« バンガロールへの道 | Main

January 11, 2017

レストランで衝撃体験

過去2回のインド出張においては、宿も仕事場も同じホテル内だったし、
自分で外食できるような知識もエネルギーもなく(1日終わると
かなりへとへとになるのです)、食事はほとんどホテルでしていました。

でもせっかくインドに来てるのだしと、今回は歩ける範囲に多少店が
ありそうだったので、パートナーのAさんと一緒に
ある日の仕事終わりに外に出てみました。

でも、候補にしていた店は実はオープン前だったし、歩いてみても
なんかあまり惹かれる店もないし、やはり無難にホテルで食べるか…と、
帰りかけた時に、なんとなく惹かれる看板をみつけました。

見ると、Indian Barbequeの文字が。
どうやら、怪しげな雑居ビルの3階にあるらしい。

1人だったら絶対に行かないけど、アジア慣れしてるAさんも一緒だし、
ちょっと3階に上がって様子みてみようか…と、小さいエレベーターを
上がってみました。

まずは外から店の様子を見てみようと思っていたら、
エレベーターは店につながっていて、のぞいたとたんに
受付の男性と目が合いました。

「予約してますか」と聞かれ、「え、ここ、予約して来るような店だったの?」
とびっくり。予約無しでも2人なら大丈夫と言われ、どうしようかと
悩んだものの、入口にトリップアドバイザーのシールが貼ってあるのが
目に入ったし、店内の雰囲気も明るそうだったので、好奇心にかられて
入ってみることにしました。


India2


すると、店内はかなり混み混み。若い人の大きなグループが多く、
これは仕事終わりに職場の人達で来たのかなという感じ。
地元の人達の人気店っぽい。

入ったものの、何が食べれるのか、またどういうシステムなのか
説明を聞いてもよくわからず、とりあえずベジタリアンかノンベジか
選ぶようだったので、私はノンベジ、Aさんはベジにしてみました。


India4


すべてビュッフェスタイルで、まずは串焼きをどんどん
持ってきて、テーブルの上のグリルに置いてくれました。


India1


右側のソースをお好みでつけて食べるとのこと。
どれが何の串で、ソースは何が入ってるのか、なんかもう
よくわかりませんでしたが、とにかく試してみる。
すると、もっとこってりくどいかと思ったら、どれもとても美味しい。

この他、Wish Grillというのがあり、それはカウンターに言って
食材を指定すれば、混ぜて炒めてくれるもの。
こちらも、ベジとノンベジと別れておりました。


India3


しかしこれ、ノンベジのお肉は何があるのかと見てみると…。


India5


ちょっとわかりにくですが、Rabbit(うさぎ)の文字が。
え?!これ、うさぎなの?!


India6


そしてこちらは、なんとEmu(エミュ)!!
ノンベジ料理、なんかえらく珍しい肉を出しているなぁ…。
私はうさぎもエミュも、食欲をそそられず注文しませんでしたが。

これ以外にも、サラダバーもあり、ビリヤニや煮物のある
メインバーもあり、デザートバーもあり、かなり盛り沢山でした。

けれども、この店で一番驚いたのは、何と言っても接客の良さ!!
調理場だけでなく、フロアのウェイター達も全員髪の毛落下帽子の
シャワーキャップみたいのをかぶっていて、
衛生面をとても気をつけているよう。

そして、美味しいか、足りてるか、何か欲しいものないかと、
うるさすぎない範囲でとても愛想よくこちらのことを気遣ってくれるし、
お皿もすぐ取り替えてくれる。

まぁ、これはチップ狙いだろうけど、ここまでちゃんととても気持ちいい
サービスをしてくれたのは嬉しいから、その分はずんでおこうか……と
最後お会計の時にチップを現金で置いていこうとしたら、

「No, no, 私たちはチップは受け取れませんから大丈夫です」

とのこと!!!!!

まさかインドでチップを拒否されようとは!!!!
これにはAさんと2人で驚愕しました。

これで、ベジで1人659ルピー、ノンベジで1人784ルピー(各約1100円、1300円)。
しかも、1人ビール1本と飲み水も込みです(ビールを追加で頼もうとしたら、
「次からはお金かかりますけどいいですか?」と確認までされた!!)。

昔のインドを知っているAさんと私は、これにえらい衝撃を受けました。
いやはや、インド、こんな店ができたとは~~。
店を出ても、しばらく興奮冷めやらないくらいでしたよ。

それにしても、怪しい雑居ビルの3階だったのに、その店に気づいて
惹きつけられた私もすごい!と自画自賛もしたのでありました。

ちなみに、インドに何店舗かあるそのお店はこちらです。
Absolute Barbecuesの略で、AB'sというらしいです。
機会があればまた行ってみたいです。
そんな機会、ほんどにあるのかどうかだけど。


India7


« バンガロールへの道 | Main

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86497/64912304

Listed below are links to weblogs that reference レストランで衝撃体験:

« バンガロールへの道 | Main

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Recent Trackbacks

Categories

  • グルメ・クッキング
  • 世界のふくもの
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日常の異文化
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東日本大震災
  • 経済・政治・国際
  • 通訳・仕事のこと
無料ブログはココログ