« March 2013 | Main | May 2013 »

April 25, 2013

バンコクお気に入り!天空のバー

前回紹介したカボションホテルに行く前に、
私のお気に入りスポット、シロッコのスカイバーに行ってきました。

ここは、地上247メートルのオープンスペースにある、
まさに「天空のバー」。


Photo_7


一番いいポジションから全体を撮ろうとしたら
スタッフに止められてしまいました。そこから撮るには
許可がないとダメみたい。
なので、上の写真はウェブから拾ってきたものです。

一番奥、黄緑色にぽわっと光ってる部分がバーになります。
そこで撮った写真がこちら。


Photo


見ての通り、足元まで全面ガラス張りです。
なので、ほんとすごい迫力です。

ここは何年か前、大学時代の同期がバンコク勤務だった時に
連れてきてもらって以来、大のお気に入り。
香港でもNYでもこれほどの場所ってないんじゃないかな?
色んな人をつれてきましたが、みんなその迫力に圧倒されてます。

このガラスの仕切りの向こうはそのまま道路へと落ちていきます。
なので、高所恐怖症の人にはちょっときついかも。
日本だったら絶対許可されない作り。
誰か酔っぱらってグラスを下の道路に落っことさないのかなぁ?


Photo_6


バーから建物の方を振り返ると、こんなドームがそびえ建ってます。
最初の写真は、この階段の上から撮ったものでしょう。
入口はこのドームのとこなので、バーには上から降りてくる形に
なるんですが、その時は本当に空中を歩いてる感覚です。


Photo_4


バーの手前のメインのレストラン。

とても雰囲気いいんですが、出される料理は地中海風ということだし
値段もめっちゃ高いので、ここで食べたことはありません。
それに結構風が強いので、ここはバーで1杯飲むぐらいが
丁度いい感じです(バーも結構いい値段します)。


Photo_5


行ったのは夕暮れ時だったので、徐々に暗くなっていく様子が
とてもきれいでした。こちらはチャオプラヤー川。

しかしこのバー、久しぶりに行ったら白人系の人達ばっかり!
今回泊まった宿も白人多かったし、この後行ったカボションホテルも
そんな感じでした。今欧米から来る人達多いのかな?


Photo_8


こちらは川と反対側、市内の様子。少しずつ明かりがともってきています。
しばしうっとりと夜景をながめてしまいました。

あ~、久々に来れて良かった!!

April 24, 2013

カボションホテルのThai Lao Yeh

今回バンコクに行くにあたり、最近上大岡トメさんつながりで
知り合った、TNC inc.という会社の村上千砂さんに
バンコクでお勧めの美味しいお店を聞いていきました。

TNCはタイにも支社があるマーケティング会社。そして千砂さんは
美味しい物をとてもよくご存じで、お料理もプロのようにお上手。
そんな千砂さんに聞けば間違いないだろうと思い、
教えてもらったうちの1つ、カボション・ホテルのタイレストラン
Thai Lao Yehに行ってきました。

ここはホテルというより邸宅と言う感じのところで、
部屋も8つしかありません。コロニアル風の雰囲気がとても素敵で、
敷地に入っただけでテンションが上がりました。


Photo_7


こちらは1階の奥にあった部屋ですが、図書室というかラウンジかな?
こういう場所でくつろげたらいいなぁ。

レストラン内の写真も撮りたかったのですが、暗すぎて
あまりよく撮れませんでした。全体的にはこじんまりとした
「邸宅のダイニングルーム」という感じの場所。
何故か鳥かごがいっぱい飾ってありました。


Photo

注文した料理を何品か。
手前が青いマンゴーのサラダ、奥がガーリックチキン。
どれもあっさりしているのに、味がしっかりついていて美味。

また、1皿が小さく、値段も100~150バーツと安いのが嬉しい。
これだと何品も頼めるし、1人で来ても結構楽しめます。

しかし、メニューを見てると、何やら気になる単語が……。

Ant's egg.    蟻の卵

これって何かがそう見えるからこう呼んでるのか、
それともまさにそのものなのかウェイトレスさんに聞いてみると
「本当に蟻の卵です。美味しいですよ」とのこと!!

ええ~~、蟻の卵??何度もバンコクに来てるけど、
そんなの食べるなんて初めて聞いたぞと、かなりビックリ。

ウェイトレスさん曰く、北部のイサーン地方ではよく食べられるそうで、
これはこの時期にしか取れない大変貴重な御馳走なのだそうだ。
なるほど。

そういうことを聞くと、その文化に敬意を表して頼んでみたい気も。
見ると、値段は他の物と比べてそんなに高いわけでもない。
ということで、好奇心にかられて注文してみることにしました。

オムレツとかスープとか何種類か料理があったので、
ウェイトレスさんにどれが一番おすすめかと聞いたら、
彼女は「ラープ」という和え物が好きとのこと。
ということでそれにしたら、出てきたのがこちら。


Photo_2

えーと、白いのが、そうです。
もうね、運ばれてきた料理をまじまじと見ちゃいました。

さてさて、どんなものかと恐る恐る食べてみると、
噛むと口の中でぷちっとはじけました。新鮮なイクラというか、
この前の晩にポメロという柑橘系果物のサラダを
食べていたのですが、食感はそれに似ているというか。
味付けもさっぱり。

そう、味は爽やかで美味しかったです。
爽やかで美味しかったんだけど、やはり私には蟻の卵ということで
心理的な抵抗がある。それに、新鮮なイクラは濃厚な味わいが
あるけど、これはとてもあっさりしてクセがないので、
これ自体の味にはまるというほどでもない。

なので、これが数少ない貴重なタンパク源ならありがたく
いただくのですが、もし他に選択肢があるなら、
私はあえて食べなくてもいいかな……という感じ。
しかし、はい、とても貴重な体験をさせていただきました。


それにしてもこのレストラン、前述したように、とてもお洒落な空間で
少しずつ色んな物をリーズナブルに食べられるというのでは
とてもお勧め。ホテル自体も一度泊まってみたいと思わせるし、
1人旅の女性にはぴったりかも。
ここはまた来て今回頼めなかった物も食べてみたいわ。

April 22, 2013

1年ぶりのバンコク

石垣から帰ってきて、ばたばたと仕事に家事にと
こなしているうちに、今度はタイのバンコク出張となりました。

バンコクは去年の3月以来だから1年ぶり。
タイは好きな国の1つだし、石垣島から帰ってきての東京は
なんだか寒いくらいだったので、暖かい国に行けるということで
ちょっとテンション上がっておりました。

今回、宿は自分で選べるというので、ネットで探して
エバーグリーンプレイス・バンコクという所にしてみました。

選んだ基準としては、値段と口コミの他、空港からの
エアポートリンクの終点であるパヤタイ駅まで
歩いていけること、王宮方面にある仕事場に行くのに
あまり渋滞に巻き込まれないことでした。

そしたらここ、なかなかいい感じでした。


Photo


スィートタイプなので、写真は居間で奥が寝室。
冷蔵庫も大きく広々してます。同僚通訳者Tさんの部屋は
簡易キッチンがあったので、ホテルというよりアパートタイプの
場所です。これに朝食ついて、税サ込みで1室7000円ほど!!

コンビニもすぐだし、高架鉄道の駅もすぐだしとても便利。
8階にはプールやジムやマッサージもあり、
フットマッサージが60分250バーツ(約950円)だったので
着いた日に早速やってもらったら、なぜかフットは40分で
残りの20分で首肩をやってくれました。
そっちの方が良かったからいいんだけど。

その晩は早速タイ料理レストランへ。
Tさんが教えてくれた、ナラという店なんですが、
せんとらワールドというショッピングセンターの中にあり、
雰囲気もいいしメニューも豊富で料金もリーズナブルで
とっても良かったです。


Photo_3


左にあるのは、Winter Melon Greenの炒め物。
何かと思って調べたら、冬瓜の葉っぱだそうです。
冬瓜の葉っぱって食べられるんだ~…というか、
冬瓜に葉っぱがあることも初めて知りました。

出発前、東京は10数℃だったのに、バンコクは日中35℃。
暑いというより、夜になってもとにかくすごい蒸す。
ビールがほんと水みたいにすいすい入っちゃったもんね。


Photo_2


写真は、仕事場の建物前。
私が旗に埋もれている感じがちょっと気に入ってます。はは。


« March 2013 | Main | May 2013 »

February 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ