« October 2013 | Main | December 2013 »

November 13, 2013

フィリピンおもしろグルメ

去年会場の下見に来た時に、「ここなら1週間いても
大丈夫かも」と思った大きな理由の1つは、
このホテル、食事が美味しかったから。

これ、非常に重要。
特に、食事の選択肢が限られていて、1週間3食ここで
食べることになりそうな時は(実際ほぼそうだったんですが)
仕事のモチベーションにも大きく影響してきます。

フィリピンって、家庭で出される手料理は私も美味しく
いただけること多いのですが、レストラン等で食べると、
全体的に甘くこってりしたものが多いので、
場所によっては結構きつくなるんですね。

でも、このホテルのレストランは全体的に上品な味付けで、
どれも美味しかったです。

標高が高く野菜や果物が多くとれるので、野菜も種類豊富で
新鮮だったし、オリジナルの「パイナップルドレッシング」が
すごく美味しかったのでサラダをよく食べました。
ここのレストラン、首都マニラのそこいらの高級レストランより
断然よかったです。

そんなホテルのレストランで、いくつかユニークな料理も
出てきたのでご紹介。


Photo_5


これは、炒めたひき肉の上に、外側からレーズン、
角切りにした人参、ジャガイモが乗っています。

最初見た時は、レーズン乗ってるし甘いのかな、
結構こってりしてそうだなと思ったのですが、
少し食べてみたら、そんなにしつこくなく美味しい。

ミートソースとも違って水分は少なく、甘さ控えめ。
パサっとしたガーリックライスと一緒に食べると
めっちゃ美味しかったです。

Photo_9


そしてこれはある日のスープコーナーに出ていた、
その名も「Miso Ramen Soup(味噌ラーメンスープ)」!!

なんということでしょう。日本人はラーメンを食べても
塩分控えるためにスープは残す人がいるのに、
これはそのスープが主役です。

中に麺も入っていましたが、それはあくまでも
「具」でしかありません。ミネストローネに
たまにマカロニが入ってるような、あんな感じです。

一口飲んでみると……

まさに、「味噌ラーメンのスープを薄くしたやつ」。
それ以外に表現しようがありません。
それも、「味噌汁」ではなく、「味噌ラーメンのスープ」。
名前に偽りはありません。

なので、これはこれでそれなりに美味しかったです。
ただ、麺はのびてふにゃふにゃになっていたので、
やはりこれは麺を食べるというより、スープを飲むものでした。


Photo_6


こちらは、今回初めて見た料理。
「Chanporado(チャンポラード)」と言い、
朝食の時に毎日出ていたのですが、
なんとこれ「チョコレート粥」なんです!!

表面に見える粒々、これがお米。
最初見た時は「ご飯にチョコレート?!?!」と
すごくビックリしました。チョコもかなり濃厚だし。

これはきっととんでもなく甘いんだろうな~と
手を出さないでいたのですが、これを食べた人が、
「あれ、優しい味がして結構美味しかったよ」と言うので、
ある朝試しにちょこっと取ってみました。

そしたら、本当に美味しい!!
お米の甘味と、カカオの香りがとってもマッチしていて、
子どもの頃を思い出すような、本当に優しい味なんです。
離乳食っぽいのかな?

見たところ、もっとぎとぎとに甘いかと思ってたけど、
これは甘い物をそんなに食べない私にも美味しくて、
最初食べて以来、毎朝少しは食べるようになったくらい。
これまた食べたいなぁ。


Photo_8


そしてこちらは、通訳仲間のTさんが取ってきた
ゼリーなんですが、一口食べて、「んんん?」と
不思議そうな声を出すTさん。

「これ、ペパーミントゼリーかと思って取ってきたんだけど、
ちょっと違うよね?なんか少しぴりっとするし…」と言うので
私も一口いただいてみたところ、確かにちょっとぴりっとする。
これはペパーミントじゃないでしょ。でも、何??

「ミントをとってペッパーだけとか?ペッパーゼリー?」と、
意味不明なことまで言いだすTさん。
すると、通りかかった別の日本人の一言により
その謎はめでたく解明されました。

「あ、ワサビゼリー取ってきたんですね!味どうですか?」

……ワサビ!!そうだ、ワサビだ!!
Tさんと2人で、「そうだ~、これ、ワサビだよ~!」を連発。
改めて食べると、やっぱりワサビ風味。

ワサビに甘味をつけてゼリーにし、上には生クリームも
乗せるなんて、日本人には絶対ない発想です。
このアイディア、すごい。

そして味はというと、まぁ別に悪くはなかったですが、
積極的に食べようと思う感じでもなかったですかね。
はは。


Photo_7


最後は、熟れ熟れのパパイヤ。
これが超美味しくって、毎日かなり大量に食べました。
昔から熟れたパパイヤ大好きだったんですが、
ここのはまた美味しかったです。かなり幸せでした。

しかしタガイタイ、のんびりするにはほんといい場所です。
マニラからまっすぐここに来て、ホテルにこもるだけでも
いい感じ。ここ、また来てもいいなぁ。

November 08, 2013

台風のフィリピンにて

そして八丈島から帰ってきた翌日から、今度はフィリピン。

今回は、昨年11月に会場の下見に行った
首都のマニラから車で2時間ほどの、タガイタイという街。

ここは標高が高くて気候も涼しく、
まさに「フィリピンの軽井沢」という感じの場所です。

Photo


写真は、宿&会場のタールビスタ・ホテルの庭から
見下ろすタール湖。
見ていると、自分も空を飛べそうな気分になってくる。

宿も仕事場も同じホテルで周辺にはあまり何もないような
場所に一週間以上缶詰めだと精神的にも厳しくなるんですが、
ここだったから乗り切れたと思います。

フィリピンは、マニラの他にはセブ島、ボホール島、
ボラカイ島、バコロド、バギオと数カ所行きましたが、
ここは私のお気に入り1、2を争う場所となりました。


しかし今回行ったのは、日本でも大きく報道された台風が
まさに直撃した時。

実は行った時は台風が来ていることを知らなかったし、
知った時もそれほど深刻だと思っていませんでした。

大会開始前にわざわざホテルの人が「緊急時に備えて」
みたいな話をした時も、「このホテル、いつもこういうこと
やるのかな〜??」なんて思ってました(ホテルの人も
「台風のため」とか言わなかったし)。

しかし、改めて日本大使館のサイトや台風情報を見ると、
今までにないくらい大きな台風がフィリピンに近づいており、
進路を見ると私達のいるルソン島をまさに直撃する。

最終的には当初の予想進路より南に行ったので、
ルソン島は直撃を逃れましたが、それでもすごい
雨と風でした。上の景色もこんな感じに真っ白になったし。


Photo_2


突風や落雷の影響で停電や断水になるのが
怖かったんですが、どちらも短時間なったものの
すぐに直り、タガイタイは大きな被害はありませんでした。

CNNが最初の頃からかなり詳しく報道してたので
(CNNの現場への入り方はやっぱり凄い!)
部屋にいる時はずっとそれを見てましたが
本当にひどい状況でしたね…。
心よりお見舞い申し上げます。


Photo_3


この写真は、台風はもう過ぎたと言われた後なんですが、
それでもしばらくは白い霧と強風が続きました。
写ってるのは私じゃありませんが、髪の毛がすごいことに。

けれど、それが過ぎ去ると天気はまた嘘のように穏やかに。


Photo_4


テラスで朝食がとれるくらいになりました。

自然とは、多くの人の命を瞬時に奪う
途方もなく恐ろしい存在なのに、
やはり息を飲むくらい美しい・・・・・・。


« October 2013 | Main | December 2013 »

February 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ