« July 2015 | Main | January 2016 »

December 18, 2015

上海のスーパー

最後の上海ネタは、スーパーです。

最終日の夜、仕事終わりにやっとちょこっと買い物に出れました。
宿周辺はまだ開発途中で空地も広がっているのですが、
歩いて10分ほどのところに突如ショッピングモールが出現します。

場所が場所だし、あまり大したことないのかなと思ったのですが、
外にはお洒落なカフェやレストランが立ち並び、中にはスタバや
カルバン・クラインなどこれまたお洒落なお店が入っております。

別に上海郊外のモールで服を買うつもりもなかったし、
同行者とスーパーに直行。やはり外国に来たらスーパーを見ねば。

お洒落モールに入ってるスーパーだけあって、割と大きく立派でした。
日本で言うと紀伊国屋みたいな感じ?

日本の物も結構置いてあったのですが、これがまた高い!!
東京のドラッグストアで700~900円ぐらいで売っているシエロという
白髪染めが1箱95元(約1900円!)したし、同行者情報によると
メリーズの紙オムツが1パック188元(約3800円)していたとか!!
これだったら中国人、確かに日本に来て爆買いするよね~と
皆で話しておりました。


こちらのスーパー、色んなものを量り売りしていたのですが、
その陳列の仕方がなかなかすごかったです。


Photo


一番手前が小麦粉で、奥はそれぞれ種類の異なるお米。
これ、こんな風に出しておいて、小麦粉とか大丈夫なんだろうか?
すくって袋に入れていくお客も扱いが雑なのか、
やはり床に結構こぼれてしまっている。
パック売りにするか、もうちょっと管理した方がロスも少ないだろうに。

奥には、乾物も山盛りになっているのが見えます。


Photo_2


お豆もこんな感じだったし、卵だってしかり。
卵なんて、絶対毎日何個かは落ちて割れてるんじゃなかろうか。
確かにぱっと見きれいというか、芸術的な感じもすることはするので、
見た目を重視したのかしら。

そして見た目つながり(?)でもうひとつびっくりしちゃって、
つい写真を撮ってしまったのがレジで見かけたこちらのご夫婦。


Photo_3


……どう見ても部屋着どころかパジャマ姿。
正面から見るとこれまたファンキーなデザインだったので
本当は正面から撮りたかったのですが、さすがにできずにこっそり隠し撮り。


Photo_4


このペアルック(と言ってもいいでしょう)で買い物くるとは、
余程仲がいいのでしょう。
私にはこの格好で買い物に行く勇気はないですが……。


そして、最後のびっくりはこちら。


Photo_5


お惣菜コーナーで売っていた、豚の鼻。

沖縄でも豚は「食べれないのは鳴き声だけ」というくらい
色んな部位を売っているのですが、こうやって鼻だけ売ってるのは
見たことありません。初めて見ました。

これもう味ついてるっぽいのだけど、どうやって食べるのだろう??
このままかじりつくのだろうか??薄くスライスして??

好奇心にかられて購入しそうになりましたが、
そこは冷静さを保ち、 写真だけ。


やはりスーパーって色んな発見があって、面白いわ。

December 17, 2015

上海でのお気に入り

今回の滞在中、かなり気にいったものがあります。

それは朝食ビュッフェの一品。


China2


それぞれの小皿に入ってるのは、刻みネギ、干しエビ、刻みザーサイ、
刻み揚げパン、海苔、コマ油、ラー油、醤油(もしくは似た調味料)。

これを少しずつお椀にとって、アツアツの豆乳を注ぎます。


China3_2


そして油条(細長い揚げパン)をさして出来上がり。
とても優しい味でゴマ油と干しエビが香ばしく、めっちゃ美味しかった!!
他の日本人も皆好んで食べていたので、日本人受けする一品ですね。
私もおかわりして食べたくらい。

出張先の朝ごはん、お気に入りのメニューに巡り合えると
やはり1日のスタートが違うので、これは結構大事です。


China4


その朝食会場で提供されていたお茶。
私はもっぱらコーヒーだったのですが、最後に試してみました。
カップにお茶っ葉を入れてその上にお湯を注ぐので、
お茶っ葉がぷかぷか浮いています。

それをふーふー吹いて奥の方に追いやったり、歯で葉っぱを
ブロックしたりして飲みます。最初は飲みにくいかなと思いましたが
結構すぐ慣れました。こうやって飲むのも洗い物少なくできていいかも。


この他気にいったものと言えば、最後の晩、ちょっとバタバタしていたら
夕飯を食べそこなったんですね。まぁ、お昼も沢山食べたから
なんか軽くでいいかと思ったというのもあるのですが。

そこで、通り向かいの商店の店先で、なんかよくわからないけど
野菜が入ってそうなパンというかお饅頭を買ってきました。


China5


ニラたっぷり。これで1元(約20円)でした。
これは美味しかったですね~。夕方買って、外出から帰った後食べたので
冷めておりましたが、それでも美味しかったです。
でも、これ1個で部屋の中がニラ臭くなりました。

その時のお伴はこちら。


China1


青島の黒ビール。
青島って黒ビールも出してるんだ~、これは初めて見た!と
スーパーで遭遇して即ゲット。さすがに普通の青島より高かったです。
普通の青島が350ml1缶3.5元(約70円)だったのに、
これは12元(約240円)ぐらいしたかな?3倍以上!

でも、ずっしり重みがあり、苦すぎずとても美味しかったです。
これはあったらまた飲みたい。


短く限られた滞在でしたが、
こうしていくつか「収穫物」があったのが嬉しかったです♪

December 16, 2015

上海での意外な料理の数々

上海では、結構意外な料理をいくつもいただきました。
意外な料理というのは、何か特別な物を食べに行ったというわけではなく、
日常的に皆さんが食しているのであろう料理の中で、
結構初めて見るもの・食べるものが多かったんですね。

全体的にはこってり系が多かったかな?
見た目からしてこってりなんですが、でも食べてみるとそこまででもなく、
味も八角とかスパイスが効いてて結構おいしい。でもやっぱりこってりめなので、
いい気になって食べてると絶対太る……という感じ。

そしてある晩のコース料理が、これまた不思議というか、
初めて食べる物が多かったので、その写真をまとめてみました。


Photo


前菜に出てきたこれ、なんだと思います?
「見た感じ山芋にブルーベリーソースをかけた物みたいだなぁ」と食べてみたら、
まさに、その通りでした!!

生ではなく、かるく蒸したか茹でた山芋に、ブルーベリーソース!!
これは初めて食べました。思ったより甘くはなく、まぁ悪くはなかったけど
これを組み合わせるのか~とびっくり。

お次はこちら。


Photo_2


レンコンに何が詰まってるのだろう??と思って食べてみると、
もち米でした。全体的な味としては甘め。
レンコンのシャキシャキ感ともち米のもっちり感という2つの食感。
こちらも、この2つを合わせるのか~と、意外な感じ。

これ、翌朝の宿の朝食にも出てたので、上海では一般的な料理なのでしょう。


Photo_3


これもぱっと見、「なんじゃこりゃ??」です。
なんと、あさりの茶わん蒸しでした
(お茶碗じゃなく大皿で蒸してるから大皿蒸しか)。

あさりの殻をこうやって入れるなんて、日本人にはない発想。
味自体は日本の茶わん蒸しと同じで、優しく美味しかったです。


Photo_5


こちらは里芋煮。なんか、白いこってりしたソースとからめてあるんですよね。
白いのは豆乳かなぁ?
それとお芋の粘りが混ざってソースのようになっているのかしら。


Photo_4


こちらは今回の大ヒット!!めっちゃ美味しくて食べた瞬間テンション上がり、
その様子が面白かったと皆さんに笑われました。

中にゴマ餡の入った白玉団子が、くず湯の中に入っています。
くず湯が優しく懐かしい味で、白玉のもちもちした食感にゴマ餡の香ばしさが
最高に美味しかったです。上海ではよくあるスイーツだとか。
これはまた食べたいなぁ。

さぁ、デザートも出たからもう終わりか……と思ったら、
なんとこの後にもまだまだ出てきてびっくり。
え~、あれはデザートじゃなかったの?!口休め??
(しかし、デザートらしき甘い物が出てきたのはこれだけでした)

上海のコース料理、今回の滞在中2回食べましたが、
どちらも料理が出てくる順番が全然わからない。スープも2回出てきたし、
かなりランダムに出てくる感じなのだけど、何か法則はあるのだろうか。

白玉くず湯の後に出てきたのが、これ。


Photo_6


デザート食べて終わった気分の後に、ドーンとアヒルちゃん。
アヒルって好きなんですが、骨が多くて食べにくいんですよね。
でもこれは八角が効いていて美味しかったです。

そして最後がこちら。


Photo_7


これもぱっと見たところ、謎でした。
きくらげと銀杏と、卵の白身がとろみのあるスープに浸っている。
黄身が全然入っていないのだけど、黄身は黄身餡作るとか他の料理に使って、
残った白身でこうした料理を作ったのだろうか??

お味はというと、なんと表現していいかわからない微妙な感じの味で、
私が個人的にまた注文することはないでしょう。はは。

写真で紹介した以外にも料理は何品も出たので、かなりお腹いっぱいに。

興味深かったのは、炭水化物系が全然出てこなかったこと。
日本だと、最後にチャーハンとか焼きそばとか〆が出るけど、
今回2回食べた夜のコース料理のどちらにもご飯も麺も出てきませんでした。

一団の中にフィリピン人がいらしたのですが、フィリピン人はご飯好き。
食事には絶対ご飯がないとというお国柄なので
(ケンタッキーやマックにもご飯はある)、物足りなかったんじゃないかなぁ。

それにしても、「中華料理」って日本だけでなく、香港、台湾はじめ
世界各地で食べたけど、今回ほど「意外」な料理に合うことありませんでした。

中華料理、奥が深いな~…。

December 15, 2015

上海雑感

ず~~~~っと放置していたブログですが、
上海出張のことをFacebookに書こうと思ったら長くなりそうだったのと、
年が変わる前にもう少しブログも更新しようかと思い、
久々にこちらに書くことにしました。

先日、仕事で上海に行ってきました。
実は、中国本土は初めての上陸です。

その昔、仕事で北京に行く予定があり、ビザまで取ったのですが
(その頃中国に行くにはビザが必要だった)、SARSが大流行して
渡航制限がかかり、仕事がキャンセルになったんですよね~。
それ以来ご縁が無く一度も行けていませんでした。

なので、すっかり頭から抜け落ちていましたよ、中国のネット環境。
Facebook、google、LINE、日本のブログとか数多くのサイトに
本当に全然アクセスできませんでした…。

VPNをダウンロードするとか裏技はあったみたいですが、
まぁとりあえずニフティメールはやりとりできたし、5日間だけだったし、
そのままやり過ごして帰ってきました。
でも仕事で検索がしずらかったのは痛かった~。

ここ最近、北京でのPM2.5のニュースをよくTVで見ていたので、
上海もきっとすごいんだろうと、マスクはばっちり持っていったんですけどね。

そして着いた日、空港から宿に向かう車中から見た上海の街はこんな感じ。


Shanghai1_2


はい、もやってて遠くがあまり見えません…。
これで午後3時頃だったかな?
うわ~、なんかすごいとこ来ちゃったな~と、ちょっとブルー。

しかも、今回上海行くと周りに行ったら
「上海、都会だよ!」「美味しいもの食べてきてね」と言われたのですが、
仕事場&宿泊先は街の中心からちょっと離れたところにありました。

「わ~い、東京だ♪きっときらびやかで、美味しいものもいっぱいあるんだろうな~」
と、心躍らせて来日した外国人が、府中とか日野とか所沢(これは埼玉か)にある
施設に缶詰めにされたような感じでした。
まぁ、施設自体はとても立派で、静かでのんびり落ち着いた場所ではありましたが。

私がいたエリアはまだ開発途中で、今後大学を誘致して学園都市に
しようと計画されてるとのこと。
なので、道路もきれいで道幅も広く、新築や建築中の高層マンションが
いくつか建つなか、肉まんとか焼き(揚げ?)パンを店先で1元(約20円)で
売っているようなローカルな商店がぽつぽつ並ぶような場所でした。


Shanghai3


こちらは近くにあった果物屋さんの店先。
この竹みたいのはなんなんだ??と思ったのですが、さとうきびのようです。
こうやって買う人がいるんだ~。持って帰るの大変そう。


Shanghai2


こちらは、今回よくみかけた二輪車。
内蔵電池で走る電動式オートバイだそうです。
通常の物ほど大きくなく小柄で、エンジン音も全然出なくて静か。
音も無く歩道を走るので、結構危なかったですね。


出張の時って、こうして会議場も宿も同じ場所で、缶詰めになることが多く
今回もそのパターン。でも今回は、2日目は街の中心の施設に視察&会議に行き、
帰りは夜の上海を少しドライブして帰りました。
その時の記念の一枚。


Shanghai4


会議場にいると、自分がどこに来てるのかわからなくなるので、
少なくとも「上海っぽい」写真を撮れてよかった!


« July 2015 | Main | January 2016 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ