« 10周年オリジナルビール作り・その1 | Main | ぐすくビール完成!! »

June 05, 2015

10周年オリジナルビール作り・その2

40分経ってから、麦汁がちゃんと糖化したか、
リトマス試験紙を使って確認。
リトマス紙なんて、小学校の理科の実験で使って以来だわ~。

無事に糖化されていたら、温度を78℃まで上げて酵素の働きを止めます。
そしてしずかに混ぜることで麦芽を沈澱させ、
その麦芽の層を使って麦汁を濾過します。


17


このように、釜の下の方に蛇口があるので、
そこから濾過された麦汁をとり、バケツで隣の釜に移します。


10_2


ビール作りをしている間、各段階の麦汁を味見しました。
左から右へと、工程が進むにつれて色も透明度も変わってきます。

最初の麦汁も麦の懐かしい香りがして美味しかったのですが、
一番最後、糖化したものを飲んだらこれがまた甘い!!
京都の冷やし飴を思い出しました。

最後に、釜に残った麦芽粕を取り出したら、ランチタイム。
ビール造りの合間に、希望者はこのようなランチを
別料金でいただくことができます。

Photo_9


これがまた美味しかった!!
お蕎麦自体が美味しかったし、かき揚げも副菜もどれもよかったです。
肉体労働の後だっただけに、また格別でしたね。
ただ、大きな杓文字で釜の中をかき回したりと結構腕を使ったので、
お箸を持つ手がちょっとプルプルしちゃいました。はは。


11


最後は、麦汁を煮沸して、3種類のホップを順番に入れます。
それを今度は一気に冷却して、容器に移せば作業完了。


12


冷却器をビールの原液が通っていってるのが見えます。


13


それをこのような容器に入れて、後は発酵・熟成・ボトリング。
そちらは木内酒造さんにお任せです。


14


この段階のものを試飲させてもらいましたが、まだ甘く炭酸もありません。
この糖が酵素によって発酵し、アルコールと炭酸ガスに変わるんですね。
出来上がりまで3~4週間というので、受け取るのが楽しみです!!


15


作業終了後、帰りの電車まで少し時間があったので、遠回りして
義母とお散歩しながら駅に向かいました。

この日はほんといい天気で、めっちゃ気持ちよかった~。
義母もいい経験ができたと喜んでくれたので、誘ってよかったです。
早くビールが届かないかな~。


« 10周年オリジナルビール作り・その1 | Main | ぐすくビール完成!! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 10周年オリジナルビール作り・その2:

« 10周年オリジナルビール作り・その1 | Main | ぐすくビール完成!! »

February 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ