« December 2013 | Main | February 2014 »

January 17, 2014

香港視察ツアー

今回のお仕事では、視察で今まで行ったことのない場所にも
行ってきました。
香港に何度も来てるとはいえ、ほとんど室内での会議だったので
こうして別の場所を見てまわれるのは楽しい。

この視察で香港大学にも行ってきましたが、
すっごくきれいなキャンパスでした。


Photo


とても贅沢に空間をとってあり、こんな素敵な
お庭もありました。障害者団体が経営している
カフェやレストランもあり、学生の生活の場である大学に
そうしたお店があるのは素晴らしいですね。
日本の大学もやればいいのに。


Photo_2


歩いていると、こんなオブジェを発見。
何のオブジェなのかよく見てみると、こんな感じ。


Photo_3


なかなかすごいな~。どういう意味が込められてるんだろう??
同行者と、「世の中は戦いだから、こうやって人を踏み台にしながら
上へ登っていけ、というのを学生に教えてるんじゃない?」
などと冗談を言っておりました。

でも、香港大学は本当に気持ちのいい場所で、
色んな国の学生の姿も見え、国際的。
私もまた通ってみたくなるような大学でした。


この後、新界地区の屯門(トゥエンムン)という場所にある
有機農場にも行ってきました。
香港で有機農場ってどんな所なんだろうと思っていたら、
これまた意外な感じでした。


Photo_4


有機農場っていうと、田舎に畑が広がっているという
イメージでしたが、こちらは住宅街のすぐ近く。
超高層マンションもよく見えます。

この農場ができたときは、周囲には何もなかったそうですが、
住宅事情が深刻な香港、どんどんマンションが建ってきたとか。

この土地もNPO(非営利団体)が政府から借りて運営しているのですが、
住宅を作りたがっている政府から、土地を返すよう言われるように
なってきたとか。

実際、すぐ隣の土地は国が使っているということで、
大きなコンテナが積み上げられていました。


Photo_5


Photo_6


いや~、このコンテナもなかなか圧巻。
あまり有機農場があるような環境ではないような感じですが、
香港って絶対的な面積が小さいだけでなく、山が多いので
平地が圧倒的に少ないとか。そうなると、こういう風に
片寄せあって存在するしかないのでしょう。

今回のお仕事では、今までとは違った香港が見れて
とても興味深かったです。


Photo_7


そしてもちろん、美味しい飲茶も食べてきましたよ♪

January 16, 2014

面白すぎる灣仔(ワンチャイ)市場

深夜は車通りが少々落ち着き静かになったものの、
朝5時くらいになると再びうるさくなって目が覚めた
エンパイア・ホテル。

なんかその後うまく寝れなかったし、初日はお昼から
だったこともあり、早朝のお散歩に出かけてみました。

灣仔(ワンチャイ)地区は何度も来てるけど、
普段あまり行かない方向に行ってみようと歩いていたら、
肉屋、魚屋、八百屋が立ち並ぶエリアを発見。

奥には灣仔市場と書かれた建物もあり、
早朝からかなり活気づいていました。

魚屋さんの店先に並ぶ魚はまだ動いてるし、
売られている商品は新鮮そのもの。

どれだけ新鮮かというと、こちらの写真を参照。


Photo_2


鶏肉屋さん。奥のガラス窓の向こうに鶏肉が
ぶら下がってるのがわかると思いますが、
手前にはなんと生きた鶏が入ったケージが!!
白と茶色のがそうです。

店の奥ものぞいてみたら、こうしたケージがいくつも
積まれており、その向こうでおじさんが鶏を〆ていた……。

う~ん、新鮮さを売りにしてるのかもしれないけど、
これだと鶏にストレスがかかって味が落ちそうな気も。
それにこういう売り方日本でやったら、
ドン引きされるだろうなぁ。


さらに歩いていたら、こんな光景が。


Photo


台車で運ばれる、豚さん達。

実はこの他にも結構すごい光景を撮ったのですが、
ブログにアップするのもどうかと思ったので
とりあえずこの写真まで。


Photo_3


こちらはですね、血抜きしたであろう豚さんを、
1頭丸々肩にしょって運んでるおじさんを撮ったもの。

その姿にビックリして、慌ててカメラを向けたのですが、
おじさんはすぐ近くの肉屋さんに入っていってしまったので、
その後ろ姿だけ。豚さん背負ってるの、わかります?


いや~、灣仔市場、なかなか面白かったです。
人がいっぱいでも、こういう場所の活気は好き。

東京ではお肉は切り身を見ることがほとんどですが、
こうして「肉とはこういうもんだ!」と見せつけられるのは
大事だと思います。日本の子どもとかつれてきたいなぁ。


この後、早朝から飲茶をやっている中華料理店を
みつけたので入ってみたら、地元の人でいっぱい。
結構1人で新聞読みながら食べてる人も多く、
そうした方々と相席しながら、メニューを見てみる。


Photo_3


何がなんだかよくわからん……。
英語で書かれた点心のメニューも持ってきてくれたけど、
せっかくなのでこの朝定食を頼んでみました。
左から1つ、右から1つ選ぶようなんですが、
漢字を見ながら推察。

そうしたら、こういう物が来ました。


Photo


Photo_2


骨付き肉が乗ったミニ丼と、米粉の蒸しクレープ。
この蒸しクレープ、3個ついてたのでボリューム満点!

別のテーブルでおこわみたいのを食べてる人がいたので
それかと思ったら全然違った…。
でも、これはこれで美味しかったし、中国語を
理解しないのは私だけ、しかも英語もあまり通じない
という超ローカルな環境で食べるのも楽しかったです。

これに、ポットのお茶がついてHK$24(約336円)でした。
この値段は香港の中でもかなり安いんじゃないかと思います。

この市場エリア、結構楽しかったなぁ。
また香港来ることあったら寄ってみよっと。

January 15, 2014

2014年最初の海外は香港

2014年最初の海外出張は香港。
折しも日本には寒波が押し寄せてきており、
出発する日も東京は雪になるかと言われていただけに、
「春先ぐらいの服装で」と言われても全然想像できませんでした。

一応ネットで調べて、16~18度くらいの気温での
服装のアドバイスも読んだけど、ピンとこない。
とゆーか、自分、その時期の服って何を持っていたんだっけ??
と箪笥をあさる。

「こんなもん??」と思うのを持って行ったら、
まぁあたらずとも遠からじ。
朝晩や時によってはダウン必須でしたが、
日中暖かい時はダウンなしで気持ちよく過ごせました


それにしても、やっぱり香港は疲れる~。
なんというか、いるだけでこちらのエネルギーが
吸いとられるような感じ。

これは私が香港で滞在する場所のせいというのも
あるのでしょう。今回泊まったのは、
灣仔(ワンチャイ)地区のエンパイア・ホテル

実はこのホテル、別の仕事で香港に行く時に
常宿のようにエージェントが取るホテルで、
過去何回か泊まったことがあります。

その仕事では立地もいいし、ホテル価格が高い
香港において、通訳を泊まらせるには予算的にも
手頃というのがあるのでしょう。

でもここ、香港ではリーズナブルでも、
結構いい値段するし、設備は古いし、何しろうるさい。
できれば変えて欲しいといつも思っている所。

なので、今回の仕事でもホテルがここになったと知った時は、
「またここ~?!と結構ブルーになったくらい。
香港には数多くホテルがあるのに、
なぜここに導かれるのだろう?

そして今回も、やっぱりうるさかった。
このホテルはどの部屋も大通りに面しているので
部屋を変えてもらっても、どこも似たりよったりなんですよね。
私の部屋は、歓楽街に面してないだけまだマシと言われました。

このホテルのうるささと寒さには日本人同行者の皆様も
辟易していた模様。歓楽街のど真ん中なので、感覚的には
新宿歌舞伎町の真ん中に泊まってるような感じです。

香港の友人・知人はいい人達だし、感じのいい場所も
知ってることは知ってるけど、やはりいるだけで
生気を吸い取られるような気分になる香港。

泊まるホテルが変わったら、もっと好きになれるのだろうか…。

Photo


連立する超高層マンション(団地)にも圧倒されます。
この超高層ビルによる圧迫感というのも
疲れの一因なのかしら?


Photo_2


街は少しずつ旧正月モードに入ってきていました。
香港人はやはり元気でエネルギッシュな人が多いように思います。
そうでないと、やはりここでは生きていけないのかなぁ。

January 10, 2014

とんでも勘違い~バンコクと仁川

今週、ある会議の通訳依頼をいただきました。

その会議に関連するお仕事は過去にもやらせていただき、
去年もタイのバンコクに足を運んだりしていました。

とりまとめている組織のオフィスはバンコクにあるし、
会議は継続してあるというから、今年も何回かバンコクに
行くことになるのかな~と思っていたところにこのご依頼。
日程的にも対応可能だったので、お引き受けしました。

この仕事、パートナーは自分で探すのと、航空券や宿も
自分で手配するので、すぐに「この時期私と
バンコク行けない?」と何人かに問い合わせる。

また、航空券は早くおさえた方が安いので、
まだ諸々条件が出ていない段階ではあったけど、
希望の便を仮でおさえたし、ホテルもチェック。

そして今回、同行してくれるパートナーが決まったので、
先方から添付されてきた資料や、過去の経緯や
バンコクまでの航空券や宿の手配に関する
情報を送ったところ、

「あれ、転送してくれた資料には、場所は韓国の仁川って
書いてあったと思うけど、バンコクなの??」

との返事。

………へ???仁川???

と、慌てて資料を見てみる。と、本当だぁ!!!
開催地は韓国の仁川ってなってる!!!

実は、別の仕事でバタバタしていたので、
添付資料は週末ゆっくり見ようと思い、
ちらっと内容確認しただけで彼女に転送してたんですね。

で、確かに文中に「Incheon, Korea」の文字も見えたけど、
これに関する大きな会議を2012年に韓国の仁川でやり、
その時の成果文書のタイトルにもIncheonが入ってるから、
それに関する記述だと思い、今回の会議自体は
タイのバンコクで開催されるものと思いこんでおりました……。

これに気づいた時は、もうほんと「どっひゃ~~~!!!」って
感じでしたよ。関係者とも、「今度のバンコクいつなんでしょうね」って
話してたくらいだから、場所が違うとは思ってもいませんでした。

ということで、おさえておいたバンコクまでの航空券はキャンセル。
仁川ではどこでやるのか不明なので、とりあえず連絡待ち。

いや~~、今の段階で気づいてよかった~~。
これ、下手したら私何も知らずにバンコクの
主催者のオフィスに行って、

「あれ、何で誰もいないの??」と慌てて問い合わせたら、
「どこにいるの?!会場は韓国の仁川だって!!」
「えーーーーー!!」

となるところだった……。やれやれ。

とゆーことで、「私と一緒にバンコク行けない?」と
声をかけた友人通訳者の皆様、この件は
バンコクじゃなく、韓国の仁川でした。

タイカレーじゃなく、カルビ食べてきま~す。

January 05, 2014

おふぃすぐすく9周年

2014年1月5日をもちまして、有限会社おふぃすぐすくも
9周年を迎え、10年目に突入しました!

一応毎年この日はこのようにカウントしているので、
今年も書いてみました。そうじゃないとマラソンの周回数のように
走ってるうちに何周目だったか忘れちゃうんですよね。

それにしても、ついに10年目に入ったか…。しみじみ。
ちゃんと10周年を迎えられるよう、そしてその後も
続けられるよう精進していきますので、
皆様今後ともどうぞよろしくお願いします!


今年はお正月休みが長いことから、9周年当日は
まだお休み中でした。休み明け、気持ち的に
ちゃんと社会復帰できるかちょっと不安…。


お正月は本当にのんびりしました。
水戸の相方実家だと、夜が早く深けるような感じで、
大晦日をのぞいて、夜は11時前には寝ていたような。

そして東京に帰ってきて、4日の夜は城田家での新年会。
今年は母特性のオニオンステーキで祝いました。

Photo_5

子どもの頃から城田家ではステーキというと、これ。
玉ねぎのみじん切りたっぷりのソースがほんと美味しいんですよ。
以前私も作ってみたのですが、どうも母のようには
作れないんですよね。おかしいなぁ。
今回、義姉のリクエストでこれになりました。

なんか年を重ねるごとに、家族仲良く新年を迎えられる
ことをしみじみ嬉しく思います。

「仲良く楽しく」

こう書くと、小学校の廊下に貼ってあるポスターみたいですが、
今年もそんな風に過ごしたいものです。


Photo


写真は、2日の晩に水戸であった、相方の出身高校
バレー部OB会の新年会で飲んだ日本酒
(なんだかんだ私も毎年出ている)。

「熊本神力」って、名前からしておめでたい感じ。
熊本の日本酒なんですが、これがまた美味しかった!!
幻の酒米・神力を100%使用しているとか。

お正月から、神様の力を沢山いただいたので、
今年もいい感じにがんばれそうかな?

January 01, 2014

今年もよろしくお願いします!

さてさて、いよいよ2014年がスタートしました!
皆様本年もどうぞよろしくお願いします!!

私のお正月はというと、去年と同じように
相方の実家である茨城県水戸でのんびりとすごしております。

甥っこ・姪っこ全員集合だったこともあり、
大晦日はエビフライ、カキフライ、串カツを
「これでもか!」というくらい揚げ、フライ祭り。

元旦のお昼には、義弟一家は義妹の実家に行ったり
サッカーやってる甥は初蹴りに行ったので、
以降はうちら夫婦と義母と3人でのんびり過ごしました。

天気もいいし、こうしてのんびり静かにお正月を
過ごせることに心から感謝。

2014年もこうした穏やかな幸せがちりばめられている
年となりますように。

毎年年賀状は仕事用、相方と共通の私用と
2パターン作るんですが、こちらは仕事用。
昨年ゴールドコーストで撮ったやつです。

皆様にとっても幸多き年となりますように☆

Web


« December 2013 | Main | February 2014 »

February 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ