« 落合一泰先生最終講義 | Main | 2014年10月:まさかのフランクフルト延泊 »

March 22, 2015

2014年10月:フランクフルト経由マドリードへ

またまた滞りがちなブログですが、
ぼちぼち以前行った出張ネタや旅行ネタをアップしていこうと思います。

去年の9月にアメリカに行って以来止まっちゃってるので、
まずはその次に行ったスペインはマドリード出張を
何回かに分けて書いていきます。2014年10月のお話です。


マドリードには直行便はなく、どこかを経由しないといけません。
その日のうちに着く接続も結構あるのですが、それだと到着時間が遅くなる。
それなら時差の調整をしがてら経由地で一泊しようと思い、
行きはドイツのフランクフルトに1泊というルートにしました。

ロンドンやパリ経由もあったんですが、調べてみたらホテルの値段が
半端なく高かったんですね。フランクフルトだとエアポートホテルでも
パリやロンドン市内のホテルより全然安かったので、
フランクフルト経由に決めました。


今回泊まったのは、フランクフルト空港に直結してるヒルトンホテル
空港は鉄道の駅とも直結しており、建物内に割とリーズナブルな価格の
売店、レストラン、スーパーが沢山あり、非常に便利でした。


Photo


着いた晩は、駅ビル内のビアレストランで、
「ドイツに来たらやっぱりこんな感じ?」という夕飯。
ドイツは4回目ですが、ビールは安いし食事は美味しいし、
好きな国のひとつです。

日本人だと「ドイツ料理」というとソーセージにザワークラウトぐらいしか
イメージわきませんが、ほんと色んな料理が美味しいです。
そしてビールは、スーパーだと500ml瓶で0.7ユーロ(約100円)とか、
1ユーロしないんですもんね~。
最初値段見た時はその安さにびっくりしちゃいました。

う~ん、やっぱりドイツいいなぁ、もう少しここに滞在してもいいなぁ、
また今度ゆっくり来たいなぁと思いながらフランクフルトの夜を
まったりと楽しんでいたら、どうも神様はその願いをちゃんと
聞いていたらしいということが、翌日になってわかったのでした……。

Photo_4


そしてこちらは、前回で天寿をまっとうしたスーツケースに代わり、
今回から登場したニューフェース。

機内持ち込み用のキャリーバッグならデザインが気に入れば
それでいいのですが、預けるやつはとにかく「頑丈」が一番。
空港でガンガン放り投げられたり、上に重い物乗せられたり
しますからね~。

ということで、前回と同じくサムソナイトの最新版にしました。
これが本当に軽いし車輪の滑りもよく、めっちゃ楽!!!
しばらく、世界各地一緒にまわっていこうね!

« 落合一泰先生最終講義 | Main | 2014年10月:まさかのフランクフルト延泊 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2014年10月:フランクフルト経由マドリードへ:

« 落合一泰先生最終講義 | Main | 2014年10月:まさかのフランクフルト延泊 »

February 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ