« April 2015 | Main | July 2015 »

June 05, 2015

10周年オリジナルビール作り・その2

40分経ってから、麦汁がちゃんと糖化したか、
リトマス試験紙を使って確認。
リトマス紙なんて、小学校の理科の実験で使って以来だわ~。

無事に糖化されていたら、温度を78℃まで上げて酵素の働きを止めます。
そしてしずかに混ぜることで麦芽を沈澱させ、
その麦芽の層を使って麦汁を濾過します。


17


このように、釜の下の方に蛇口があるので、
そこから濾過された麦汁をとり、バケツで隣の釜に移します。


10_2


ビール作りをしている間、各段階の麦汁を味見しました。
左から右へと、工程が進むにつれて色も透明度も変わってきます。

最初の麦汁も麦の懐かしい香りがして美味しかったのですが、
一番最後、糖化したものを飲んだらこれがまた甘い!!
京都の冷やし飴を思い出しました。

最後に、釜に残った麦芽粕を取り出したら、ランチタイム。
ビール造りの合間に、希望者はこのようなランチを
別料金でいただくことができます。

Photo_9


これがまた美味しかった!!
お蕎麦自体が美味しかったし、かき揚げも副菜もどれもよかったです。
肉体労働の後だっただけに、また格別でしたね。
ただ、大きな杓文字で釜の中をかき回したりと結構腕を使ったので、
お箸を持つ手がちょっとプルプルしちゃいました。はは。


11


最後は、麦汁を煮沸して、3種類のホップを順番に入れます。
それを今度は一気に冷却して、容器に移せば作業完了。


12


冷却器をビールの原液が通っていってるのが見えます。


13


それをこのような容器に入れて、後は発酵・熟成・ボトリング。
そちらは木内酒造さんにお任せです。


14


この段階のものを試飲させてもらいましたが、まだ甘く炭酸もありません。
この糖が酵素によって発酵し、アルコールと炭酸ガスに変わるんですね。
出来上がりまで3~4週間というので、受け取るのが楽しみです!!


15


作業終了後、帰りの電車まで少し時間があったので、遠回りして
義母とお散歩しながら駅に向かいました。

この日はほんといい天気で、めっちゃ気持ちよかった~。
義母もいい経験ができたと喜んでくれたので、誘ってよかったです。
早くビールが届かないかな~。


June 04, 2015

10周年オリジナルビール作り・その1

何度か書いておりますが、今年は「おふぃすぐすく」創立10周年なので、
何か面白いことできないかな~と思っておりました。

せっかく石垣島のkumiちゃんに描いてもらい、飲み仲間でデザイナーの
越阪部ワタルさんにデザインしてもらったカンパニーマーク。


Office_guskumark


1月にご紹介したものから更に手を加え、越阪部さんのおかげで
最終的にこんなステキなマークになったのですよ。

このマークを入れたペンでも作るかな~と思っていたところ、
うちの美人税理士・ノリコさんに、木内酒造でビール作りが
できるらしいという話を聞きました。

調べてみたところ、スタッフの指導のもと本当に自分で手作りでき、
ラベルもオリジナルで作成できるという。

しかも、木内酒造は相方の出身地・茨城県の酒造メーカー。
そして実は数年前、ご縁があって木内社長とは水戸で飲んだことが
あったんですよね。

そんなこともあり、「よし、これだ!!」と盛り上がって
予約を入れようとしたものの、かなり人気のようで、
なかなか予約がとれない。

茨城の水戸から水郡線で常陸鴻巣駅まで行かないといけないので
私も仕事とのスケジュール調整が難しかったのですが、
なんとか6月初旬に滑り込んで行ってきました。

相方はその日会社に行かねばならなかったので、1人で行くかとも
思ったのですが、せっかくなので水戸在住の義母を誘いました。


16


木内酒造。なかなか渋く立派な店構えです。
蔵の中に入ると、8つほど釜が並んでおりました。


Photo_8


雰囲気あっていいですね~。これから作るぞ!という気分になります。
一種類作るのにこのうち2つの釜を使います。

まずは、ビールの試飲をして、自分が作りたい味選び。


Photo


私は濃い目が好きなので、アンバーエールにしました。
ここから、ホップと麦芽を選びます。


Photo_2


匂いをかいで好きなのを選んでくださいと言われても、
何がなんだか全然想像がつかない。
そこで、味の好みを伝えてホップと麦芽を選んでもらいました。


Photo_3


種類と量を決めてもらった後は、麦芽の計量。
見学だけと思っていた義母も作業に参加してもらいました。
今回、麦芽2種類10キロほど使用。
計量した麦芽を機械に入れて破砕して、釜に投下。


Photo_4


温度にむらができないよう、よく混ぜながら65℃に上げていきます。
更に釜の下から麦汁をとって上に戻したり循環作業もするのですが、
そちらは義母にお願いしました。

齢80歳の義母ですが、この後も大活躍で
ほをと来てもらってよかった~!!助かりました!


Photo_6


この作業、結構疲れるし、熱い。
6月初旬だったからまだよかったけど、真夏にこの作業は辛いかも。
なので、リピーターの方は涼しいうちに来るそうです。


Photo_7


いい感じに混ざり、温度も上がってきました。

65℃になったら、麦芽のでんぷんを糖に変えるため、しばらく放置。
まだまだプロセスは続きますが、その様子はまた次回。


« April 2015 | Main | July 2015 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ