« 宮城県「きらら女川」訪問 | Main | 台風のフィリピンにて »

October 29, 2013

陸前高田「キャピタルホテル1000」宿泊

女川を出て、気仙沼でも表敬訪問していたら、
陸前高田に着く頃はもう真っ暗。

運転してくれたKさんは宮城県南部の出身なので、
カーナビ頼りに運転していたのですが、
「次の信号を左」と言われても信号が無くなってたり、
街灯が少ないため道が暗くわかりずらかったりと、
若干迷いながらも目的地の「キャピタルホテル1000」に到着。

こちらは、11月1日から営業開始なんですが、
それに先立ち「障害者と防災シンポジウム」が
こちらの宴会場で開かれることになり、
関係者は前夜ここに宿泊することになっていました。


ホテルに入ると、入口はお花でいっぱい!!


Photo_5


これでも一部です。
このお花を見るだけでも、復興に寄せる多くの人々の
期待というのが伝わってきます。


Photo_7


しかし、こちらはロビーで、まだガランとしています。
11月1日のオープンに向けて、限られた条件の中
一生懸命準備されてきたのでしょう。

大浴場もあったのですが、のれんはガムテープで
とめてあったり、給水器は段ボールに入ったままでした。


Photo_11


こうした準備段階のホテルに泊まれるなんて、そうありません。
到着後、懇親会前に一風呂浴びにいった私は、
客としてこのホテルの女湯を初めて使ったんじゃないかしら?
そう思うと、なんだかとっても貴重な体験をした気分。


Photo_6


部屋はおしゃれな感じで、バスとトイレも分かれていて、
広くゆったりとした作りになっていました。
復興途中の街で、ここまで作ったのはすごい。


ところが翌朝、部屋のカーテンを開けたとたんに、びっくり。


Photo_8


昨夜は暗かったから何も見えなかったのですが、
朝になって「外はこうなってたんだ…」と、
改めて傷痕を実感しました。


Photo_10


ホテルの外に出ると、駐車スペースも未整備になっています。
こうした民間企業のお金が入っているホテルでさえ
こうなのだから、他のとこはもっと資材、機材、人材の不足が
響いているんだろうなぁ。

今回行われたイベントの詳しい内容は、陸前高田市のHP、
WEB副市長室に書かれているので割愛。
とゆーか、何気に私が写っております。
最初見たときびっくり。はは。

「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」という
ビジョンを掲げる陸前高田市の、このホテルで最初に
行われたイベントが、日英通訳だけでなく、
手話通訳や要約筆記も入ったものであったことは、
象徴的だったのではないかと思います。


Photo


11月以降、このホテルで何件か結婚式も予約されているとのこと。
ロビーに置かれた祭壇の向こうに広がる街を見ながら交わされる
新しい夫婦の誓いは、きっととても強いものになることでしょう。

« 宮城県「きらら女川」訪問 | Main | 台風のフィリピンにて »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 陸前高田「キャピタルホテル1000」宿泊:

« 宮城県「きらら女川」訪問 | Main | 台風のフィリピンにて »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ