« August 2016 | Main | January 2017 »

September 17, 2016

野菜摂取状況

過去の出張の経験から言うと、アメリカとオーストラリアでは
大都市でないと野菜の摂取量が極端に少なくなります。

ピザやハンバーガーや揚げ物や肉がドーンと出て、
野菜は申し訳程度か、あったとしても味の濃いソースが
こってりとかかっていて、ソースを食べている感じになる。

色々と調べて探せば美味しい野菜を出してくれるお店もあるのかも
しれませんが、出張滞在中に動ける範囲で食べようと思うと、
そうしたお店を圧倒的に見つけにくくなるのがこの両国の中小都市。

逆にN.Y.やシドニーなどの大都市になれば、日本以上にベジタリアンや
ビーガンとかが浸透していて、美味しくて質のいい野菜料理が
食べれたりするのですが。

昔、オーストラリア出張で野菜不足に懲りた私は、
それ以来海外出張には粉末青汁持って行くようになりました。

でも今回は、さすが政治の中枢のワシントンD.C.。
やはり皆さん健康志向が強いようで、あちこちにオーガニック店があり、
時差ボケと仕事の疲れでホテルから徒歩圏内を出ずにいた私でしたが、
美味しい野菜を食べれたので助かりました。

結構あちこちにオーダーメイドで作ってくれるサラダ屋さんがありました。


Dc16


こうして種類ごとに野菜が分かれてるので、好きな野菜、トッピング、
ドレッシングを選んで注文。


Dc15_2


サラダと言っても、具材に玄米とかも選べるので、結構ボリュームあります。
そしてよくわからないながらも、私が適当に頼んだやつの完成形がこちら。


Dc17


盛り付けが大雑把なとこがアメリカ的。
日本だったら容器の淵は拭くだろうなぁ。

この時何を頼んだのか忘れましたが、好物のブロッコリーと、
最近日本でもよく見られるようになったキヌアはお願いしました。
このお店はドレッシングもくどすぎず、野菜自体に味があって美味しかった!

でもこれ、結構高かったです。一品で10ドル弱(約1000円)ぐらい
したんじゃなかったかな。
まぁ、量も多いので、量を少なくしてその分値段も安くしてくれれば
日本と比べると割安なんでしょうけどね。

前回の投稿で、深夜起きて買ってきたものを食べたと書きましたが、
夜中あまり食べるとさすがに太るし体に悪いかなと思い、
こうしたサラダを買ってきておりました。

今回はほんと乗り物に乗ってどこかに行こうというエネルギーもなかったので、
ホワイトハウスも何も見ておりません。
最後の晩に、やっと地下鉄に乗って友人一家と食事をしに行ったぐらい。

でもまぁ、約20年ぶりに訪れたD.C.、ホテルの立地とハッピーアワーの
おかげで食生活が楽しめたので満足度高かったです。


Dc18


最後の写真は、空港で売ってたトランプ氏のTシャツ。
We shall overcomb ってなんのことかと思ったら、overcome(乗り越える)と、
髪に櫛を入れすぎ(overcomb)なトランプ氏をかけてるっぽいです。

今回の大統領選グッズはどれも買う気がしなかったので、写真だけ。


September 16, 2016

時差ボケに嬉しきハッピーアワー

ワシントンD.C.でとても嬉しかったのは、多くのお店が午後4時から7時までとか、
店によって時間と内容は違うものの、ハッピーアワーをやっていたこと。


Dc4


私が泊まっていたホテルの周辺には、結構色々なお店があったので、
毎日違うお店に行っておりました。

このハッピーアワー、今回の私にまさにぴったりというか、かなり助かりました。
というのも、東京からアメリカ東海岸に行くと、時差ボケがひどい。
大抵午後4時くらいに眠さのピークがやってきます。

今回、仕事の終わり時間もそれぐらいだったので、仕事が終わると
部屋に荷物を置いてちょっと出かけ、目についたお店でビールを1杯。
ついでにつまみもちょっと頼みます。

この時間だとディナータイムと違い、1人でも気楽に入りやすいし、
飲み物だけでなく、料理もお手頃価格になってるんですよね。


Dc7


これはホテル近くのイタリアレストランにて。
この時頼んだのは、カラマリ(イカ)のジェノバソース。
ソースが美味しく、パンにつけて食べるとこれがまた美味。
乾いた喉を冷たいビールで潤して、テラス席で、ボ~~ッ。
一仕事終えた後の、至福の時間。


そんなこんなでまったりしてると、やがて猛烈な睡魔に襲われてくる。
そうなりだしたら、早々に部屋に帰ってそのまま爆睡。
すると、12時とか1時に目が覚めて、今度はどうやっても眠れない。

そうなったら、無理に寝ることはせず、起きて翌日の予習やメール処理を
したりして、眠くなったらまた寝るという生活をしていました。

時差ぼけ克服方法としては、夜までしっかり起きて暗くなったら寝るとか、
皆さん色々やり方はあるようですが、私は仕事で行ってる場合
「いかに睡眠の量を確保するか」に焦点をあてています。

夜までがんばって起きてて寝ても、どうしても2時とかに目が覚めて
寝れなくなるのが時差ぼけ。なので、無理に時計に合わせるより、
眠い時に寝て、短くてもそれを積み重ねることで、
睡眠の全体量を確保するようにしていました。

なので、D.C.で何か美味しいもの食べた?と聞かれましたが、
ほとんどがこうやってハッピータイムでビールやワインで軽くつまんで、
あとは深夜起きた時に買っておいた軽食をつまんでいた感じです。
でもまぁ、ハッピータイムのおかげでかなり充実してはいましたが。


Dc13


こちらは違う店のテラス席。
D.C.は緑も多く、外で飲んでて気持ちよかったです。


Dc14


ここで頼んだのがこちら。
海老とか野菜を煮たものを蕎麦粉のクレープで包んだもの。
これも美味しかった!サラダのドレッシングもフルーツが使ってあって、
酸味と甘みがいい感じで気に入りました。


Dc5


この時期、D.C.は夜8時過ぎまで明るく、毎日暗くなる前に
ホテルに帰れたのでよかったです。
これ撮ったのも夜7時過ぎだったかな?


Dc8


最後の写真はこれ。街でみかけた看板。

"BEER COLDER THAN YOUR EX'S HEART"

この"Ex"というのは、「元カレ、元カノ」の「元」という意味。
つまり、「元カノ(元カレ、元妻、元夫)の心より冷たいビール」。
結構笑っちゃいました。入って試すことはしませんでしたけどね。はは。


September 15, 2016

2016年6月:ワシントンD.C.のソフトシェルクラブサンド

随分と時間がたってしまいましたが、せっかくなので6月に行った
ワシントンD.C.出張時の写真を何枚かご紹介。


Dc3


この頃、東京はまだ涼しかったのですが、D.C.は暑かった!!
日差しも強く、目を開くのが辛いぐらい。サングラス持ってこなかったことを後悔。
でも、空気は乾燥していたので、日陰は心地良かったです。

昼過ぎにホテルに着いたので、部屋が準備できるまで近くをお散歩。
馴染みのない街をプラプラ歩くの大好きです。


Dc6


居酒屋の看板。ほんと「アメリカ人の思う日本」って感じですね。
中に入ることはありませんでしたが、どういう物を出しているんだろう。


歩いていると、ちょっとこじゃれた本屋さんをみつけたので入ってみると、
その奥はカフェバーになっていました。
喉も乾いたし、ビールを一杯……と思ったら、
メニューに「ソフトシェルクラブサンドイッチ」の文字が。

ソフトシェルクラブ、大好きなんですよね。でもそのサンドイッチ??
そんなの食べたことありません。お値段少々高めだったのですが、
せっかくなので頼んでみました。

来たのがこちら。


Dc1


すごいボリューム。サンドイッチと言っても、バンズで挟んだ
バーガー的な物でした。パンから、揚げたカニの足がはみ出している。


Dc2


こんな感じです。カニが大きくてびっくり!!
過去食べたのって小ぶりなものばかりだったので、そういうものかと
思っていましたが、こんな大きいのがあるんだ~。初めて見ました。
1匹まるまる揚げて、ボンと挟んであります。

しかし、期待を込めて食べてみると……。う~~む……。
揚げ方の問題だと思うのですが、ちょっと油っぽい。噛むとソフトシェルクラブの
サクサク感よりも、油がにじみ出てくるというか……残念。

このプレートで18ドル(約1900円)は高かったなぁ。完食できなかったし。
まぁ、ビールは美味しかったし、なかなか面白い経験だったから良しとしよう。

ちなみに、ソフトシェルクラブは帰国後東京で思いがけず美味しいのをいただく
機会があり、こちらのリベンジがはたせました♪

« August 2016 | Main | January 2017 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ