« December 2012 | Main | February 2013 »

January 22, 2013

映画「宇宙人王(わん)さんとの遭遇」

先日、夕飯を食べに行ったいつもの宮地スタジオで、
宮地さんが借りてきていた「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」という
イタリア映画を見ましたが、いや~これは色んな意味で面白かったですね~。
何しろ、設定自体がすっ飛んでいる。

その内容というのが、


中国語通訳をしているイタリア人のガイアに
秘密警察から緊急での通訳の依頼がくる。
2時間で2000ユーロという高給につられて行ってみると、
なんと王(ワン)と名乗り中国語を話す、
イカそっくりの宇宙人の通訳だった……


なんじゃこりゃ??という設定ですが、
通訳者として当然反応してしまいます。

宇宙人ワンさんが中国語を話す理由というのは、

「たくさんの人とコミュニケーションがとれた方がいいと思い
地球で一番使われてる言語を選んだ」

とのこと。なるほど。とても現実感があるお答え。
日本語なんてマニアックな言語はまず選ばれないでしょう。
でもそれなら何故中国でなくイタリアにいて捕まったかが謎。

これは単に、イタリア人の監督と製作スタッフにとって
中国人が宇宙人のように感じられており、
その心情を投影したかっただけなのだろうか??


秘密警察のキュルティは拷問も辞さない構えで執拗な取り調べを行う。
それを通訳するガイアを見ながら、「私だったらどうするかなぁ」
なんて真剣に考えちゃいました。

これだったら、世界公用語的な扱いを受けてる英語を学んだ宇宙人が
日本でつかまるということだってありうるだろうし(ほんとか??)。


それにしても、王さんに対するキュルティやガイアの恐怖心や戸惑いを
見ていると、昔は「外国人」に会うことはこれぐらいの衝撃だったんだろうなぁと
想像をめぐらせてしまいました。

存在するとすら思っていなかった、肌の色も髪の毛の色も体の大きさも
全然違う人にいきなり遭遇してしまう。それこそ「人」とは認識できず
「異様な生命体」としか思えなかったでしょう。


厳しい取り調べを受けるワンさんに同情してきたガイアは、
何を血迷ったのか世界最大の人権団体アムネスティに
保護してもらおうと脱出計画を練る。

しかし、アムネスティ?????
どうしてそういう発想になるんだろうか???
このちょっと前、彼女は人権問題の国際会議の通訳でもしたのだろうか。

でも、アムネスティが宇宙人守らないだろ~?……というのは、
昔々、外国人と遭遇したある国の人が
「自分とこの権利団体(そんなものがあったとして)が外国人なんて
守らないだろ~?」と思うのと根っこは一緒なのか。


この映画、取り調べシーンが冗長な割に最後は
「え、これで終わり?!」という展開だったので、
見る人によっては不満たらたらかも。

でも、通訳業をしている私には非常に面白かったです。
イタリアでこういう映画を作ったということも興味深い。
アメリカじゃできないだろうなぁ。

今はDVDも出ていますので、よろしければ見てみて下さいませ。

January 19, 2013

飛行機のエンジントラブルの記憶

山口宇部空港を出たANAのボーイング787が不具合のため
高松空港に緊急着陸したとのニュースがありましたが、
それを見て中学生の時の経験を思い出しました。

当時ビルマに住んでいた私は両親と観光でシンガポールに
来ていたのですが、その帰りにタイのバンコクに行くために
タイ航空に乗ったら、なんとそれがエンジントラブルをおこして
シンガポールに引き返したんですね。

その時、私は窓側に座って外を見ていたんですが、
助走している時から窓の外の景色の流れ方が変でした。
いつもより、なんかスピードが遅いような感じがする。

気のせいかなと思いながらも飛行機は離陸。
ところが、やっぱり高度の上がり方が遅くて
いつまでも地上がはっきり見える。

「ねぇ、なんか高度があまり上がってないよ」と
隣に座っていた母に言うと、母も窓の外をのぞいてみる。
他の乗客もなんか変だと思いだしたのか、
機内に緊張した空気が流れました。

それでも飛行機はしばらくがんばって飛んでいましたが、
やがて、今度は高度が徐々に下がっていく。
さすがに「これはやばいかも」と思いました。

飛行機は「一生懸命飛んでます!」という感じで上がろう上がろうと
していたのですが、私としては「がんばらなくていいから
早く戻ってくれ~!!」という気持ちでした。

あの時初めて恐怖で体が強張るとか、「舌が内側にめくれあがる」
ような感じを味わったように思います。

やがて機長から、エンジンの具合が悪いためシンガポールに
引き返すとアナウンスがあった時は、
「そうだよ!!早く戻ろうよっ!!」と多少ほっとしました。
でも高度は低いままだったので、早く無事に着陸して~~!!と
祈るような気持ちでしたね。

その時の記憶では、「地上を走る車の運転手の姿も見えるくらい
高度が低かった」のですが、でもさすがにそこまで低かったら
とんでもないので、気のせいでしょう。それくらい動揺してたのかな。

滑走路が近づくと、何台も消防車が待っているのが見えました。
そして飛行機が着陸するや否や後からついてきて、
すぐに放水してエンジンを冷やす。

その後の記憶が曖昧なんですが、高松の787みたいに
脱出シューターを使った記憶はないから、
普通にタラップを降りて空港に戻ったんだったかな?
(さすがにゲートには近づけなかったと思う)

この時は、今回の787みたいに大問題にはなりませんでした。
割とあっさりしていて、数時間後には別の機体でバンコクに
行ったくらいです。待ってる間にお詫びで食事は出たけど。
今考えると、もっと大ごとになってもおかしくないですよね。
時代なのだろうか???

これが多感な中学生だった私のトラウマになったかというと
そんなことはなく、それどころかこの時父が「自分は100回以上
飛行機に乗ってるけど、こんなことは初めてだ」と言ったのを聞き、

「ということは、私は後100回ぐらいは飛行機に乗っても
事故にあわないということだな」

と思い、友達にも「だから私と乗ってれば大丈夫だよ~」と
言っておりました。ははは。

でも、ちゃんと数えてないけど、あれからもう数十回は飛行機に
乗っている私。まぁ、まだ100回には到達してないと思うから
まだしばらくは大丈夫……だと思うんだけど。

January 16, 2013

寒い雪の日に

前回、「電車が止まる前に帰ってこれた」と書きましたが、
実は地元に帰ってからがちょっと大変でした。

というのも、こんな大雪になると思ってなかったから、
傘なんて持っていない私達。
ビニール傘を買い足す(うちにはいっぱいある…)のも
イヤだったので、隣駅で降りて買い物してタクシーで
帰ろうかと思ったら、タクシー乗り場には長蛇の列。

これだと1時間以上は待つことになるし、最寄駅まで帰れば
ここまで混んでないんじゃないかと思い、また電車に乗って
戻ってみたらタクシー乗り場には2人並んでるだけでした。

普段なら家まで余裕で歩ける距離なんですが、タクシーで
帰るつもりで白菜とか夕飯の食材を買い込んじゃったし、
傘もないので、これぐらいならとタクシー乗り場に並ぶことに。

ところがそこ、屋根があるものの吹きっさらしなので、
屋根の下に立ってても雪が飛んでくる。
う~ん、これは困った……と思っていたら、すぐそばにあるスタバの
お兄ちゃんが「タクシー全然来ないんですよ~。寒いですからどうぞ」と
試飲カップに入れたコーヒーを、待ってる人達に配ってくれました。

Photo

これには嬉しかったですね~。温かい物をもらえたことや
店員さんの気持ち自体にもそうだったんですが、私達の後ろに
並んでた男性があからさまにイライラしていたのに、
このコーヒーもらって態度が軟化したのが目に見えてわかったので、
それが嬉しかったというか。

結局この後、タクシー待ってても来ないし、そこに並んでいても
雪で濡れるしということで、傘もささずに歩いて帰ってきました。
家に着いた時は、頭にも肩にも雪が積もっていて、
日本昔話の雪に埋もれたお地蔵さんを思い出しちゃいました。

Photo_2

そして寒い夜はやっぱり鍋。
賞味期限切れの辺銀食堂の石垣島ラー油があったので
それを贅沢に使った1品です。

スープのベースは中華出汁、塩、そしてラー油に合うように
ナンプラーにしてみました。

見た目辛そうですが、化学調味料を使わず手作りの石垣島ラー油は
辛さというより香りがすごい。これは「ラー油の1種」というより、
「石垣島ラー油」という1つの調味料ですわ。

さほど辛くはないのだけど、唐辛子やスパイスがきいていて、
体がすぐにぽっぽかに温まり、汗もかいてきました。
石ラーはやっぱりすごい!!
寒い雪の夜にぴったりなメニューでした。


Photo_3

写真は帰りの電車から見た風景。
雪景色が幻想的で、何枚も撮っちゃいました。
雪も見てるだけならきれいでいいんですけどね~…。


January 14, 2013

素晴らしき深雪温泉

今年初めての連休は、相方の高校の大先輩と
山梨の温泉に行ってきました。

この大先輩とは去年も伊東に行ったり、
上諏訪に行ったりと、飲みに旅にと
御一緒させていただいております。

今回行ったのは、山梨の塩山にある川浦温泉と、
甲府手前の石和温泉。
ここ最近大先輩は源泉かけ流しにこだわっているので、
今回も宿はその点からチョイスしたとのこと。

川浦温泉にある「山県館」は去年の夏にも泊りにきているのですが、
やっぱりここのお湯は素晴らしい。飲み水もミネラル豊富なので、
ここに滞在してるだけで体がよくなりそう。

そして、2泊目に泊まったのが、石和温泉の深雪温泉
実はここ、到着した時はちょっとびっくりしました。
というのも、石和温泉って豪華な温泉旅館がひしめいているのに、
こちらの建物は年季が入っていて、結構地味。

エレベーターもなく階段オンリーなんですが、
その階段も1段が高いので、年配の方は大変かも。

しかも、部屋が狭い。山県館が広かったから余計感じたのかも
しれませんが、それにしても部屋に上がる時に靴を脱ぐスペースが
狭い上にドアが内開きだから、すごく出入りしにくい。

大先輩も「うーん、失敗だったかなぁ」と思ったそうですが、
でもここ、楽天やじゃらんの口コミを見るとすごく評価が高いんですね。
皆さん、お風呂とお食事を絶賛している。それがなんか不思議な感じ。

確かにお風呂はとてもよかった。温泉も飲めるくらい質がいい。
でも、食事が美味しいってどうなんだろう??豪華食材をふんだんに
使ってるということ?でもそれだけだとなぁ、と思いながら
食事処に行ったら、これが本当に美味しかった!!!

Photo

色んなお料理が少しずつ数多く出てきたのですが、
そのどれもが美味しい。同じような物って他でも食べてるけど、
こちらのはそのどれもを「美味しい」と認識するというか。

右手のタジン鍋で蒸し物が出たのですが、そのタレとして
置かれていた大根おろしに出汁というのも、それだけで
つまみになるくらい美味しかった。

それに卓上で炊く釜飯って色んなとこで出してるけど、
一口食べて「この釜飯、美味しい!!」と思ったのは初めてでした。

全体的に、特に変わった食材や調理法を使ってるわけではないと
思うのだけど、何がこの違いをうむんだろう??
ここの料理長は本当に腕がいいんだろうなぁと、
ちょっと感動的なくらいでした。

う~~ん、これは確かに評価が高いのもわかる。
ここに関してはあの高評価はやらせじゃなく本物だわ。

建物や設備は「こういうもの」とあらかじめ承知していれば
このお風呂と食事でかなり高い満足度を得られるかと思います。
また個人的にも来たい宿の1つとなりました。

Photo_2

旅の最初の2日間は、暖かく富士山も見えるくらい天気がよかったのに
帰る日は大雪となりました。
電車が止まる前に帰ってこれてよかった!!


January 10, 2013

歌詞と時代とアドレス帳

何年か前の歌詞を聞いてると、
「今の子、これ意味わかるのかな?」と思うことよくあります。

昨年の大晦日に義弟一家と紅白歌合戦を見ていて
プリプリが「ダイアモンド」を歌ってるのを聞きながら、

「『ブラウン管』って何か知ってるのかな?」
「『針がおりる瞬間の』って、何の針がどこに落ちると
思うんだろう?」

などと考えてました。
義弟にそのことをちょっと言ったら、彼は一番下の中2の娘に
以前「Mのページって何?」と聞かれたとのこと。

プリプリの「M」という歌に
「消せないアドレス Mのページを」という歌詞があるんですが、
その意味がわからなかったとか。

一瞬、何がわからないのか理解できなかったのですが、
その理由を聞いて、「なるほど~~~」とうなってしまいました。

確かに今って電話番号も住所も携帯やスマホに登録してるから、
昔ながらの「アドレス帳」そして「Mのページ」が何のことかなんて
わからないのでしょう。

私も数年前に使っていたアドレス帳を今でも見ることはあるけど
新規には書き込んでないし、考えてみたら、以前はスケジュール帳に
当然のようについていたアドレス欄も、ないことって結構あります。
その話を聞いて、初めてその変化に気づきました。

「ポケベル」とか「電話のダイヤル」とかは当然知らないだろうと
思っておりましたが、これは想定外でした。
ジェネレーションギャップって、ほんと意外なとこ、
細かいとこにあるのよね。

January 08, 2013

仕事始めの緊張感

今年は年明け早々お仕事が入っておりました。

正月の緩んだ生活に慣れていたので、
前日からなんか緊張しだして、ああもう通訳という仕事は辞めて
静かに暮らした方が心穏やかに幸せに暮らせるんじゃないかとか、
めっちゃブルーになってましたが、現場に行ったらスイッチ入って
テンション上がりまくりで無事に終了しました。

これ、何人かに話したら「わかる~!!」「私も~!!」と
とても共感されました。
通訳でない他の技術職の人にも共感されたので、
そういうもんなのでしょう。

山登りをしている時、座って休むとその後辛くなるから
何かに寄りかかって休むくらいがいいのと同じというか。

今回は休みが短い方だったから
まだマシだったのではないかと思います。

さぁ、エンジンかかりだしたことだし、
今年もがんばるか〜。

January 05, 2013

有限会社おふぃすぐすく8周年

1月5日で、弊社「おふぃすぐすく」も無事に
8周年を迎え、9年目に突入致しました。

学生時代、「バイト」として始めた時は
まさかこれを「仕事」にできるとは思わず、
そして大学院修士修了後は「おふぃすぐすく」と
名前だけつけていましたが、まさか本当に
会社にできるとは思いませんでした。

この間、911、SARS、リーマン・ショック、東日本大震災と
「もうだめかなぁ」と思うことも何度かありましたが、
今でも続けていられることが、本当に奇跡のよう。

多くの方々に支えられていることに、心の底から感謝。
今までの歳月が1日1日、仕事1本1本の積み重ねであるように、
これからも1日1日、1本1本を大事に生きていきたいと思います。


5日の夜は、いつもの宮地スタジオで新年会。
ここに集う人たちが、それぞれ年末年始に帰省して
地元のお土産を持ちよってきました。

「今回久しぶりに長く帰ってたから、訛りがぬけな~い!」と
色んな地方の訛りが飛び交う。
これが「東京」の面白さであり、こういう雑多なところが
私が東京を好きな理由でもあります。

私達は水戸のお土産として、切干大根の入ったそぼろ納豆
よく買ってくるのですが、今回は土産物屋でみつけた
こんな物も買ってみました。

Photo

その名も「18禁カレー」。
辛すぎるので18歳未満の人は食べないようにという、
茨城県の会社が作っている激辛カレーです。

これを話のタネにみんなで食べたのですが、
ほんと~~に辛かった!!!
一口食べただけで口の中が痛くなるのと、汗がドっと出る。

この日はすごく寒かったのに、ちょっと食べただけで
あんなに汗が出るなんて、カプサイシンの力ってすごいなぁ。
辛かったけど、味自体は結構美味しかったです。

これ、めっちゃ辛いのと、1箱なんと1000円(!)もするので、
1人で1箱食べるというより、こうしてみんなで集まって
盛り上がるためのパーティグッズとして考えた方がいいかも。
そう思えば1000円は安いかな??

まぁ、こうして楽しく年末年始は過ぎていきました。
今年の自分的なキーワードは「ほのぼの」。
大晦日、NHKの「2355」を見ててふと降りてきた言葉。
色々大変なこともあるだろうけど、
そうした時もほのぼのと生きていきたいなぁと、今年の豊富です。


January 03, 2013

甥の変化 〜 高校男子の食欲

あっという間に年末年始も終わり、
東京に戻ってきました。

お正月というと、姪・甥達の成長ぶりを見るのも
楽しみなのですが、今回一番びっくりしたのは甥の食欲!!
高校1年生でサッカーをやっている彼は、
気持ちいいくらい食べる。

大晦日の夜、大人がゆっくりつまみながら飲んでる時に、
義妹が丼で何か持ってきたので、
「お惣菜?それとも子供のために早めの年越し蕎麦?」
と思ってたら、なんと甥っ子のご飯。

そんなに食べるの?!とびっくりしてたら、
それをおかわりして2杯食べた彼。

そして元旦の朝は、お餅2個入りのお雑煮に、
さらにご飯茶碗2杯食べましたからね。
餅にご飯です。

それが9:30頃だったんですが、サッカー部の初蹴りに行くために
「早めに昼ご飯を食べる」と言い、11時過ぎに納豆と惣菜で
御飯を食べて出て行った彼。

いや~、すごいなぁ。なんでも、毎日お弁当の他に、
おにきり5個とパンを持って学校に行ってるとか。
「炭水化物は控えめに」を心がけている私の周囲とは別世界です。

それを見てて、以前友人一家と根津の「はん亭」という
串揚げ屋さんに行ったときのことを思い出しました。

大人は何本か食べて「少し落ち着いた」と思っていたのに
高校2年生で陸上部の友人の息子は、逆に食欲が刺激されて
「お腹すいた」と言い出しました。

彼も好きな食べ物は「ご飯」。ということで、早々にご飯を注文。
「大盛りでお願いします」と言ったら、
「うちではそういう設定がないので……」と
お茶碗に上品によそわれた御飯が出てきました。

そしてそれをあっという間に食べる息子くん。
結局3杯食べたんだったかな?わんこ蕎麦状態でした。
それでもまだ余裕があったようで、帰るとき
「まだラーメン食べれる」と言っていたなぁ……。

お母様は「来る前に吉野家つれてけばよかった…」と
言っておりました。ははは。

運動やってる高校生男子としては、とても健康的。
最近、若い男性の食が細くなってると聞いていたから、
こうやって食べる少年を見ると頼もしく思ってしまいます。

しかし甥っ子くんも去年他の時に会った時は
こんなに食べなかったから(それともセーブしてたのか??)
一年で随分変わるものなのね。

たまにしか会わないから、余計にその変化が面白い。
お母さんは食事の世話めっちゃ大変だろうけど、
このまますくすくと成長してほしいものです。


January 01, 2013

ほのぼのと明けて ワイルドにはまる 2013年

2013年あけましておめでとうございます!
皆様今年もどうぞよろしくお願いします。

年末年始は毎年恒例、相方の実家の
茨城県水戸市に来ております。

義弟一家と共に紅白と「ガキ使」を交互に見ながら
大晦日をすごし、時間の感覚がぼやけて日付が
変わるぎりぎりに歯を磨きだしちゃったため
2013年は洗面所で歯磨きしながら向かえました。うーん。

そして子供達はもう寝てたので、その後は
うちら夫婦のお気に入り、NHK-Eテレの
「2355-0655 年越しをご一緒にスペシャル」
見ながら、ほのぼのとした年明けを過ごしました。
今年はほのぼのした年にしたいものです。


そして今回の滞在でちょっとはまってるのが、これ。

Photo

漫画「ワイルド7」。

姪っこちゃんが一生懸命読んでるから何かと思ったら
これでした。昔、相方と義弟が子供の頃に読んでたもの。
「面白い?」と聞いたら姪っこちゃんが「うん」と言うので
私も読みだしたらはまってしまった・・・・・・。

1巻の初版発行日を見たら、昭和45年8月!!
40年以上も前の漫画です。
この時代、何がすごいって、これです。

Photo_3

表紙を折り返したところに書いてある作品紹介に、
なんと作者の現住所まで書かれている!!!
(現存する住所なので私の方で消して載せました)

すごいですね~、今だったら絶対ありえません。
当時ファンがおしかけるとかなかったのかしら??

これ、去年映画にもなってます。
DVD借りて見る前に一通り読んでおこうと
思ってるのですが、16巻まであるのよね~。
今回全部読みきれるかな?

そんなこんなで、2355でほのぼのと明けて
ワイルドにはまってる2013年・年明けでした
(嫁ぎ先でこれでいいの……かな??)。

« December 2012 | Main | February 2013 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ