友人にあげても、やめるように言ってるのか
奨励しているのかわからない。
それに、これ2個セットで買わないと何がなんだかわからないのに、
1個でいい値段するんですよね~。

ということで買いませんでしたが、とりあえず写真だけ。
しかしこういうの、ほんとアイディアですね。
タバコ嫌いな人間の心をも動かしてしまう。

他にも色々いいなと思う物があったので、
誰かに何か贈る時はまた行ってみよっと。

« August 2012 | Main | October 2012 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ